生煮えとは?

なま‐にえ【生煮え】

[名・形動

十分煮えていないこと。また、そのもの半煮え。「生煮えな(の)ジャガイモ

未熟なこと。また、そのさま。「生煮えな(の)知識ふりまわす

どちらともはっきりせず、煮えきらないこと。また、そのさま。「生煮えな(の)返事」「対応が生煮えだ」

十分な議論検討のされていないこと。「生煮えの法案提出する」→煮詰まる


霜降り造り

(生煮え から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/08 02:58 UTC 版)

霜降り造り(しもふりづくり)は日本料理において調理法、および料理。「霜降り作り」ともいう。魚介類鶏肉などを熱湯に通し冷水にさらしたもの。表面のみ白くする[1]


  1. ^ a b 広辞苑第5版
  2. ^ a b 『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3
  3. ^ 『旬の食材 春の魚』講談社 ISBN 4-06-270131-6


「霜降り造り」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生煮え」の関連用語

生煮えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生煮えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霜降り造り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS