イラクの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > イラクの歴史の意味・解説 

イラクの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 00:26 UTC 版)

この項では、イラクについての地域史を述べる。




  1. ^ この合意にイギリスも加わり、後にバグダード条約と知られるようになった。この年の後半になってイランとパキスタンが加盟した。アメリカは参加しなかったが、全面的に協力した。(トリップ(2004) 211ページ
  2. ^ 1940年代にシリアで創設された。1951年以降はシーア派のフアード・リカービーの指揮下にあった。アラブ民族主義を掲げ、漠然とした社会主義を志向しており、アラブ世界における土地所有制度の不平等を厳しく非難していたバアス党の主張は、学生や保守的・排他的なアラブ民族主義者のもとで虐げられていた人々に支持され、シーア派の若い世代に広まっていた。(トリップ(2004) 214-215ページ
  3. ^ トリップ(2004) 225-231ページ


「イラクの歴史」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イラクの歴史」の関連用語

イラクの歴史のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イラクの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラクの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS