プロスペクト理論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 外国為替用語 > プロスペクト理論の意味・解説 

プロスペクト理論(Prospect Theory)


プロスペクト理論

「プロスペクト理論」とは、行動経済学理論一つで、不確実なシチュエーションにおいて、損得が人の意思決定どのような影響与えるかを説いたモデルのことを指します利益得られる場面では「確実に手に入れること」を優先し損失を伴う場面では「最大限回避すること」を優先する人間行動心理表してます。「人は得をしたい思いよりも、損をすることを嫌う思いの方が大きい」という特性活用してマーケティングなどに応用されることがあります

プロスペクト理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 05:27 UTC 版)

プロスペクト理論(プロスペクトりろん、: prospect theory)は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。


  1. ^ Kahneman, Daniel, and Amos Tversky (1979) "Prospect Theory: An Analysis of Decision under Risk", Econometrica, XLVII (1979), 263-291. Paper available at http://www.princeton.edu/~kahneman/docs/Publications/prospect_theory.pdf


「プロスペクト理論」の続きの解説一覧

プロスペクト理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:12 UTC 版)

ダニエル・カーネマン」の記事における「プロスペクト理論」の解説

プロスペクト理論(prospect theory)は、不確実性下における意思決定モデル一つ選択結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率既知状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。この理論は、1979年ダニエル・カーネマンエイモス・トベルスキーによって発展した

※この「プロスペクト理論」の解説は、「ダニエル・カーネマン」の解説の一部です。
「プロスペクト理論」を含む「ダニエル・カーネマン」の記事については、「ダニエル・カーネマン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロスペクト理論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロスペクト理論」の関連用語

プロスペクト理論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロスペクト理論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2024MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2024 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロスペクト理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダニエル・カーネマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS