冠者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 冠者 > 冠者の意味・解説 

か‐ざ〔クワ‐〕【者】

《「かじゃ」の直音表記》「かんじゃ(冠者)」に同じ。

「—の君の御さま」〈源・少女


か‐じゃ〔クワ‐〕【冠者】

かんじゃ」の撥音無表記。「太郎冠者


かん‐ざ〔クワン‐〕【冠者】

《「ざ」は「じゃ」の直音表記》「かんじゃ(冠者)1」に同じ。

「—の御座引き入れ大臣(おとど)の御座御前にあり」〈源・桐壺


かん‐じゃ〔クワン‐〕【冠者】

元服して冠をつけた少年。転じて、若者若輩。かじゃ。

「その—しかるべき所に宮仕へしける程に」〈今昔二九一一

六位無官の人。

「匡房卿はいまだ無官にて、江—とてありけるを」〈十訓抄・一〉

召使い若者

郎等—ばら、主の心を知りて恐れて是をとかず」〈略本沙石集・八〉


か‐ざ クヮ‥ 【冠者】

〔名〕 (「かんじゃ(冠者)」の撥音無表記、及び直音無表記の形) 元服をした少年

源氏100114頃)乙女「くゎざの君の御さま、〈略〉あてにうつくしげなり」


か‐じゃ クヮ‥ 【冠者】

〔名〕 (「かんじゃ」の撥音「ん」の無表記)

① =かんじゃ(冠者)①

*金刀比羅本保元(1220頃か)中「其冠者(クジャ)今年十七か八かになるとこそおぼゆれ」

② =かんじゃ(冠者)②

③ =かんじゃ(冠者)③

*虎明本狂言口真似室町末‐近世初)「くゎじゃきゃくじんにそのよしいふ」


かん‐ざ クヮン‥ 【冠者】

〔名〕 =かんじゃ(冠者)①

源氏100114頃)桐壺「火んざの御座引入大臣御座御前にあり」


かん‐じゃ クヮン‥ 【冠者】

〔名〕

元服して冠をつけた少年。転じて、弱年の者。若者また、弱輩者。かざ。かんざ。かじゃ。

今昔1120頃か)二九其の冠者(くゎんじゃ)可然き所に宮仕へしける程に」〔論語先進

六位で、無官の人の称。かじゃ。

吾妻鏡治承四年(1180)九月一〇日「襲到于平氏方人冠者伊那郡大田切郷之城。冠者聞之」

十訓抄(1252)一「匡房卿いまだ無官にて、江冠者とて有りけるを」

召使若者従者家来。かじゃ。

貞享沙石集(1283)八「郎等冠者ばら、主の心を知りて恐れて」

[語誌]源氏乙女」に「くわさの君」とあるのは、撥音無表記の形だが、中世以降実際に撥音省略した「クヮジャ」という語形が行われるようになる。「天草版平家物語」、また、天正七年本「運歩色葉」などから、遅くとも室町中期までには、「クヮジャ」もかなり一般的になり、従来の「クヮンジャ」と並び行なわれていたと考えられる


冠者

読み方:カジャkaja

元服式を済ませて、冠を着けている少年


冠者

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:54 UTC 版)

名詞

(かざ, かじゃ, かんざ, かんじゃ)

  1. 元服を済ませて、かんむり載せている少年
  2. 六位無官の人。
  3. 召し使い若者



冠者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冠者」の関連用語

冠者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



冠者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの冠者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS