LTVとは? わかりやすく解説

LTV

別表記:エルティーブイ

「LTV」とは、顧客生涯価値総資産有利子負債比率のことを意味する表現である。

「LTV」とは・「LTV」の意味

「LTV」は、マーケティング用語としては「顧客生涯価値」、不動産用語としては「総資産有利子負債比率」という意味で用いられている。

・「LTV(顧客生涯価値)」
マーケティング用語において「LTV」は英語の「Life Time Valueライフ タイム バリュー)」の略語で、日本語に訳すと「顧客生涯価値」という意味になる。顧客特定の企業ブランド顧客である間に、どれだけの利益もたらすかを算出したのであるマーケティングにおいて、新規顧客獲得するのは難しいとされており、収益上げるためには既存顧客の「LTV(顧客生涯価値)」をどれだけ上げることができるかがカギとされている。

・「LTV(顧客生涯価値)」の計算方法
「LTV」の計算方法は、購買単価×購買頻度×継続利用期間である。購買単価3000円、購買頻度1ヶ月1回(年12回)、継続利用期間4年であった場合3000×12×4=144000となるため、「LTV」は144000円となる。「LTV」の数値が高いほど、顧客ロイヤルティ高く企業・ブランド収益高くなる

・「LTV(総資産有利子負債比率)」
証券用語において「LTV」は英語の「Loan to Valueローン トゥー バリュー)」の略語で、日本語では「総資産有利子負債比率」という意味になる。不動産価値に対して、どれだけの借入金があるのかを示す指標である。不動産投資のほか、金融機関ローン審査財務状況判断する際の指標にしている。「LTV(総資産有利子負債比率)」の数値が低いほど、借入金少なく安全性の高い不動産ということになる。

・「LTV(総資産有利子負債比率)」の計算方法
「LTV」の計算方法は、負債額÷物件価格×100である。負債4000万円物件価格1億円の不動産は、4000万円÷1億×10040となるため、「LTV」は40%という計算になる。また、負債金額4500万円物件価格5000万円不動産は、4500万円÷5000万円×10090となるため、「LTV」は90%である。不動産投資においては、「LTV」が80%以下が理想的だとされている。「LTV」を算出することで、不動産投資へのリスクヘッジができるほか、不動産売却する際の価値予測することができる。

・「LTV(総資産有利子負債比率)」を用いて不動産評価をする金融商品
「LTV」を用いて不動産評価をする代表的な金融商品としては、不動産投資信託REIT)やソーシャルレンディングあげられる。特にソーシャルレンディング低額から始められるため、個人でも参入しすいとされている。

「LTV」の熟語・言い回し

LTV向上とは


「LTV向上」とは、顧客生涯価値向上させるということである。「LTV向上」のためには、購入頻度増やしたり、購入単価上げたり購入期間を伸ばしたり、収益率上げたりすることが効果的だとされている。購入頻度増やすためにはメルマガ配信購入単価上げるためには抱き合わせ商品関連商品提案購入期間を伸ばすためにはアフターサポート充実定期便販売などの施策あげられる。「LTV」が向上する営業コスト抑えられるほか、利益安定化などのメリットがある。

LTVが高いとは


「LTVが高い」とは、顧客生涯価値が高いということである。顧客継続的にその企業・ブランド製品選択しているという意味で、顧客企業・ブランド良好な関係であることを指す。

LTV最大化とは


「LTV最大化」とは、顧客生涯価値数値最大値であることを意味する。「LTV最大化」のためには、顧客との関係を良好に保つことが大切である。数値最大化するために価格上げると、顧客離れてしまうこともある。また、商品開発怠っていると別のサービス流れてしまうこともあるため、顧客ニーズ確認しながら魅力的な商品・サービス開発することも大事だとされている。

エル‐ティー‐ブイ【LTV】


LTV   顧客生涯価値


LTV

える・てぃー・ぶぃー

local thickness variation略語で、電子デバイスウェハ平坦度の評価項目1つ。あるチップサイズ領域において、ウェハ裏面などの基準面から厚み方向測定した高高さと最低高さの差で、ウェハごとにチップ数だけLTVの値がある。

LTV【Loan to Value=ローン・トゥー・バリュー】


LTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/28 09:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

LTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 23:19 UTC 版)

CRYSIS」の記事における「LTV」の解説

5人乗り軍用車上部に残弾制限のない機関銃1つ搭載されており、銃手すばやく倒さない連続射撃浴びせてきて、またその一撃ごとの破壊力も高い。

※この「LTV」の解説は、「CRYSIS」の解説の一部です。
「LTV」を含む「CRYSIS」の記事については、「CRYSIS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「LTV」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LTV」の関連用語

LTVのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LTVのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2024 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2024 Sanko-estate,All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLTV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCRYSIS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS