サントメ・プリンシペの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サントメ・プリンシペの歴史の意味・解説 

サントメ・プリンシペの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 15:58 UTC 版)

サントメ・プリンシペの歴史(サントメ・プリンシペのれきし)では、サントメ・プリンシペ民主共和国歴史について述べる。15世紀まで無人島だったサントメ島プリンシペ島の両島には、15世紀末から16世紀初頭にかけてポルトガル人が入植し、白人入植者とアフリカ大陸から連行された黒人奴隷混血した人々や、ある時期に両島に上陸した人々の末裔によって、サトウキビコーヒーカカオなどの商品作物の栽培を軸に発達を遂げてきた。両島が独立したのは20世紀後半の1975年であり、それ以後独立国として存在している。






「サントメ・プリンシペの歴史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サントメ・プリンシペの歴史」の関連用語

サントメ・プリンシペの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サントメ・プリンシペの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサントメ・プリンシペの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS