底曳網とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 水産用語 > 底曳網の意味・解説 

底曳網

底曳網

1そう曳として板曳(トロール)、かけまわし及び2そう曳の3種類ある。
 板曳は網口開口坂(オッターボード)を付けた網を曳く漁法操業水域限定されている。
 かけまわしは、浮標投入してから、ロープ→網→片舷のロープの順で四角形打ちまわし、揚げてから両舷のロープの幅を狭めながら、網に入った様子を見ながら移動させ、その範囲にいる魚類をおどしながら網へ導入する。
 2そう曳は2隻の底曳漁船が平行して網を曳く漁法沿岸多く操業する小型底曳網は、一般に 「けた曳き 」とよばれ、袋状の網で水深20100m海底を曳いて漁獲する。網口に幅を持たせるビームよばれる開口装置取り付けたものが主流


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「底曳網」の関連用語

底曳網のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



底曳網のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大日本水産会大日本水産会
All Rights Reserved, Copyright(C) JAPAN FISHERIES ASSOCIATION 1998-2019

©2019 Weblio RSS