ゆうかくとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 数学用語 > ゆうかくの意味・解説 

ゆう‐か・く〔ゆふ‐〕【夕掛く】

[動カ下二夕方になる。暮れる。

神垣懸かるとならば朝顔も―・くるまで匂はざらめや」〈詞花・秋〉


ゆう‐かく〔イウ‐〕【幽客】

世俗離れ静かに暮らす人。

ランの別名。


ゆう‐かく〔イウ‐〕【優角】

共役角(きょうやくかく)のうちの、大きいほうの角。180より大きい。⇔劣角


ゆう‐かく〔イウ‐〕【遊客】

たびびと旅客遊子

仕事をしないで遊び暮らしている人。

遊覧の客。

「都外の風色殊更に―の情を楽ましむれば」〈織田訳・花柳春話

遊里であそぶ人。嫖客(ひょうかく)。


ゆう‐かく〔イウクワク〕【遊郭/遊×廓】





ゆうかくと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゆうかく」の関連用語

ゆうかくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゆうかくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS