武田義統とは?

武田義統(たけだ よしずみ?) 1526~1567

○彦ニ郎 義元?信統? 治部少輔 伊豆守 大膳大夫
◇父:武田信豊 室:足利義晴女 子武田元明、義頼
 家督相続で父信豊と争うが、信豊支持する叔父高が没すると、信豊隠居し、若狭守護・武田氏当主となる。1558年再び揉め信豊近江六角氏を頼って出国し、態勢を整え若狭攻め込まれ、後にこれと和する1561年重臣栗屋勝久、逸見昌経らの反乱が起き、越前朝倉氏支援得て一時的撃退するものの、粟屋氏事実上独立し、逸見氏1566年義統の子元明擁立して叛乱起こし、再び父子争いとなった。これに対しても再び朝倉氏援軍得て逸見氏撃破する。この時足利義昭若狭に頼ってくるが、武田氏内紛見て入洛断念し、朝倉氏の下へ赴いている。

武田義統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/07 06:36 UTC 版)

武田 義統(たけだ よしずみ/よしむね)は、戦国時代若狭国守護大名戦国大名若狭武田氏の当主。




  1. ^ a b 木下聡「若狭武田氏の研究史とその系譜・動向」
  2. ^ 武田信玄書状「朝倉家文書」『戦国遺文 武田氏編第三巻』1551号
  3. ^ 木下聡「若狭武田氏の研究史とその系譜・動向」。なお、木下は義統の死去については永禄10年11月9日としている。
  4. ^ 『枯木稿』
  5. ^ 杉本泰俊「武田氏と家臣団の文化活動」(初出:『小浜市史 通史編』(1992年)/所収:木下聡 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第四巻 若狭武田氏』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-192-9


「武田義統」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

武田義統に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「武田義統」の関連用語

武田義統のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大石用水

パラソル

唐船峡京田湧水

大花白豚

ワッフル

キハ2100形

字牌

ヘッジトリマー





武田義統のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2018 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武田義統 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS