サイコパスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サイコパスの意味・解説 

psychopath

別表記:サイコパス

「psychopath」の意味・「psychopath」とは

「psychopath」は、精神疾患一種を指す英語の単語である。具体的には、他人感情理解する能力欠如し社会的な規範法律無視する傾向がある人物を指す。また、自己中心的であり、他人利用することに抵抗感持たない特性を持つ。しかし、一方で魅力的説得力があり、他人操作する能力を持つことも特徴的である。

「psychopath」の発音・読み方

「psychopath」の発音は、IPA表記では /ˈsaɪ.kə.pæθ/ となる。IPAカタカナ読みでは「サイコパス」となる。日本人発音する際のカタカナ英語読み方は「サイコパス」となる。

「psychopath」の定義を英語で解説

A psychopath is a person who suffers from a chronic mental disorder with abnormal or violent social behavior. They lack empathy and have no regard for societal norms or laws. They are often self-centered and manipulative, but can also be charming and persuasive.

「psychopath」の類語

「psychopath」の類語としては、「sociopath」がある。これは、社会的な規範無視し他人感情理解する能力欠如している人物を指す。しかし、「psychopath」と「sociopath」は完全に同義ではなくそれぞれ微妙に異な特性を持つ。

「psychopath」に関連する用語・表現

「psychopath」に関連する用語として、「antisocial personality disorder」がある。これは、「psychopath」や「sociopath」の行動特性を持つ人物診断される精神疾患である。また、manipulative」や「charming」も「psychopath」の特性を表す表現としてよく用いられる

「psychopath」の例文

1. He was diagnosed as a psychopath by a psychiatrist.(彼は精神科医にサイコパスと診断された。)
2. The character in the movie was a charming yet dangerous psychopath.(映画キャラクター魅力的だ危険なサイコパスだった。)
3. Psychopaths often manipulate others for their own benefit.(サイコパスはしばし自分利益のために他人操作する。)
4. Not all psychopaths are violent criminals.(全てのサイコパスが暴力的な犯罪者というわけではない。)
5. The book provides an insight into the mind of a psychopath.(その本はサイコパスの心理理解する洞察提供する。)
6. Psychopathy is a term used to describe a certain type of personality disorder.(サイコパシー特定のタイプ人格障害を表すために使われる用語である。)
7. She studied the behavior of psychopaths for her research.(彼女は自分研究のためにサイコパスの行動研究した。)
8. It's a misconception that all psychopaths are serial killers.(全てのサイコパスが連続殺人犯であるというのは誤解である。)
9. Psychopaths lack the ability to feel empathy for others.(サイコパスは他人に対す共感能力欠いている。)
10. The novel explores the life of a psychopath.(その小説はサイコパスの生活を探求する。)

サイコパス

英語:psychopath

「サイコパス」とは・「サイコパス」の意味

サイコパスの日本語訳は、精神病質者であり、異常なまでの冷酷さ死んだ魚のような目つき、口癖のように嘘をつくなどの特徴挙げられる

「サイコパス」の熟語・言い回し

サイコパスは、「サイコパスの殺人鬼」「サイコパス的な思考」「あの人はサイコパスだ」「サイコパスのような目つき」などのように使用される

サイコパス診断とは


現在、サイコパスであることを診断するはいくつかの方法存在する精神科医診断をする時などには、サイコパシーチェックリスト(PCL)などを用いることが多いが、絶対的な判断基準というものは存在しないいわゆる、サイコパスの特徴を持つ精神病質者が、自発的に精神科医診断を仰ぐことは少ない。また精神科医は、理学的な検査ではなく問診により診断を下さなければならない。よって、サイコパスの診断的確に下すことは非常に困難なことだ。サイコパスの人物の脳は一般の人とは違う働きをすることが判明している。例えば「恐怖感じる」ことを司る脳の偏体の部分が、あまり働いていないなどの特徴がある。また、前頭前野皮質眼窩部側頭葉前部働きが弱いなどの特徴があることも指摘されているが、人間の脳自体解明されていないことも多く不明な点も多い。

サイコパスな人とは


現在、日本ではサイコパスという言葉一般社会浸透していて、学校会社など冷酷な人間指してあの人サイコパスっぽいよね」などの使い方使われることがある冗談半分使われたりもするが、明確な定義でのサイコパスとはしばし乖離していることがある。しかし、一般社会において一定数のサイコパスが存在していることもまた確かである。日本を含むアジアでは、サイコパスの割合は、欧米比べてかなり少ないといわれている。アメリカでは人口の約4%がサイコパスだとされているが、日本では100人に1人割合でサイコパスが存在していると考えられている。これは、アメリカ社会アメリカの経済システムが、サイコパスが生存し活躍するのに適しているなどの原因考えられる少なくとも、高度に空気を読むことを要求される日本社会では、サイコパスが活躍する余地欧米よりは少ないものとみられている。

反社会的サイコパスとは


よく誤解されることであるが、サイコパスのすべてが反社会的特徴持っているわけではないなかには世間でいう成功者上級職ついているサイコパスも多い。サイコパスに多いい職種としてCEOシェフ警察官など知られているが、これらの職種での成功者かなりの数がいるものと思われるまた、知能の高いサイコパスの場合、高い社会性持っている場合もある。これらのサイコパスは、高度に頭脳使い社会的地位確保しながら、良心を持つ人々捕食していく。このような性質のために、サイコパスは「捕食者」と表現されることがある反社会性が高いサイコパスの場合極度に社会的規範から逸脱した行動をとることが知られている。また、良心の呵責を全く感じないため、極度に残虐な殺人などの犯罪犯すこともある。

犯罪者全てサイコパスだというわけではない。しかし、猟奇的殺人犯す者のかなりの数がサイコパスの特徴持っているまた、知能高低反社会性強さは必ずしも比例しない。サイコパスは一般人よりも反社会的な傾向持ちやすいということ判明している。反社会的なサイコパスは、しばしば市民社会にとって大きな脅威となりうる。カルト的な宗教団体教祖などにもサイコパスの傾向が強い者が多いとみられており、彼らが重大犯罪犯すこともある。また、反社会的なサイコパスは一般的な性質を持つ犯罪者比べて事件後の更生余地少ない。彼らは決し反省するなどということはなく、社会的な責任などを考えることもないためである。異常なまでの責任感のなさも、サイコパスの特徴1つである。この責任感のなさが、彼らの非常に無責任な行動根底にあるのだ。

サイコパス

別表記:精神病質者
英語:psychopath

サイコパスとは

サイコパスとは、「感情一部欠如している」という点において特筆される精神病質者のこと。自分以外の人間対する「愛情」「思いやり」などの感情著しく欠けており、そのためにきわめて自己中心的振る舞う傾向にある。また、道徳観念や倫理観、あるいは恐怖などの感情きわめて乏し傾向にある。サイコパスにも程度の差がある。すべてのサイコパスな人がサイコパス的な要素をすべて顕現しているとは限らない。サイコパスではなくてもサイコパス的な要素を持つ人は少なくない。サイコパスとそうでない人の線引き素人にはなかなか難しい。

サイコパスの原因

サイコパスの原因は、昨今研究でも不明な部分が多いが、大きく分けて2種類があると言われている。1つ目の原因生まれながらの脳の障害によって引き起こされているケースで、2つ目が後天的なもので幼少期虐待受けたり何らかの原因によってサイコパスになったというものである。サイコパスは男性に多い傾向にあり、男性の3%、女性1%該当するとされているように、それほど珍しい存在ではない。サイコパスの治療法現代医学において決定的なものは確立されていないため、治すことは困難である。禅と認知行動療法組み合わせた弁証法的行動療法というものが行われるのが一般的で、症状安定化などを図り場合によっては気持ち不安定さ整え薬物治療を行う場合もある。

サイコパスというとドラマ映画など影響強く猟奇的殺人者というイメージ持っている人も少なくない。しかし、サイコパスだからといって必ずしも罪を犯すということではなく罪を犯すような人は稀であるということは理解しておく必要がある。むしろ、サイコパスは表面上は口達者であったり、結果至上主義者が多いため、他人踏み台にしたり騙すことにも躊躇せず優れた結果を残す人が多い。そのため、経営者医者など社会的地位の高い人にもサイコパスな人は多い傾向にある。

サイコパスとソシオパスとの違い

サイコパスとしばしば混同されるものにソシオパスというものがある。サイコパスとソシオパスは、共に他人に対して思いやり欠けたり、自己中心的といった共通点があり、どちらも大衆向けの心理学的用語である。医学的には、ソシオパスも「反社会性パーソナリティ障害」に分類される。サイコパスとの違いは、ソシオパスの方は育った家庭環境など後天的な要因によって生じることが多いとされている点が挙げられるまた、ソシオパス長期的な仕事に就くことが難しというのも特徴である。ソシオパスは意味などを考えことなく衝動的に行動移してしまう傾向にある点もサイコパスと異なる。

サイコパスな人への対処法

サイコパスな人間近くにいる場合対処法について、まずはサイコパスは治療することができないということ十分に理解する必要がある周囲の人間が、「世の中には良心持たない人もいる」ということ理解しなければならないそうしないと、サイコパスのペース惑わされて、自分自身壊れてしまう危険性がある。サイコパスに騙されいためには、しっかりと自分自身確立することが必要である。サイコパスは人の心を操ろうとすることがあるので、その中に巻き込まれしまわないことが大切である。サイコパスだからといって必ずしも罪を犯す訳ではないが、サイコパスから身を守ることを考え場合一切連絡手段を断つという方法がある。相手信用しすぎずに、自分自身の心をしっかりと最優先に守ることが大切である。

サイコパス【psychopath】

読み方:さいこぱす

精神病質その人格のために本人社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人。


精神病質

(サイコパス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/12 02:08 UTC 版)

精神病質(せいしんびょうしつ、: psychopathy)またはサイコパシーとは、精神障害の一種であり、社会に適応することが難しい恒常的なパーソナリティ障害[1]精神病妄想幻覚・乱雑な思考発語・非現実的で奇妙な行動などの症状)[2]健常との中間状態[3][注 1]。精神病質を「人格障害」(パーソナリティ障害)の同義語類義語としている精神医学論文日本語辞典もある[4][5][注 2]


注釈

  1. ^ 以下は『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』からの引用:
    精神病質
    精神病ではないが,正常との中間状態をいう。あるいは人格の正常からの変異,逸脱をいう[3]
    以下は『MSDマニュアル』からの引用:
    精神病とは,妄想,幻覚,まとまりのない思考および発語,現実との接触の喪失を示唆する奇異で不適切な行動(緊張病を含む)などの一連の症状を指す[2]
  2. ^
  3. ^ 以下は『知恵蔵mini』からの引用:
    サイコパス
    反社会的人格の持ち主を表す言葉。日本語訳は「精神病質者」。サイコパスは「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」で精神障害者と定義されており、病名としては反社会性パーソナリティ障害に該当するとされている。 … フィクションの世界では異常犯罪者として扱われることがあるが、実際に犯罪を犯す者は稀[6]
  4. ^ 良心をもたない人たち』では、訳者あとがきにも述べられているように、ソシオパス、反社会性パーソナリティ障害、サイコパスがほとんど区別されていない。
  5. ^ 内田クレペリン精神検査の元となる「作業曲線」を発見した人物。
  6. ^ ただし、クレックレー自身は「部分的サイコパス(: partial psychopath)」という言い方をしている。このタイプのサイコパスは、例えば、『社内の「知的確信犯」を探し出せ』において、「デイヴ」というキャラクターを用いて素人向けに説明されている。
  7. ^ 原文は
    “ the movie was a lot of fun. ... I'll answer more generally. Which is movies depict real bad people. They depict psychopaths and monsters and sadists and so on. And one question that continually arises is the extent to which these are realistic depictions of evil. And for the most part they are not. For the most part they are, are fantasy. We might've talked about this in class or in previous office hours but Roy Baumeister talks about the myth of pure evil, which depicts itself in movies and, and novels and all sorts of fictional events, which is a sort of monster who wants evil for it's own sake.”
  8. ^ 原文は
    “Psychopaths are some of the worst people in the world. They do terrible things. So should we be putting the world in the hands of people who are low empathy or psychopathic?”
  9. ^ 原文は
    “ I think I, I think the psychology of somebody who changes the world for better or worse is somebody who is medium to low in empathy, but often high in other moral emotions. ...

    So psychopath's do lack empathy and psychopaths are bad people they're, by definition. But other individuals who lack empathy are not bad people. Individuals who have autism for instance lack empathy. By most tests are far less empathetic than psychopaths. But they're not bad people. They don't make the world worse. They're often the victims of, of cruelty but very rarely the perpetrators of it. And what that suggests is, that lack of empathy per se doesn't make you into a bad person.

    Also also keep in mind that, that the lack of empathy you see in psychopaths and in aggressive people is often a situational thing. In other words, it's not that their brains are low empathy and then they do bad things. Rather, they do bad things for all sorts of reasons. Low impulse control. Often malevolent desires and so on. And then in the course of doing bad things they turn down their empathy.”
  10. ^ ハーバード大学の専門家グループによる非専門家向けの啓蒙書『サイコパスとサイコパシーに関する考察:よくある質問に対する答えと事例 ("Thinking About Psychopath and Psychopathy: Answers to Frequently Asked Questions With Case Examples")』(2006) - iUniverse によれば、「ジム・ジョーンズが何の精神疾患を有していたかは多少の議論の余地はある。彼について知られている全てのことに基づいて言えば、彼は完全サイコパスであったように思われる」(同、148頁)とある。ジム・ジョーンズは、子供の頃から猫を殺してお葬式ごっこをするなどの行為障害がみられた(Stanley Nelson, “Jonestown: The Life and Death of the People’s Temple,” Fireflight Media, October 20 2006, compact disk, watch - YouTube.)が、成人後はインディアナポリス人権委員会(Indianapolis Human Rights Commission)委員長、サンフランシスコ住宅管理委員会(San Francisco Housing Authority Commission)委員長といった公職を歴任し、当時の大統領夫人ロザリン・カーター(Rosalynn Carter)の表敬訪問も受けている(Reiterman, Tim, and John Jacobs. Raven: The Untold Story of Rev. Jim Jones and His People. Dutton, 1982. ISBN 978-0-525-24136-2,p.66,p.266,p.303)ので、成功したサイコパスであったともいえる。ジム・ジョーンズは、成功したサイコパスと完全サイコパスが必ずしも相反する概念ではないことを示す好例である。
  11. ^ テッド・バンディは、サイコパシーのポスターボーイとして有名であるが、実際には少年期犯罪や早期の行為障害がなく、PCL-R の得点もサイコパスと呼ばれるには少し足りない。サイコパシーの特性を示さなかったわけではないが、典型的なサイコパスとはいえない(『Thinking About Psychopath and Psychopathy: Answers to Frequently Asked Questions With Case Examples』, p.204)。

出典

  1. ^ 小学館 2020, p. 「精神病質」.
  2. ^ a b Tamminga 2018, p. 「他の医学的疾患による精神病性障害」.
  3. ^ a b Britannica Japan Co., Ltd. 2020, p. 「精神病質」.
  4. ^ a b c 林 2011, p. 13.
  5. ^ a b c d 新村 2018, p. 1608.
  6. ^ a b c d e f g 『知恵蔵mini』「サイコパス」
  7. ^ 緒方 あゆみ (ogata ayumi) - マイポータル - researchmap
  8. ^ 緒方 2021, pp. 2537–2538.
  9. ^ a b c 緒方 2021, p. 2538.
  10. ^ 赤羽 2012, p. 108.
  11. ^ 加戸 et al. 2013, p. 15.
  12. ^ 中野 2016, p. 117.
  13. ^ Lykken, D. T. "The Antisocial Personalities", Psychology Press, 1 edition (May 3, 1995), 7頁。
  14. ^ http://karapaia.com/archives/52252648.html
  15. ^ サイコパス-冷淡な脳-第二章
  16. ^ Hare, Robert D.; Neumann, Craig S. (2008). “Psychopathy as a Clinical and Empirical Construct”. Annual Review of Clinical Psychology 4 (1): 217-46. doi:10.1146/annurev.clinpsy.3.022806.091452. PMID 18370617. http://www.hare.org/references/HareandNeumannARCP2008.pdf. 
  17. ^ Handbook of Personology and Psychopathology Stephen Strack, John Wiley & Sons, 21 Jan 2005. Chapter 15: Psychopathy as a Personality Construct (Ronald Blackburn).
  18. ^ Thinking about Psychopaths and Psychopathy: Answers to Frequently Asked Questions "What are the differences between the psychopathy definitions designed by Hare and by Cleckley?" Editor: Ellsworth Lapham Fersch. iUniverse, 30 Oct 2006
  19. ^ Hare RD. Manual for the Hare Psychopathy Checklist-Revised. Multi-Health Systems, 1991.
  20. ^ Skeem JL, Cooke DJ, "Is Criminal Behavior a Central Component of Psychopathy? Conceptual Directions for Resolving the Debate", Psychological Assessment, Volume 22, Issue 2, June 2010, Pages 433-445.
  21. ^ Hare RD, Neumann CS. "The role of antisociality in the psychopathy construct: Comment on Skeem and Cooke (2010)", Psychological Assessment, Volume 22, Issue 2, June 2010, Pages 446-454.
  22. ^ a b c d e f g Sanz-García, Ana; Gesteira, Clara; Sanz, Jesús; García-Vera, María Paz (2021-08-05). “Prevalence of Psychopathy in the General Adult Population: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Frontiers in Psychology 12. doi:10.3389/fpsyg.2021.661044. ISSN 1664-1078. PMC PMC8374040. PMID 34421717. https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2021.661044/full. 
  23. ^ a b 日経サイエンス2013年2月号サイコパス特集
  24. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2009
  25. ^ ファロン 2015, p. 117.
  26. ^ ファロン 2015, pp. 33, 185.
  27. ^ a b c d 中野 2016[要ページ番号]
  28. ^ https://www.thats.pr.kyoto-u.ac.jp/2019/09/26/8535/
  29. ^ https://toyokeizai.net/articles/-/60647?page=2
  30. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.5.
  31. ^ a b c d e f A disturbing number of bosses are psychopaths” (英語). The Independent (2016年9月14日). 2022年3月5日閲覧。
  32. ^ a b 原田隆之による書籍の抜粋記事、100人に1人がサイコパス?!──身近な「冷血」とどう付き合うか 原田隆之『サイコパスの真実』より じぶん堂
  33. ^ Diagnostic and statistical manual of mental disorders : DSM-5.. American Psychiatric Association, American Psychiatric Association. DSM-5 Task Force (5th ed ed.). Arlington, VA: American Psychiatric Association. (2013). ISBN 978-0-89042-554-1. OCLC 830807378. https://www.worldcat.org/oclc/830807378 
  34. ^ Psychiatry Online” (英語). DSM Library. doi:10.1176/appi.books.9780890425596. 2022年3月16日閲覧。
  35. ^ The moment psychopaths realised they were psychopaths” (英語). The Independent (2016年2月26日). 2022年3月16日閲覧。
  36. ^ 中野 2016[要ページ番号]
  37. ^ a b 『サイコパスの真実』(原田隆之、ちくま新書)
  38. ^ 中野 2016, p. 194.
  39. ^ サイコパス-冷淡な脳-、25p
  40. ^ A disturbing number of bosses are psychopaths” (英語). The Independent (2016年9月14日). 2022年3月5日閲覧。
  41. ^ How to tell if you’re a psychopath” (英語). The Independent (2019年11月12日). 2022年3月5日閲覧。
  42. ^ Screen children for 'psychopathic behaviours' in wake of Alesha MacPhail murder, case psychologist says” (英語). The Independent (2019年4月2日). 2022年3月16日閲覧。
  43. ^ a b 英国心理学者 サイコパスが多い職場上位10を発表
  44. ^ a b c d e f g h i j k l Lecture 5 - Personality Disorders (15:48 min) - Mental Illness”. Coursera. 2022年6月26日閲覧。
  45. ^ a b c https://www.shigotoba.net/expert_interview_1906_tamerainaku.html
  46. ^ Burghart, Matthias; Mier, Daniela (2021-05-14). No feelings for me, no feelings for you: A meta-analysis on alexithymia and empathy in psychopathy. doi:10.31234/osf.io/v2e8q. https://osf.io/v2e8q. 
  47. ^ a b c d e f g h i j k l m n 中野 2016, pp. 3–8
  48. ^ Derefinko, Karen J. (2015-12). “Psychopathy and Low Anxiety: Meta‐Analytic Evidence for the Absence of Inhibition, Not Affect” (英語). Journal of Personality 83 (6): 693–709. doi:10.1111/jopy.12124. ISSN 0022-3506. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jopy.12124. 
  49. ^ 中野 2016, p. 221.
  50. ^ a b 中野 2016, p. 190
  51. ^ 中野 2016, p. 192
  52. ^ 中野 2016, p. 200
  53. ^ Psychopaths do feel fear” (オランダ語). Radboud Universiteit. 2021年10月10日閲覧。
  54. ^ Saikopasu : Reitanna nō. James Blair, Derek Robert Mitchell, Karina Blair, Hiroki Fukui, 裕輝 福井. Tōkyō: Seiwa Shoten. (2009). ISBN 978-4-7911-0713-1. OCLC 674623454. https://www.worldcat.org/oclc/674623454 
  55. ^ Dawel, Amy; O’Kearney, Richard; McKone, Elinor; Palermo, Romina (2012-11). “Not just fear and sadness: Meta-analytic evidence of pervasive emotion recognition deficits for facial and vocal expressions in psychopathy”. Neuroscience & Biobehavioral Reviews 36 (10): 2288–2304. doi:10.1016/j.neubiorev.2012.08.006. ISSN 0149-7634. https://doi.org/10.1016/j.neubiorev.2012.08.006. 
  56. ^ Burghart, Matthias; Mier, Daniela (2022-08). “No feelings for me, no feelings for you: A meta-analysis on alexithymia and empathy in psychopathy”. Personality and Individual Differences 194: 111658. doi:10.1016/j.paid.2022.111658. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2022.111658. 
  57. ^ Megías, A; Gómez-Leal, R.; Gutiérrez-Cobo, M.J.; Cabello, R.; Fernández-Berrocal, P. (2018-01). “The relationship between trait psychopathy and emotional intelligence: A meta-analytic review”. Neuroscience & Biobehavioral Reviews 84: 198–203. doi:10.1016/j.neubiorev.2017.12.003. ISSN 0149-7634. https://doi.org/10.1016/j.neubiorev.2017.12.003. 
  58. ^ Jonason, Peter K.; Tost, Jeremy (2010-10). “I just cannot control myself: The Dark Triad and self-control”. Personality and Individual Differences 49 (6): 611–615. doi:10.1016/j.paid.2010.05.031. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2010.05.031. 
  59. ^ Jones, Daniel N.; Paulhus, Delroy L. (2011-10). “The role of impulsivity in the Dark Triad of personality”. Personality and Individual Differences 51 (5): 679–682. doi:10.1016/j.paid.2011.04.011. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2011.04.011. 
  60. ^ Sánchez de Ribera, Olga; Kavish, Nicholas; Katz, Ian M.; Boutwell, Brian B. (2019-09). “Untangling Intelligence, Psychopathy, Antisocial Personality Disorder, and Conduct Problems: A Meta–Analytic Review” (英語). European Journal of Personality 33 (5): 529–564. doi:10.1002/per.2207. ISSN 0890-2070. http://journals.sagepub.com/doi/10.1002/per.2207. 
  61. ^ Olga Sánchez de Ribera, Nicholas Kavish, B. Boutwell (17 January 2017). “On the relationship between psychopathy and general intelligence: A meta-analytic review”. bioRxiv. 
  62. ^ Marshall, Julia; Watts, Ashley L.; Lilienfeld, Scott O. (2018-01). “Do psychopathic individuals possess a misaligned moral compass? A meta-analytic examination of psychopathy’s relations with moral judgment.” (英語). Personality Disorders: Theory, Research, and Treatment 9 (1): 40–50. doi:10.1037/per0000226. ISSN 1949-2723. https://doi.apa.org/doi/10.1037/per0000226. 
  63. ^ Skeem, Jennifer L.; Edens, John F.; Camp, Jacqueline; Colwell, Lori H. (2004). “Are there ethnic differences in levels of psychopathy? A meta-analysis.” (英語). Law and Human Behavior 28 (5): 505–527. doi:10.1023/B:LAHU.0000046431.93095.d8. ISSN 1573-661X. https://doi.apa.org/doi/10.1023/B:LAHU.0000046431.93095.d8. 
  64. ^ Lilienfeld, Scott O.; Watts, Ashley L.; Francis Smith, Sarah; Berg, Joanna M.; Latzman, Robert D. (2015-12). “Psychopathy Deconstructed and Reconstructed: Identifying and Assembling the Personality Building Blocks of Cleckley's Chimera” (英語). Journal of Personality 83 (6): 593–610. doi:10.1111/jopy.12118. ISSN 0022-3506. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jopy.12118. 
  65. ^ Fox, Bryanna; DeLisi, Matt (2019-01). “Psychopathic killers: A meta-analytic review of the psychopathy-homicide nexus”. Aggression and Violent Behavior 44: 67–79. doi:10.1016/j.avb.2018.11.005. ISSN 1359-1789. https://doi.org/10.1016/j.avb.2018.11.005. 
  66. ^ a b c d e f g Moralities of Everyday Life Week 2 Office Hours (2015) https://www.coursera.org/lecture/moralities/week-2-office-hours-2015-5Ohrr
  67. ^ a b https://keiei.proweb.jp/news/1/1375/1883/
  68. ^ a b Empathy and Concern - Compassion”. Coursera. 2022年3月16日閲覧。
  69. ^ a b Personality disorders - Variation”. Coursera. 2022年3月16日閲覧。
  70. ^ Lerner, M.J. & Montada, L. (1998). An Overview: Advances in Belief in a Just World Theory and Methods, in Leo Montada & M.J. Lerner (Eds.). Responses to Victimizations and Belief in a Just World (1–7). Plenum Press: New York.
  71. ^ Liars' Brains Wired Differently https://news.usc.edu/22586/Liars-Brains-Wired-Differently/
  72. ^ 『診断名サイコパス』,p.213-214
  73. ^ 『Without Conscience』,Ch.13 A Survival Guide, p.207
  74. ^ Can victims become like the psychopath?(サイコパスの犠牲者はサイコパスのようになりますか?) http://www.lovefraud.com/2008/10/03/can-victims-become-like-the-psychopath/
  75. ^ 中野 2016, p. 157
  76. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『Snakes in suits』p194、診断名サイコパスp32
  77. ^ Landay, Karen; Harms, P. D.; Credé, Marcus (2019-01). “Shall we serve the dark lords? A meta-analytic review of psychopathy and leadership.” (英語). Journal of Applied Psychology 104 (1): 183–196. doi:10.1037/apl0000357. ISSN 1939-1854. http://doi.apa.org/getdoi.cfm?doi=10.1037/apl0000357. 
  78. ^ Clive R. Boddy (2011). “The Corporate Psychopaths Theory of the Global Financial Crisis”. Journal of Business Ethics (Springer) 102 (2): 255-259. doi:10.1007/s10551-011-0810-4. http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10551-011-0810-4. 
  79. ^ ためらいなくハラスメントを起こす「職場のサイコパス」があなたの隣にもいる?~筑波大学人間系教授 原田 隆之氏インタビュー アスクル みんなの仕事場
  80. ^ O'Boyle, Ernest H.; Forsyth, Donelson R.; Banks, George C.; McDaniel, Michael A. (2012-05). “A meta-analysis of the Dark Triad and work behavior: A social exchange perspective.” (英語). Journal of Applied Psychology 97 (3): 557–579. doi:10.1037/a0025679. ISSN 1939-1854. https://doi.apa.org/doi/10.1037/a0025679. 
  81. ^ a b c Apparently Trump is a psychopath – but how 'scientific' is the study?” (英語). The Independent (2016年8月23日). 2022年3月5日閲覧。
  82. ^ 名越康文監修『図解 サイコパスの話』日本文芸社 (2017)p.26.
  83. ^ 中野 2016, p. 114
  84. ^ 中野 2016, pp. 21–22
  85. ^ 中野 2016, pp. 32–34
  86. ^ 中野 2016, pp. 24–30.
  87. ^ 中野 2016, pp. 31–32
  88. ^ a b カナダを震撼させる猟奇殺人の狂気度ニューズウィーク日本版、2012年6月7日
  89. ^ Netflixドキュメンタリー『猫いじめに断固NO!:虐待動画の犯人を追え』は、最も不謹慎かつ面白い作品だリアルサウンドテック、2020.02.19
  90. ^ Scarlet Blake, who killed a cat and put animal in blender, found guilty of man's murderSkyNews, 2024.2.23
  91. ^ a b 宮崎 2016, p. 134-135.
  92. ^ 宮崎 2016, pp. 133–134.
  93. ^ 藤澤 1992, p. 49
  94. ^ 藤澤 2016, p. 146
  95. ^ 竹内 1998, p. 4
  96. ^ 北村 & 伊藤 2012, p. 76
  97. ^ 藤澤 2021, pp. 209–210
  98. ^ 北村 2005, p. 48
  99. ^ 北村 2005, pp. 50–51
  100. ^ 北村 2005, pp. 53–54
  101. ^ 北村 2005, p. 54
  102. ^ 北村 2005, p. 60
  103. ^ 北村 2005, p. 766
  104. ^ 北村 2005, p. 69
  105. ^ 北村 2005, p. 70
  106. ^ Kapoor, Hansika (2015-01-02). “The Creative Side of the Dark Triad” (英語). Creativity Research Journal 27 (1): 58–67. doi:10.1080/10400419.2014.961775. ISSN 1040-0419. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/10400419.2014.961775. 
  107. ^ Jonason, Peter K.; Abboud, Rookaya; Tomé, Jordi; Dummett, Melanie; Hazer, Ashleigh (2017-10-15). “The Dark Triad traits and individual differences in self-reported and other-rated creativity”. Personality and Individual Differences 117: 150–154. doi:10.1016/j.paid.2017.06.005. ISSN 0191-8869. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191886917303938. 
  108. ^ Moralities of Everyday Life https://www.coursera.org/learn/moralities/
  109. ^ "Handbook of Psychopathy", Christopher J. Patrick PhD (Editor), The Guilford Press; 1 edition (October 18, 2005), 23, The "Successful" Psychopath, Jason R. Hall & Stepen D. Bennings, Conceptualization of noncriminal psychopathy, 460頁。



サイコパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 09:56 UTC 版)

デッドライジング3」の記事における「サイコパス」の解説

本シリーズボスキャラクター総称アウトブレイク巻き込まれ正気失った人間アウトブレイク便乗して悪事を働く犯罪者立場の違いによる主人公の敵対者など、ニックの敵として立ち塞がるゾンビ化ていない人間達実際にサイコパス(精神病質)であるかは関係無く、「ボスキャラとして登場する人間全て本シリーズではサイコパスと呼ぶ。

※この「サイコパス」の解説は、「デッドライジング3」の解説の一部です。
「サイコパス」を含む「デッドライジング3」の記事については、「デッドライジング3」の概要を参照ください。


サイコパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 08:28 UTC 版)

デイトレード」の記事における「サイコパス」の解説

有能なトレーダーは「サイコパス」である可能性が高いという見解アメリカ科学者チーム発表した企業トップや一弁護士に同様の見解示した)。ただしこの実験は、平均的なIQ持った人間集めて行われたのであるため、有能なデイトレーダー企業トップ全てサイコパスだという見解ではない。

※この「サイコパス」の解説は、「デイトレード」の解説の一部です。
「サイコパス」を含む「デイトレード」の記事については、「デイトレード」の概要を参照ください。


サイコパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 10:12 UTC 版)

デッドライジング」の記事における「サイコパス」の解説

本作におけるサイコパスは本来の意味とは異なり発狂した人間のほか、混乱乗じて悪事を働く人間主人公を敵と見なし攻撃して来る人間を指す。ボスとして要所要所登場しゾンビよりもはるかに手強いまた、従来ゾンビ系ゲームとは違って本作にはボスとしてのゾンビ異形クリーチャーなどは存在しないが、これは「最も恐ろしいのはモンスターではなく人間自身」というテーマ性が入っているためである。なお、上司には受けが少し悪かったとのこと

※この「サイコパス」の解説は、「デッドライジング」の解説の一部です。
「サイコパス」を含む「デッドライジング」の記事については、「デッドライジング」の概要を参照ください。


サイコパス(PSYCHO-PASS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:14 UTC 版)

PSYCHO-PASS」の記事における「サイコパス(PSYCHO-PASS)」の解説

本作タイトルにもなっている、人間精神状態科学的に分析して数値化したデータ反社人格障害を指すサイコパス(psychopath)のことではなく本作独自の造語で「精神の証明書」(psycho-pass)を意味する作中社会では、市民はサイコパスを計測したうえで日々の生活送っており、データ公的に記録・管理されている。精神理想的な状態に保つためのメンタルケア普及しており、各自適性嗜好能力合わせた情報事前に明示されるため、運や選択ミス左右されない最適幸福な人生送れ社会実現したとされている。

※この「サイコパス(PSYCHO-PASS)」の解説は、「PSYCHO-PASS」の解説の一部です。
「サイコパス(PSYCHO-PASS)」を含む「PSYCHO-PASS」の記事については、「PSYCHO-PASS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サイコパス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サイコパス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイコパス」の関連用語

サイコパスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイコパスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精神病質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデッドライジング3 (改訂履歴)、デイトレード (改訂履歴)、デッドライジング (改訂履歴)、PSYCHO-PASS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS