武田元信とは?

武田元信(たけだ もとのぶ) 1455~1521

彦次郎 紹壮 伊豆守 治部少輔 大膳大夫
◇父:武田国信 子:武田元光、信孝
 若狭守護・武田氏。父没後家督継承1491年将軍義材の近江出征従軍その後管領細川政元と与し、将軍義材を廃嫡する(明応の政変)。幕府管領細川氏の信厚く若狭武田氏最盛期を築いた。しかし、幕府近侍して出兵が重なった為、領国経営苦しく1502年若狭土一揆起こり一族が討たれている。この不満の解消すべく、1506年丹後一色義有攻略にかかるが、戦い長期化し、政元らの援軍を得るもこれを達せなかった。1517年今度丹後一色軍が若狭侵攻するが、越前朝倉氏支援得て逆に丹後一部攻略成功した。騎射等に優れて武家故実」を作成する一方文芸面でも大い活躍し、歌道歌舞猿楽古典籍多芸に秀で、当代一流文化人とも交流深かった。

武田元信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 01:13 UTC 版)

武田 元信(たけだ もとのぶ)は、戦国時代守護大名若狭国丹後国守護、安芸国分郡守護。若狭武田氏の第5代当主。武田国信の次男。妻は伊勢貞祐(政所執事伊勢貞宗の弟)の娘[2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 前者の説では兄の武田信親よりも年長になってしまい、それより年長である後者の説では父・国信10歳の子になってしまう。これに対して大原陸路は康正元年(1455年)説を唱えた(山本大・小和田哲男『戦国大名系譜人名事典 西国編』(新人物往来社、1985年) P97)が、後に出典の解釈の誤りを指摘されたため成立しないと判断され、元信の生涯を解説した木下聡は寛正末年から文明初年の生まれと推定する(木下聡『若狭武田氏』P24)
  2. ^ 木下は、細川政元の偏諱と解説する木下聡『若狭武田氏』P24。
  3. ^ 政元が反対したのは三管領四職も家格的には相伴衆に位置しており、若狭武田家が細川京兆家と同格になることへの抵抗感があったとみられる(木下聡『若狭武田氏』P26)。

出典

  1. ^ a b c d e f g 高野賢彦 『安芸・若狭武田一族』p.114-122,162-163
  2. ^ 木下聡『若狭武田氏』P30
  3. ^ 『大乗院寺社雑事記』明応2年11月16日・18日条
  4. ^ 木下聡『若狭武田氏』P25
  5. ^ 『大乗院寺社雑事記』明応8年10月22日条
  6. ^ 山田康弘『足利義稙―戦国に生きた不屈の大将軍』第1部 第3章
  7. ^ 『鹿苑日録』明応9年正月17日条
  8. ^ 『後法興院記』文亀8月6日・7日条
  9. ^ 『和長卿記』明応10年正月14日条
  10. ^ 木下聡『若狭武田氏』P.26-27
  11. ^ 『福井県史 通史編2』領国経営の行き詰まり[1]
  12. ^ 『福井県史 通史編2』武田元信の丹後出兵[2]
  13. ^ 『福井県史 通史編2』一国徳政[3]
  14. ^ 『福井県史 通史編2』守護大名から戦国大名へ[4]
  15. ^ 『福井県史 通史編2』多芸多才武田元信[5]


「武田元信」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「武田元信」の関連用語

武田元信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メジャースプーン

山下池の水源の森

Gallardo

GALAXY Tab 7.0 Plus

弥生

203mm自走りゅう弾砲

筑後川丸

ガラス風アクリル





武田元信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2018 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武田元信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS