臨界前核実験とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 臨界前核実験の意味・解説 

臨界前核実験

読み方:りんかいまえかくじっけん
別名:未臨界核実験
英語:subcritical experiment

核物質臨界状態達しない「未臨界」の状態で、核実験を行うこと。

臨界前核実験では、核爆発発生する前段階までを実験対象とする。核爆発伴わないため、爆発衝撃放射能などによる環境への影響汚染がない。臨界前核実験の観測データコンピュータ再現すれば兵器開発が可能であるとされる

米国1990年代2000年代通じて二十数回の臨界前核実験を実施している。米国軍縮表明する一方で、臨界前核実験を引き続き行っていく姿勢見せている。ちなみに核実験禁止する「包括的核実験禁止条約」(CBTB)において未臨界核実験核爆発伴わないため禁止対象から外れている。

りん かいぜん かくじっけん [5][3] 【臨界前核実験】


臨界前核実験(りんかいまえかくじっけん)

核爆発伴わない核実験

臨界至らない少量核物質瞬間的圧縮し、その核物質どのような挙動を示すかを実験する。連鎖反応によって核爆発が起こる寸前の状態を作り出すもの。未臨界実験ともいう。

核兵器用のプルトニウムは、冷戦時代大量蓄えられ、今でも核弾頭中に残すなどして保管されている。年数経過による劣化可能性があることから、保有する核兵器安全性信頼性確保するという名目で臨界前核実験が行われるようになった

衝撃波プルトニウムなどが飛び散る様子調べておくと、核爆発そのものをほぼ正確にコンピュータ上でシミュレーションできる。したがって、新し核兵器開発につながるのではないかと見る向きも決して否定できない

アメリカは、1997年から計15回の臨界前核実験をしたことを公表している。また、ロシアは、1998年から15実施した。今回イギリス実験参加は、1958年に結ばれた米英相互防衛協定に基づくもので、臨界前核実験の経験国は3国となる。

包括的核実験禁止条約 (CTBT) では、核爆発至らない実験禁止されていない今回実験は、CTBT死文化をねらうアメリカの政治的な思惑もあるのではないか考えられている。

関連キーワード「包括的核実験禁止条約(CTBT)」
関連キーワード「核拡散防止条約(NPT)」

(2002.02.15更新


臨界前核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/27 08:47 UTC 版)

臨界前核実験(りんかいまえかくじっけん、りんかいぜんかくじっけん、: subcritical experiment)あるいは未臨界核実験(みりんかいかくじっけん)は、核物質臨界状態に至らない条件に設定して行う核実験核兵器の新たな開発や性能維持のために行われる。アメリカ合衆国ロシアやパキスタン[要出典]など、過去の核実験のデータを蓄積した核保有国において行われている。




「臨界前核実験」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臨界前核実験」の関連用語

臨界前核実験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



臨界前核実験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臨界前核実験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS