鹿児島ラーメンとは?

Weblio 辞書 > 食品 > ラーメン用語 > 鹿児島ラーメンの意味・解説 

鹿児島ラーメン(かごしまらーめん)

鹿児島ラーメン 透明、もしくは半濁のさっぱりした豚骨スープ使用する。多く場合野菜多用しているため、柔らかい風味スープが使われる。麺はカン水を使わないか、使ってもごく少な白く柔らかいものが好まれる。鹿児島名産黒豚からとったトンコツを使う店もある。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

鹿児島ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/06 02:12 UTC 版)

鹿児島ラーメン(かごしまラーメン)とは、鹿児島県内、および周辺の専門店で供されるラーメンである。


  1. ^ a b 『ココミル 鹿児島 霧島 指宿 屋久島(2016年版)』 JTBパブリッシング2015年11月25日、70-71頁。ISBN 9784533108815
  2. ^ a b c d e f g 岩岡洋志 『ラーメンがなくなる日』 主婦の友社2010年、73-74頁。ISBN 9784072756591
  3. ^ a b c 日本で一番ラーメンの値段が高い地域は・・・『東京』でなく桜島大根で有名な『鹿児島』である”. 新横浜ラーメン博物館. 2018年2月11日閲覧。
  4. ^ a b 野瀬泰申. “鹿児島ではラーメンにたくあんが必須 韓国ではキムチ”. 食べ物 新日本奇行 classic. 日本経済新聞. 2017年2月23日閲覧。
  5. ^ a b c 竹中茂雄 『そうだ!ラーメン屋になろう!』 南方新社2009年、75頁。ISBN 9784861241628
  6. ^ “のぼる屋復活 常連結集 鹿児島の老舗ラーメン店 「記憶の味」再現、共同経営”. 西日本新聞. (2016年9月6日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/attention/article/282739 2017年2月22日閲覧。 
  7. ^ a b 斉藤明美 (2016年9月5日). “鹿児島「最古」のラーメン店復活 ファンが奔走”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASJ944RG9J94TLTB001.html 2017年2月22日閲覧。 
  8. ^ a b c d <鹿児島ラーメンは黒豚こってり系ではなく、あっさり系の歴史がある”. マイナビニュース (2012年10月23日). 2017年2月23日閲覧。
  9. ^ a b 小川祥平 (2015年3月19日). “<12>締めに最適、ルーツは台湾 のり一(鹿児島市)”. 西日本新聞. http://www.nishinippon.co.jp/feature/ramen_history/article/157080 2017年2月23日閲覧。 
  10. ^ a b c 大崎裕史 (2015年3月13日). “鹿児島の激戦区で復活した「桃源」”. ZAKZAK. 2017年2月23日閲覧。
  11. ^ 『まっぷる 鹿児島: 指宿・霧島'17-'18』 昭文社2017年ISBN 9784398281708


「鹿児島ラーメン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鹿児島ラーメン」の関連用語

鹿児島ラーメンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鹿児島ラーメンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2018 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿児島ラーメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS