ISO27001とは?

ISO27001


認証基準BS7799-2:2002は、2005年11月国際規格化を予定しており、ISO/IEC27001として発行予定である。 附属書A詳細管理策は、127項から133項に変更になった。
新し管理策が17項目追加され、旧来管理策が9項目削除再編された。

また、現在の実施基準であるISO/IEC17799:2000は、2005年6月ISO/IEC17799:2005改訂された。 将来的には、ISO・IEC27002として、ISO27001シリーズ統合される。

情報セキュリティマネジメントシステム

(ISO27001 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/16 01:46 UTC 版)

情報セキュリティマネジメントシステム(じょうほうセキュリティマネジメントシステム、ISMS: Information Security Management System)は、組織における情報資産のセキュリティを管理するための枠組み。情報セキュリティマネジメントとは、ISMSを策定し、実施すること。[1]


  1. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 0.1。
  2. ^ JIS Q 27002:2014 箇条 0.1。
  3. ^ ISMSガイド13, p. 13。
  4. ^ a b c ISMSガイド13, p. 3, 4, 10, 97。
  5. ^ MSS
  6. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.1、JIS Q 27000:2014 箇条 2.68。
  7. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.68。
  8. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.68。
  9. ^ 原田(2016) p. 3。
  10. ^ JIS Q 0073:2010 箇条 3.5。
  11. ^ ISMSガイド13, p. 51。
  12. ^ JIS Q 13335-1 箇条 2.25、JIS Q 27000:2014 箇条 2.83。
  13. ^ JIS Q 27005:2011、JIS Q 13335-1 箇条 3.3、ISMSガイド13, p. 35。
  14. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.89。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n JIS Q 27001:2014 箇条 6.1.2、6.1.3。
  16. ^ ISMSガイド13, p. 30。
  17. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.79。
  18. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.35。
  19. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.36。
  20. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.37。
  21. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.34。
  22. ^ a b JIS Q 27001:2014 箇条 5。
  23. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 6。
  24. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 7。
  25. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 8。
  26. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 9。
  27. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 10。
  28. ^ a b c JIS Q 27000:2014 箇条 2.61、JIS Q 27001:2006 箇条 0.2、ISMSガイド06, p. 9、ISMSガイド13, p. 13。
  29. ^ ISMSガイド06, p. 7。
  30. ^ a b ISMSガイド13, p. 14。
  31. ^ a b mss-faq 11. 「附属書 SL の構造において“プロセスモデル”又は“PDCA モデル”が使われていないのはなぜか」
  32. ^ MSS SL.5.2 注記1「有効なマネジメントシステムは、通常、意図した成果を達成するために"Plan-Do-Check-Act"のアプローチを用いた組織のプロセス管理を基盤とする」
  33. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.84。
  34. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 5.1。
  35. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 5.3。
  36. ^ a b c ISMSガイド13, pp. 43-44。
  37. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 4.1。
  38. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 4.2。
  39. ^ a b JIS Q 27001:2014 箇条 4.2。
  40. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 5.1、JIS Q 27002:2014 箇条 5.1。
  41. ^ a b JIS Q 27001:2014 箇条 5.2。
  42. ^ a b c d e JIS Q 27002:2014 箇条 5.1。
  43. ^ ISMSガイド13, p. 40。
  44. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 5.1。
  45. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 6.2。
  46. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 6.2。
  47. ^ JIS Q 27001:2014 箇条 6.2。
  48. ^ a b c d e f g h 情報セキュリティマネジメントとPDCAサイクル「情報セキュリティポリシーの策定」 IPA。2016年8月3日閲覧
  49. ^ a b c d e f 情報セキュリティポリシーサンプル改版(1.0版)概要(pdf)、pp. 5-6、JIPDEC。2016年8月3日閲覧。
  50. ^ ISMSリスク編13, p. 4。
  51. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.76、JIS Q 31000:2010 箇条 2.2。
  52. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.3。
  53. ^ リスクマネジメント規格 図1。
  54. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.3。
  55. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 5.3。
  56. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.25。
  57. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.28。
  58. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.28。
  59. ^ JIS Q 31000:2010 箇条 2.14、2.15、2.24。JIS Q 27000:2014 箇条 2.71。
  60. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.75。
  61. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.70。
  62. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.73。
  63. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.74。
  64. ^ ISMSリスク編13, pp. 23-24。
  65. ^ ISMSリスク編13, p. 30。
  66. ^ ISMSリスク編13 p. 31。
  67. ^ JIS Q 27002:2014 箇条 8.1.1。
  68. ^ JIS Q 27002:2014 箇条 8.1.1。
  69. ^ ISMSリスク編13, p. 35。
  70. ^ ISMSリスク編13, pp. 50-51。
  71. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.69。
  72. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.79。
  73. ^ ISMSリスク編13 pp. 52-54。
  74. ^ JIS Q 27000:2014 箇条 2.16。
  75. ^ ISMSリスク編13, p. 57。
  76. ^ ISMSリスク編13, p. 57。
  77. ^ ISMSガイド13, p. 23。
  78. ^ a b c d e 情報セキュリティマネジメントとPDCAサイクル「リスクアセスメント」”. IPA. 2017年7月5日閲覧。
  79. ^ a b c d e f ISMSリスク編13, p. 14。
  80. ^ a b c d 瀬戸洋一. “プライバシー影響評価ガイドライン実践テキスト”. インプレスr&d. p. 14. 2017年7月5日閲覧。


「情報セキュリティマネジメントシステム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ISO27001」の関連用語

ISO27001のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドライバー

対数正規分布

ビーノ

ガーター編み

寄棟

ギンバイカ

姥

国際単位系





ISO27001のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMCJMC
2018 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2018 Sanko-estate,All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報セキュリティマネジメントシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS