各論とは? わかりやすく解説

かく‐ろん【各論】

読み方:かくろん

全体いくつかの目・部門に分け、その一つ一つについての意見論議。「総論賛成、—反対」⇔総論


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/12 03:39 UTC 版)

低温生物学」の記事における「各論」の解説

動物細胞脱水解凍についてさまざまな知見知られているその中では、一気冷凍行い氷晶成長しないうちに冷凍完了するもしくは徐々に冷凍行い粗大な氷晶析出しないようにする、というのが基本的な理論である。 糖類溶液などによって高浸透圧とする(これについて糖類トレハロース用いる、溶媒としてジメチルスルホキシド用いるなど、氷晶成長抑制する試みがなされている)・フリーズドライ真空凍結乾燥処理)を行う・水分グリセリンなどに置換しガラス化させるなどの手法が知られているグリセリン置換を行うと細胞ガラス転移点獲得する冷却して非晶質になる)ため、冷凍時に細胞内での氷晶生成抑制されるそのため、氷晶成長による組織破壊を防ぐことができる。この目的に加え物質を、凍害防御剤 (cryoprotective agent, CPA) と呼ぶ植物における適用としては、主に遺伝資源保存目的植物の種組織低温保存が行われている。種子花粉冷凍態で数年以上にわたる保存可能であるものが多く存在しており、経代栽培による遺伝資源保存平行して行われている。組織切片については、動物細胞と同様の方法によって保存が行われている。単位などの状態では、予備冷凍を行う、高浸透圧物質による処理を行うなどの手法が研究されている。一部成功をみているが、手法としては発展途上である。また、生育している植物については、糖類プロリン施用によって低温ストレスへの耐性増強されるとの知見がある動植物個体単位への研究では、極寒地における動植物の耐低温メカリズムの解明冬眠メカニズム解明・耐低温遺伝子研究それらの人為的な操作への応用などが行われている。冬眠時の動物では脂肪不飽和度の上昇による脂肪凝結防止発生している、低温海域生息している魚類不凍タンパク質 (Antifreeze protein, AFP) の存在によって組織液中で氷晶成長抑制しているなどの知見今までに得られており、これらの応用実用化研究途上にある。

※この「各論」の解説は、「低温生物学」の解説の一部です。
「各論」を含む「低温生物学」の記事については、「低温生物学」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 08:56 UTC 版)

生物学」の記事における「各論」の解説

生物学大きくふたつに分け場合個体内部生命現象解析する方向(=広義の生理学)と、個体間・種間個体環境など関係を個体外に求めてゆく方向(=広義の生態学)がある。 また、生物学の各論には、生物系統分類生物学的階層性という大きな2つの軸があるとされる前者によって分類する場合代表的な分野は、動物学植物学微生物学3つである。それぞれは系統分類にしたがってさらに細分化できる。動物学下位には原生動物学、昆虫学魚類学脊椎動物学などがある。同様に植物学下に顕花植物学や樹木学など、微生物学下にウイルス学細菌学などがある。これらの分野では、生物特異性多様性重視する流れがある。 一方対象の大きさ、つまり生物学的階層性(すなわち現象)を軸にすると、代表的な分野は、分子生物学生化学細胞生物学発生生物学動物行動学生態学などがある(図)。生態学生物群の大きさによって個体群生態学群集生態学などに分けられる他、対象とする所を重視する場合森林生態学海洋生態学極地生態学などの名称も用いられる生物学的階層性生物の分類に対して横断的であり、生物普遍性注目される。この軸では個体レベルを境として大きく2つ分けることができる。この視点から諸分野を見ると、個体レベル以下を扱う分野は分子生物学の影響強く還元主義的な傾向があり、個体レベル以上を扱う分野全体論的傾向がある動物発生学植物細胞学などの分野は、この2つの軸を考えるとその領域把握しやすい。

※この「各論」の解説は、「生物学」の解説の一部です。
「各論」を含む「生物学」の記事については、「生物学」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 09:06 UTC 版)

再販売価格維持」の記事における「各論」の解説

政府競争政策上の観点から再販制度見直し進めており、知的財産推進計画では非再販商品流通拡大や主に出版物対象とした時限再販積極採用謳う項目が2004年度から存在する

※この「各論」の解説は、「再販売価格維持」の解説の一部です。
「各論」を含む「再販売価格維持」の記事については、「再販売価格維持」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 04:24 UTC 版)

日本の刑事司法」の記事における「各論」の解説

廃棄物処理法違反風営適正化法違反は、いずれも2007年ピーク減少傾向にある。 児ポ法違反は、2012年施行以来2014年改正による処罰範囲拡大などもあり増加傾向であったが、2019年にはやや減少転じたサイバー犯罪のうち不正アクセス行為は、2000年から2019年に至るまで増減繰り返しながら徐々に増加している。2019年度においてはネットバンキングの不正送金事案60%以上と圧倒的に多い。 児童虐待防止法関係では、2019年に至るまで児童相談所の対応案件数および検挙人員数いずれも一貫して増加している。罪名別では、特に障害暴行増加著しい。 2019年においては加害者全体で父親70%以上と多いが、殺人保護責任者遺棄案件で母親高かった実父による犯罪傷害暴行が8割以上を占め性犯罪1割満たなかったが、実父以外の父親による犯罪のうち性犯罪は27.3%にのぼった配偶者暴力防止法事案では、同法基づ保護命令違反の件数は2015年から2019年にかけて減少し続けているが、その他の法令違反となるDV事案増加しており、暴行罪および暴力行為等処罰法違反での検挙数の増加著しい。

※この「各論」の解説は、「日本の刑事司法」の解説の一部です。
「各論」を含む「日本の刑事司法」の記事については、「日本の刑事司法」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 09:31 UTC 版)

共同親権」の記事における「各論」の解説

離婚後共同親権認めているアメリカでは以下のように運用されている。 共同親権で、親の意見が一致ない場合は、どうなるのか協力して親権を行うのが望ましいが、それが困難な場合は、交互に親権を行う。例えば、父親家にいる時は父親意見優先させ、母親家にいる時は母親意見優先させるまた、意見優先させる側を、1年ごとに交代する方法行われる意見不一致起きやすい状況同じである例えば、課外活動(塾、スポーツクラブ稽古事など)にかかるお金誰が負担するということで争い起きやすい。最初に課外活動にかかる費用は、父親60%を負担し母親40%を負担する」などと決めておくと良い既成育児計画Philip Michael Stahl 2007など)を参考にして最初にしっかりした育児計画養育プラン)を作成しておくと、後の多くの争い避けることができる。 父親の家と母親の家とで、教育方針異なっても、子供はその状態に良く順応する相手育児方針批判せずに、自分の育児方針良くすることだけを考えて、親としての自分の役割立派に果たすことだけを考えるのが良い片親は、まず自分の単独親権求めてその実現が困難な場合共同親権求めということ単独親権共同親権では、考え方が全く異なる。単独親権では、子供相手から排除しようとするが、共同親権では、子供発育両方の親を関与させようとする。 単独親権求め場合には、相手敵対する。「相手は親として失格であり、自分は親として適任である」などと主張して子供奪い合う。そして、二人の親を持つという子供の権利否定する逆に共同親権では、協力して子供育てようとして相手との信頼関係を築くまた、子供大切な権利守ってあげることにより子供との信頼関係を築く単独親権共同親権違い絶対的なものか 両者の違いは、相対的なものであり、量的なに過ぎない身体的親権子供一緒にいる時間)は、0%から100%まで、連続的に変化する。また法的親権決定権)も、多くの目について、分けて担当することが可能である実際米国多くの州で、共同親権の定義は、子供一緒にいる時間決められた基準上であることとされている決められた基準は、20%40%の値である。逆に単独親権の定義は、子供一緒にいる時間決められた基準以下であることとされている単独親権から共同親権になると養育費はどうなるのか父親母親合意があって、裁判所容認すれば、どのような養育費にすることも可能である裁判所決め場合には、例え米国では、次のような方法用いられる。(単独親権の場合の養育費は、まず子供が必要とするお金計算し、それを父親母親収入に応じて負担する。もし母親100%時間子供過ごすのであれば父親負担する金額は、全額母親渡される)。 共同親権における養育費考え方一つは共同親権になると子供必要な生活費増えるという考え方である。例えば、ベッド布団玩具衣類、本、ゲームなどは、両方の家に用意する必要がある単独親権の場合に子供必要とする金額適当な数通常1.5)をかけて、共同親権の場合に子供必要とする金額とする。これを子供総収入とする。これを、父親母親が、それぞれの収入に応じて負担する子供総収入総支出同額である。子供総支出のうち、子供一緒にいる時間分だけ各親が支出する期待される父親の「負担額」と父親期待される支出額」の差額が、父親母親に渡すお金養育費)である。 もう一つ考えは、単独親権時の養育費を、固定的な部分施設費など)と、変動する部分食費など)に分け考え方である。固定的な部分は、父親と同じ生活水準提供する部分でもある。そうして共同親権になれば、変動する部分だけを、子供一緒にいる時間比例して減らす。これは、国連の子どもの権利委員会推奨する方法である。 ウィスコンシン州の例では、父親母親年収が3ドル子供1人の場合、父親子供に全く会わない場合養育費は、月額600ドルである(2004年ガイドライン)。父親子供と会う時間増えても、子供の時間24%までは、養育費の額は変わらない。しかし、父親子供と会う時間が、子供の時間25%以上になると、養育費減額され子供の時間50%になると養育費は0になる。 オーストラリアの場合、非同居親が支払うべき養育費は、非同居親が子供過ごす夜の数が1年30%未満であれば減額されない。ただし、政府支給する子供手当は、非同居親が子供もと過ごす夜の数が10%上であれば分割される

※この「各論」の解説は、「共同親権」の解説の一部です。
「各論」を含む「共同親権」の記事については、「共同親権」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 06:29 UTC 版)

ドイツ無政府主義ポゴ党」の記事における「各論」の解説

ポゴ無政府主義と酒の関係は切り離すことができない。なぜなら酒は良い気晴らしであるからである。性行為に対して極めて肯定的である。なぜならSEX気持ち良いからである。また麻薬使用に関して寛容であり、真理見つけ方法または一時的な現実逃避として推奨している。さらにポゴ無政府主義理論では、これらがワーカホリック仕事中毒)の人々に職を与えるとさえ主張している。ポゴ無政府主義理論重要な特徴は、怠慢な人々だけではなく仕事中毒人々をも救済可能な理論であるという点である。

※この「各論」の解説は、「ドイツ無政府主義ポゴ党」の解説の一部です。
「各論」を含む「ドイツ無政府主義ポゴ党」の記事については、「ドイツ無政府主義ポゴ党」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:26 UTC 版)

キャシー・アッカー」の記事における「各論」の解説

アッカー1972年最初の著作 Politics上梓したとき、詩とエッセイからなるこの本は批評家からも一般からもあまり注目されなかったが、ニューヨークのパンク・シーンでは名声高めた1973年Black Tarantula筆名で[要出典]最初の小説 The Childlike Life of the Black Tarantula: Some Lives of Murderesses を、翌74年小説第2作 I Dreamt I Was a Nymphomaniac: Imagining を出版する1979年短編小説 New York City in 1979 がプッシュカート賞を受賞し、ようやく一般に知られるようになったが、1982年Great Expectations まで批評家関心惹くことはなかった。Great Expectations は、書き出しディケンズ同名小説 (『大いなる遺産』) の明白なリライトであるほか、母親自殺触れた自伝的要素や、複数作家からの借用 (ギュヨタからのどぎつい暴力・性描写など) といったアッカー作に一般的な特徴備えているまた、この年には Hello, I’m Erica Jong題したチャップ・ブック出版している。 1983年公開された映画 Variety (監督ベット・ゴードン(英語版)、出演ナン・ゴールディンウィル・パットンルイス・ガスマンほか) では、アッカー脚本担当している。 アッカーGreat Expectations 以後ひろく認知されようになったが、一般的には1984年の『血みどろ臓物ハイスクール』が出世作であるとされることが多い。本作アッカー作品のうちでもとくに暴力性的描写度合い突出している。『ハイスクール』は、ホーソーン緋文字』などから借用しつつ、セックス中毒かつ骨盤腹膜炎病み父親惚れている都会っ子主人公ジェイニー・スミスが、のちに父親奴隷として売られるまでを描く。本作多くの批評家から女性に対して侮蔑的であるとして批判されたほか、ドイツでは発禁処分受けたHannibal Lecter, My Fatherアッカーは『ハイスクールに対するドイツ法廷の判決について述べている。 1984年 My Death My Life by Pier Paolo Pasolini1985年 Algeria: A Series of Invocations because Nothing Else Works出版1986年、もっとも評価の高い作品のひとつドン・キホーテ』が出版される本作アッカー解釈によるセルバンテスの『ドン・キホーテ』であり、主人公ドン・キホーテ若い女となっている。彼女はポスト構造主義理論に憑りつかれており、ポスト構造主義ニヒリズム極限まで突き詰めていく。のみならずドン・キホーテ錯乱状態サンクトペテルブルクニューヨーク路上さまようのだが、この錯乱状態ドン・キホーテ中絶手術受けたことによる世界さまざまな嘘と偽り知りドン・キホーテ何も信じないようになっていき、自らを物語内の架空の構築物であると考えだす。ドン・キホーテは、サンチョ・パンサよろしく彼女に仕えの聖シメオンとともにニューヨーク市ロンドン周り行進しながら、性差別社会攻撃加え同時にフェミニズムにまつわる誤った通念解体していく。 アッカー1988年の『アホダラ帝国』を自身の創作活動におけるターニング・ポイントとみなしている。『アホダラ帝国』ではまだ借用みられるものの (トウェインの『ハックルベリー・フィン』など)、以前より顕著ではない。とはいえギブスン『ニューロマンサー』からの借用アッカーによる全借用のうちでもかなり賛否の分かれるものであるギブソン文章用いてアッカー社会的コード女性の身体およびその軍事性と同一視している。『アホダラ帝国』は半分人間半分ロボットの Abhor とその恋人海賊 Thivai という二人テロリスト語りからなる物語近未来革命起きたパリ廃墟設定されている。本作でも、他の作品同様暴力と性が生々しく描かれているが、過去作に比べ作者意識言葉そのもの向かっている。 同じく1988年には3作の過去作まとめた Literal Madness: Three Novels出版している。同書収録Floridaジョン・ヒューストンによるフィルム・ノワール古典キー・ラーゴ』 (1948年) を脱構築し、『キー・ラーゴ』の根底にある男性政治そのものへと変形させている。また、Kathy Goes to Haiti ではヴァケーション中の若い女性愛関係と性的搾取扱い、My Death My Life by Pier Paolo Pasolini謎の暴行死遂げたイタリアの映画監督パゾリーニ架空の自伝となっており、自伝中でパゾリーニ自らの殺人事件解決する1990年から1993年にかけて In Memoriam to Identity (1990年)、Hannibal Lecter, My Father (1991年)、Portrait of an Eye: Three Novels (1992年過去作再録)、『わが母 : 悪魔学』 (1992年) の4冊が出版されている。これらの後期作品は、過去作扱ったタブーに対して以前と同様やり方挑んでいるため、冗長で意外性欠けると評されることが多い。1996年発表された最後の小説となる Pussy, King of the Pirates ではユーモアが量を増したほか、ライトファンタジー東洋思想に関する考察といった、初期作品にはあまりみられない領域への関心拡大示されている。

※この「各論」の解説は、「キャシー・アッカー」の解説の一部です。
「各論」を含む「キャシー・アッカー」の記事については、「キャシー・アッカー」の概要を参照ください。


各論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 08:10 UTC 版)

神輿」の記事における「各論」の解説

明確な統計は無いが、全国的に通常、ひら担ぎ呼ばれるわっしょい」の掛け声神輿揺らさずに担ぐ地域が多いと思われる揺らす場合江戸前分類される江戸前担ぎ東京都内では「えっさ、えっさ」の掛け声神輿揺らす担ぎ方が有名であるが、近年神輿同好会等の影響で「オイサ」「セイヤ」「ソイヤ」の掛け声増えている。浅草三社祭鳥越祭り神田明神祭など、東京祭礼の殆どはこの担ぎとなっている。 ちょいちょい担ぎ|城南担ぎ:同じ都内でも漁師町であった品川大田近辺では、小波揺れる舟のように小刻みに神輿を振る。2点棒トンボ複数あり、大拍子という太鼓付いているのが特徴である。 どっこい担ぎ: 湘南地方では、湘南甚句と共にどっこいどっこいどっこいそりゃ」の掛け声タンス鳴らし神輿上下に揺らし担ぐ形式一般的である。極みとして、茅ヶ崎「暁の祭典浜降祭7月海の日開催がある。 小田原担ぎ:「オイサー、コラサー」の掛け声から木遣り唄浜木遣りとともに走る(跳ぶ突っ駆ける)動作があり、他の神輿合体する事も特色である。漁師祭りであった松原神社例大祭原型とされ、荒波転覆連想させるため御霊入っている時は神輿揺らさない。小田原流とも呼ばれるこの担ぎ方で渡御する神社は、小田原市内に数社あり、ゴールデンウィーク5月3日北條五代祭りパレードの他、4日5日と斎行される山王神社大稲荷神社居神神社松原神社例大祭などで見られるヨコタ担ぎ羽田では大波揺れる舟のように左右に大きく振るがある。神輿振りすいよう2本棒に数本横棒をつけただけの棒組となっている。 深川担ぎ:平担ぎに加えて神輿揉み差し上げ担ぎ方が有る掛け声は「もーめ もーめ」「さーせ さーせ」。 佃担ぎ:佃では 「おりゃ、おりゃ」の、掛け声神輿一切揺らさず担ぐ。揺らす時は地面すれすれでの上下に揉む時で、揉んでから一気差し上げる。 行徳担ぎ行徳近辺では神輿差し上げ空中放ったり、地面ギリギリまで降ろしたりする。 房州担ぎ千葉県大原はだか祭りに代表される担ぎ方であり、掛け声は「そらやー、よいさー、ほいさー、そーりゃー、そいきた等々」である。二点棒なので神輿振りである横振見られ大原や一宮で小田原担ぎのように走ることもある。また大原では「おーいやのせーだ」「よーいと」などの掛け声とともに神輿真上投げあげるのが特長である。 関西方面では京都市内などで、松尾大社神幸祭還幸祭八坂神社祇園祭中心に「ホイットー、ホイットー」と掛け声掛けながら、前進したままでシーソー状に激しく神輿振り回す。鳴鐶(ナリカン)と呼ばれる金具鳴り物激しく打ち鳴らすのが特徴である。また神社拝殿回り練り暴れ拝殿回しでは、ひたすらカーブを切りながら上記のようにシーソー状に激しく振りながら前進する境内が狭い場合などは神輿を軸にしてグルグル旋回しながら暴れることもある。 愛媛県などでは、神事として神輿同士激しくぶつけ合う喧嘩神輿見られる。祭によって、ぶつけ合うこと自体目的とする場合もあれば、相手神輿落とした側を勝ちとする試合形式で行う場合もある。また地域を問わず、同じ祭で複数神輿鉢合わせた際、自然発生的に互い威勢競い合うような状況となった場合喧嘩神輿呼ばれることがある。 わっしょ担ぎ富岡八幡宮などで見られ神輿膝元まで下げて一気担ぎ上げる千鳥担ぎ新宿十二社熊野神社見られ担ぎ棒先端を首の後ろ付け根で担ぐ。

※この「各論」の解説は、「神輿」の解説の一部です。
「各論」を含む「神輿」の記事については、「神輿」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「各論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「各論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



各論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

各論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



各論の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの低温生物学 (改訂履歴)、生物学 (改訂履歴)、再販売価格維持 (改訂履歴)、日本の刑事司法 (改訂履歴)、共同親権 (改訂履歴)、ドイツ無政府主義ポゴ党 (改訂履歴)、キャシー・アッカー (改訂履歴)、神輿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS