株立ちとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 園芸用語 > 株立ちの意味・解説 

かぶ‐たち【株立】

〔名〕 一本植物の根株から数本または十数本の幹が生じた形。


株立ち

根元から多数が群がって出ているもの。

株立ち

一つから生じたバルブ
一つからたくさんのバルブ伸びた状態。

株立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 16:10 UTC 版)

株立ち(かぶだち)とは、維管束植物の形態のひとつで、一本のの根元から複数の茎が分かれて立ち上がっている様子をいう。造園園芸盆栽の手法としてもよく利用される。




「株立ち」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「株立ち」の関連用語

株立ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



株立ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの株立ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS