根の国とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 根の国の意味・解説 

ね の くに [1]根の国

地底または海上のかなたにある考えられた古代他界一つあらゆる災いや罪・汚れ流しやられる所と考えられた。 いぶきど主といふ神、-・底の国にいぶき放ちてむ/祝詞 六月大祓

ねのくに 【根の国】

日本で、地底深く、また海の彼方など遠くにあって、現世とは別の世界考えられる国。根の堅洲国

根の国(ねのくに)

古代において死者の霊が行くと考えられた地下界。

根の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 20:09 UTC 版)

根の国(ねのくに)は、日本神話に登場する異界である。『古事記』では「根之堅洲國」(ねのかたすくに)・「妣國」(ははのくに)、『日本書紀』では根国(ねのくに)・「底根國」(そこつねのくに)、祝詞では根の国底の国・根國底國(ねのくにそこのくに)・底根の国(そこねのくに)と書かれる。




  1. ^ 戸部民夫 『日本神話 神々の壮麗なるドラマ』 新紀元社、83頁。
  2. ^ a b 草野巧 『地獄』 新紀元社、87頁。
  3. ^ 柳田國男『海上の道』海神宮考 十九 ニルヤと根の国 岩波文庫 1978年 p.113-114
  4. ^ 柳田國男『海上の道』根の国の話 二 根の国と常世の国 岩波文庫 1978年 pp.146-147


「根の国」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根の国」の関連用語

根の国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



根の国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2020 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの根の国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS