予備選挙とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 選挙 > 予備選挙の意味・解説 

予備選挙(presidential primary election)

 米国大統領選挙は、共和党民主党の候補者選出本選挙二段階に分かれており、両党党大会で候補者を決め為の代議員」を各州選出するのが予備選挙。州によっては予備選挙ではなく党員集会代議員選出する代議員党大会で候補者を選出するので、予備選挙において自らを支持する代議員多く当選した者が大統領本選の候補者となる。

予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 10:09 UTC 版)

予備選挙(よびせんきょ)は、本番の選挙(本選挙)に先立って候補者を絞り込むために行われる選挙。


  1. ^ チェイニーの他の3人は、ワシントン州選出下院議員のジェイミー・ヘレラ・ビュートラーとミシガン州選出下院議員のピーター・メイヤーとサウスカロライナ州選出下院議員のトム・ライス。
  2. ^ ワシントン州選出下院議員のダン・ニューハウスとカリフォルニア州選出のデビッド・ヴァラダオ。


「予備選挙」の続きの解説一覧

予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 02:39 UTC 版)

1956年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「予備選挙」の解説

アドレー・スティーブンソン1952年民主党候補者であり、1956年も再指名に向けてテネシー州選出の上院議員で人民主義者のエステス・キーフォーヴァー予備選ではしっかりとした戦い演じたキーフォーヴァーニューハンプシャー州予備選反対無く勝利した(ただし、スティーブンソン記名投票15%を取った)。キーフォーヴァーミネソタ州予備選スティーブンソンを破ると、スティーブンソン危機的状況あること認識しフロリダ州でキーファーヴァーと討論を行うことに同意したスティーブンソンとキーファーヴァーは、フロリダ州予備選前の1956年5月21日に、初めテレビ中継された大統領候補者の討論会行ったスティーブンソンフロリダ州予備選52%対48%で制した6月カリフォルニア州予備選までに、キーファーヴァーの選挙資金が底を突き資金力のあるスティーブンソン広告宣伝力で競うことができなかった。スティーブンソンカリフォルニア州予備選63%対37%で制しその後間もなくキーファーヴァーが指名争いから撤退した

※この「予備選挙」の解説は、「1956年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「1956年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1956年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:40 UTC 版)

1978年自由民主党総裁選挙」の記事における「予備選挙」の解説

この回総裁選からは、国会議員による選挙の前に一般党員党友による予備選挙が行われることになっていた。福田は、国会議員のみの投票派閥談合では田中派支援を受ける大平優位だが、今回一般投票込みなので自分圧倒的に優位である、と確信していた。 自民党本部コンピュータ入力されていた党員名簿持ち出し禁止されていたが、田中派竹下登非公開党員名簿手中に収めていた。竹下予備選導入されてから2年間、自民党全国組織委員長として全国210カ所歩き地方組織予備選システム説明してきた。そして訪ねた先でその都度支部名簿コピーしていた。その名簿を元に東京担当責任者後藤田正晴ローラー作戦展開した秘書2人一組になって都下全域党員宅をシラミつぶし戸別訪問した。 田中秘書早坂茂三命じて電話作戦用の名簿作らせていた。全国知事市町村長正副議長党三役農協漁協商工団体地域企業トップらの名前、住所電話番号書き込まれ名簿幅1メートル50センチ長さ20メートル達していた。 11月1日、予備選挙が告示される田中午後からの来客断り執務室テーブル総動員をして、端から端まで電話リスト並べさせた。靴を脱いでテーブルの上に立ち、赤鉛筆をもって電話作戦開始した連日9時まで電話をかけ続けた田中福井県鯖江市眼鏡協同組合専務理事にまで電話した伝えられている選挙期間中、新聞各紙福田僅差大平が追うという見方強めたその中で田中角栄は50-60点差大平勝利するだろうと述べたが、この時点ではかなり強気な読みであると受け取られた。 11月26日、予備選挙実施郵便投票開票される。 11月27日開票結果発表され大平福田110点差をつけて1位通過した劣勢とみられた東京での逆転劇大平勝利つながった青嵐会などは「最後まで戦うべきだ」と進言したが、福田は「総理大臣自分で言ったことを覆すわけにはいかない」として本選降り大平当選した自民党史上現職総裁選敗れたのは、福田赳夫ただ一人である。 勝利した大平は、「一瞬意味のある時もあるが、10年何の意味も持たないこともある。歴史とはまことに奇妙なものだ」という言葉を残している。一方福田は、「天の声たまには変な声がある」と語った。 この予備選挙では、県内得票3位下の候補はその県での点数ゼロとなる規定があった。そのため、本選進出可能性が低い見られていた中曽根河本2位以上を取る県において、大平福田いずれかが2位以上に食い込めればもう片方がその県ではゼロ点となり、首位を争う大平福田間の差が大きくなった。具体的には、事前予想福田1位中曽根2位北海道59点)・東京都102点)で大平2位食い込めるか、河本首位堅いとされた兵庫県長崎県2位誰が取るかが焦点となっていた。

※この「予備選挙」の解説は、「1978年自由民主党総裁選挙」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「1978年自由民主党総裁選挙」の記事については、「1978年自由民主党総裁選挙」の概要を参照ください。


予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/16 06:02 UTC 版)

1972年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「予備選挙」の解説

ニクソン1972年選挙でも、保守的有権者支持が厚い現職大統領であり、中国とのデタント成功しソビエト連邦との緊張緩和にも取り組んでいるとみられていた。。ニクソンは、選挙後厳しい批判浴びたウォーターゲート事件最初の兆しにも、肩をすくめてみせただけだった世論調査は、ニクソン大きなリード取っていることを示した2人の弱い候補者カリフォルニア州出身リベラル派、ピート・マクロスキーとオハイオ州出身保守右派、ジョン・アッシュブルックの挑戦受けたマクロスキーは「反戦と反ニクソン」で出馬しアッシュブルックニクソン中華人民共和国ソビエト連邦との緊張緩和政策反対した。ニューハンプシャー州予備選挙マクロスキーの平和綱領投票数11%を獲得し対すニクソン83%、アッシュブルックは6%だった。 ニクソン共和党全国大会代議員票1324票のうち1323票を獲得しマクロスキーニューメキシコ州代議員1票を得た

※この「予備選挙」の解説は、「1972年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「1972年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1972年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 23:14 UTC 版)

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス」の記事における「予備選挙」の解説

2018年6月26日行われた予備選挙でオカシオコルテスは57.13% (15,897票)を獲得、ジョー・クローリーは 42.5% (11,761票)で、10期下院議員つとめた現職候補におよそ15ポイントの差をつけて当選したタイム誌はこの勝利を2018年行われたこれまでの選挙最大の番狂わせだ」とし、CNN同様に報じたニューヨーク・タイムズ紙クローリー敗北を「火曜日におきた、衝撃的な予備選敗北過去10年上でもっとも重要な意味を持つ民主党現職落選で、党を越え国中影響与えていくであろう」と伝えたガーディアン紙は「近年アメリカ政治史における最大の番狂わせのひとつ」とした 。選挙費用支出クローリー18分の1であったことは特に驚きをもって受け止められた。メリアム=ウェブスター調べでは、オカシオコルテス当選後socialism社会主義)」という言葉の検索数がそれまで1500%となったオカシオコルテスアウトサイダー部外者的な立場にあると言われる通り選挙当日午後11時になってクローリーオカシオコルテス電話していない。オカシオコルテスは「クローリー私の電話知らなかったはず。私もクローリー番号知らないですし。」としている。ただし選挙当日夕方、アマチュア・ギタリストでもあるクローリー支援者集会ブルース・スプリングスティーンの『明日なき暴走Born to Run)』という曲オカシオコルテス捧げるとして演奏しており、これが事実上の敗北宣言であったバーニー・サンダースも「(オカシオコルテスは)選挙区民主党既成層の支持得て確固たる勝利を収めた進歩派の、草の根政治家に何ができるかを改め証明した」と祝辞送ったノーム・チョムスキーはその勝利を目を見張るような、そしてとても重要な出来事だ」と述べている。オカシオコルテス勝利民主党の分裂を示すものとするチョムスキーは「オカシオコルテス示した政治家像は、非常に幅広い層に訴求力があるとみるのが正当である」と述べている。 オカシオコルテス勝利を2014年バージニア州第7選挙区共和党予備選挙でティーパーティー運動支持を受けてでエリック・カンター議員破ったデイブ・ブラットになぞらえる政治評論家もいる。カンタークローリーと同様に党の有力者であった。予備選挙後、オカシオコルテス全国他の予備選進歩派候補者支持し当選望みが薄い候補者に対して自身の知名度頼りに支援行ったまた、選挙活動行わなかったが、アメリカ合衆国改革党英語版)のニューヨーク州15区予備選22の候補者の中から記入投票候補者に選ばれている。オカシオコルテスは、支持してもらったことには感謝したいしながら同党指名断っている

※この「予備選挙」の解説は、「アレクサンドリア・オカシオ=コルテス」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「アレクサンドリア・オカシオ=コルテス」の記事については、「アレクサンドリア・オカシオ=コルテス」の概要を参照ください。


予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 01:46 UTC 版)

1964年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「予備選挙」の解説

共和党1964年にその保守右派と、中道保守との間でひどく分裂した。元副大統領リチャード・ニクソン1960年大統領選挙ケネディかなりの接戦演じたうえで敗れその後1962年カリフォルニア州知事選挙でも敗れたために出馬しないことにした党主流派ニクソン共和党両派との結び付きがあり、1960年の時は両派をまとめることができた。ニクソンがいなければ両派指名求めて全面的な政治的内戦状態になることは明らかだったアリゾナ州選出合衆国上院議員バリー・ゴールドウォーター保守右派の代表だった保守派伝統的にアメリカ合衆国中西部地盤にしていたが、1950年代からは南部西部でも力を付けていた。低い税金個人の権利企業利益支持する小さな連邦政府支持し社会福祉プログラムには反対していた。また、北東部地盤がある中道派君臨に不満を抱いていた。1940年以来東部中道派共和党党大会保守派指名候補者を破り続けていた。保守派は、東部中道派その哲学政府対処するやり方民主党左派大差ない思っていた。共和党指名を得るためにゴールドウォーターの主要対抗馬は、ニューヨーク州知事長い間共和党中道派指導者であるネルソン・ロックフェラーだった。ロックフェラーゴールドウォーターによって指名争いから追い出されたときに、党中道派ペンシルベニア州知事ウィリアム・スクラントンに乗り換えて、彼ならばゴールドウォーター止められる期待したニューハンプシャー州予備選挙ではロックフェラーゴールドウォーターが有力と考えられていたが、記名投票で候補者名簿には載っていない候補にも投票出来たことから1960年大統領選挙ニクソン副大統領候補だったヘンリー・カボット・ロッジJr.南ベトナム大使(元マサチューセッツ州選出合衆国上院議員)が勝利。更にマサチューセッツ州ニュージャージー州予備選挙でもロッジ勝利したものの、彼自身大統領候補としての指名求めない宣言する至りロッジへの支持止んだゴールドウォーターニューハンプシャー州敗れたにも拘らず選挙運動続けイリノイ州テキサス州およびインディアナ州の予備選挙でほとんど反対無く勝利しネブラスカ州の予備選挙ではニクソン担ぎ出しという手ごわい挑戦にも勝ったゴールドウォーター多くの党員集会でも勝利し、さらに多くの代議員集めた一方ロックフェラーウェストバージニア州オレゴン州の予備選挙でゴールドウォーター勝利しスクラントン出身州であるペンシルベニア州勝利したロックフェラースクラントン大半北東部だが幾つかの党員集会勝利したロックフェラーゴールドウォーター天王山カリフォルニア州予備選挙だった。1963年ロックフェラーは突然妻と離婚してその後間もなくかなり若い女性再婚した時に不快な報道を受けていた。その女性ハッピー・マーフィーがロックフェラー再婚する前に突然前夫離婚していた事実があり、ロックフェラーは彼女と婚外交渉があったという噂が流れた。このことは共和党内の多くの社会保守主義者を怒らせ、その多くロックフェラーが「他人の妻を寝取った」と囁いたこれらの告発にも拘らずロックフェラーカリフォルニア州世論調査大半ではゴールドウォーターリードしており、予備選挙の数日前にその新妻息子ネルソン・ロックフェラー・ジュニアを出産した時は勝利に向かっていた。その息子誕生不倫問題前面かつ中心に押し出すことになり、ロックフェラー急速に世論地盤失ったゴールドウォーター51%対49%という僅差で予備選挙を制し重大な対抗馬でありなんとか指名争い残っていたロックフェラー排除した

※この「予備選挙」の解説は、「1964年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「1964年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1964年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


予備選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 14:18 UTC 版)

人民連合 (スペイン)」の記事における「予備選挙」の解説

人民連合首相下院議会議員および上院議会議員の各候補選出するためのすべての希望者に対して開かれた予備選挙が開催された。議員候補選出には比例候補のためのDowdall方式により、候補者リストへの順位決められるが、最終的には男女バランス考慮して調整されることになる。 予備選挙の結果は、投票総数24,615票の内IUアルベルト・ガルソン得票数23,712票(96%)で、他の13人の候補者に対して圧倒的な支持得て選挙連合首相候補選出された。

※この「予備選挙」の解説は、「人民連合 (スペイン)」の解説の一部です。
「予備選挙」を含む「人民連合 (スペイン)」の記事については、「人民連合 (スペイン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「予備選挙」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「予備選挙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



予備選挙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「予備選挙」の関連用語

予備選挙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



予備選挙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予備選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1956年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、1978年自由民主党総裁選挙 (改訂履歴)、1972年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス (改訂履歴)、1964年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、人民連合 (スペイン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS