音子とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 音子の意味・解説 

フォノン

(音子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 20:53 UTC 版)

フォノン: phonon)、音子音響量子音量子は、振動(主に結晶中での格子振動)を量子化した粒子(準粒子素励起)である。




  1. ^ a b c d 木暮嘉明 『フォノンとは何か-音波と量子の世界-』 丸善〈フロンティア・サイエンス・シリーズ〉、1988年ISBN 4621033093
  2. ^ 長島順清 『素粒子物理学の基礎I』 朝倉書店〈朝倉物理学大系〉、2002年ISBN 4-254-13673-0
  3. ^ 吉田伸夫 『素粒子論はなぜわかりにくいのか~場の考え方を理解する』 技術評論社、2013年ISBN 978-4774161310
  4. ^ 坂本眞人 『場の量子論-普遍性と自由場を中心として-』 裳華房〈量子力学選書〉、2014年ISBN 978-4785325114
  5. ^ 田崎晴明 『統計力学II』 培風館〈新物理学シリーズ〉、2008年ISBN 4563024384
  6. ^ Mahan, G. D. (1981). Many-Particle Physics. New York: Springer. ISBN 0-306-46338-5. 
  7. ^ a b c d 大阪大学インタラクティブ物質科学・カデットプログラム 物性物理100問集出版プロジェクト編、木村剛・小林研介・田島節子監修『物性物理100問集』大阪大学出版会、2016年
  8. ^ 今野豊彦 『物質の対称性と群論』 共立出版、2001年。ISBN 4-320-03409-0
  9. ^ Yu, Peter Y.; Cardona, Manuel (2010). “Fig. 3.2: Phonon dispersion curves in GaAs along high-symmetry axes”. Fundamentals of Semiconductors. Physics and Materials Properties (4th ed.). Springer. p. 111. ISBN 3-642-00709-0. https://books.google.com/books?id=5aBuKYBT_hsC&pg=PA111. 
  10. ^ デイヴィッド・J・サウレス著『多体系の量子力学』松原武生・米沢富美子訳、吉岡書店、1965年
  11. ^ a b 『物性 II 素励起の物理 (新装版 現代物理学の基礎 第7巻)』 岩波書店、2012年ISBN 4000298070
  12. ^ アシュクロフト, N. W.、マーミン, N. D. 『固体物理の基礎 (下・1) 固体フォノンの諸問題』 松原, 武生(訳)、町田, 一成(訳)、吉岡書店〈物理学叢書 48〉、1982年ISBN 978-4842702025
  13. ^ “フォノニクス時代に備えよう”, Nature 503 (7475), (2013年11月14日), http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/49223 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音子」の関連用語

音子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS