研究機構とは? わかりやすく解説

研究機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:10 UTC 版)

京都産業大学」の記事における「研究機構」の解説

日本文化研究所 世界問題研究所若泉敬記念基金長年に渡り世界問題研究所所長務めた若泉敬教授寄付金創設され基金である。若泉は、沖縄返還交渉において佐藤栄作首相懐刀と言われた国際政治学者である。1992年退職時に退職金全額研究所活動資金として大学寄付。その寄付金をもとにして、2001年、「若泉敬記念基金」が設立される若者教育熱心だった若泉教授精神学生還元するため、講演会開催懸賞論文募集などに活用されている。 社会安全・警察学研究所 日本最初のものとなる研究所で、下京区のむすびわざ館に研究拠点設ける。副所長には福岡県警本部長警察大学校校長などを歴任した田村正博(法学部教授)が就任社会安全と警察活動改善新たな開発に向け、大学における学問研究基盤としつつ、多様な参加者を結ぶ協働基盤づくりをめざすものとしている。 先端科学技術研究所鳥インフルエンザ研究センター日本では8大学しかないBSL3施設BSLBiosafety Level)を備え鳥インフルエンザウイルス研究行っているワクチン研究開発病原性発現メカニズム解析などを中心に日本東南アジアフィールドとした人獣共通感染症研究従事している。なお京産業大学京都府には国家戦略特区制度活用し新設制限されていた獣医学部研究センター実績活かし設立しようという構想があったが2017年撤回された。これについて競合相手岡山理科大学政府関係者意図的に優遇したのではないかという指摘存在する(加計学園問題を参照)。 ミツバチ産業科学研究センターミツバチ産業科学研究センターは、総合生命科学部やその前身である工学部生物工学科が培ってきた動植物育種研究バイオテクノロジー技術基盤とした、ミツバチハチミツ研究によって養蜂産業の活性化をはじめさまざまな分野貢献することを目的に、平成24年6月開設されました。(京都産業大学 ミツバチ産業科学研究センターより抜粋植物ゲノム科学研究センター植物オルガネラゲノム遺伝子組換えならびにオルガネラゲノム人為的再編により、人類有用な植物育成することを目標としている。 タンパク質動態研究所 所長永田和宏総合生命科学教授。同研究所には東京工業大学栄誉教授大隅良典氏、東京都医学総合研究所所長田中啓二氏、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のピーター・ウォルター氏、マックスプランク研究所のウルリッヒ・ハートル氏、ノースウェスタン大学のリチャード・モリモト氏など、ノーベル賞受賞者や、ノーベル賞有力候補者らも招聘教授に就任。永田和宏教授吉田賢右教授大隅良典教授基礎科学研究広め活動有志七人の侍」が揃う。 総合学術研究所生態進化発生学研究センター グローバル公共財研究センター 構造生物学研究センター 神山天文台 学祖・荒木俊馬博士の「建学の精神」を具現化するシンボル。同施設は、私立大学では国内最大となる主鏡口径1.3mの「荒木望遠鏡」により、約20光年先(肉眼の約5万倍)の天体を観測することが可能である反射式光学系(リッチー・クレチアン型)の「荒木望遠鏡」のほか、観測装置実験開発機器を備える。 学内研究教育での使用とどまらず2010年4月からは毎週土曜日一般向け天体観測会を開くなど、広く地域開かれた施設となっているのも特徴である。 同天文台は、午後6時から午前5時にかけて屋上全天カメラ画像気象データインターネットを介して配信している。 理学部研究グループ開発した線スペクトル偏光分光装置LIne Polarimeter and Spectrograph)は「LIPSリップス)」と名付けられ国内望遠鏡装備され天体観測装置としては最高性能有しており、現在、世界トップレベル装置開発中である。 益川塾頭益川敏英教授2008年同教授がノーベル物理学賞受賞したことを顕彰し、2009年創設された。定期的に研究員公募している。益川塾は自然科学系人文社会科学系の2学系中心に京都産業大学をはじめ京都大学大阪大学名古屋大学立命館大学など他大学研究者指導教授として招聘している。 計算機科学研究所旧情技術実験室棟)

※この「研究機構」の解説は、「京都産業大学」の解説の一部です。
「研究機構」を含む「京都産業大学」の記事については、「京都産業大学」の概要を参照ください。


研究機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 01:38 UTC 版)

上海理工大学」の記事における「研究機構」の解説

工業過程自動化国家工程研究センター上海理工大学国家大学科学園、「光学器械国家質量実験センター三つの国レベル実験教学センター経済管理実験センター現代印刷実験教学センターエネルギー動力工程実験教学センター]、二つ教育部工程研究センター[微創医療器械研究センター光学器械システム研究センター]、現代光学システム実験室デジタル出版科学実験室、精密磨削技術機械工業実験室などあり、総合30の研究機構がある。

※この「研究機構」の解説は、「上海理工大学」の解説の一部です。
「研究機構」を含む「上海理工大学」の記事については、「上海理工大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研究機構」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

研究機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの京都産業大学 (改訂履歴)、上海理工大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS