リトル・ダンサーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > リトル・ダンサーの意味・解説 

リトル・ダンサー

原題:Billy Elliot
製作国:イギリス
製作年:2000
配給:日本ヘラルド映画
スタッフ
監督:Stephen Daldry スティーヴン・ダルドリー
製作:Greg Brenman グレッグ・ブレナン

Jon Finn ジョン・フィン
製作総指揮:Natascha Wharton ナターシャ・ワートン

Charles Brand チャールズ・ブランド

Tessa Ross テッサ・ロス

David M.Thompson デヴィッド・エム・トンプソン
脚本:Lee Hall リー・ホール
撮影:Brian Tufano ブライアン・テュファノ
作曲:Stephen Warbeck スティーヴン・ウォーベック
美術:Maria Djurkovic マリア・ジャコヴィック
編集:John Wilson ジョン・ウィルソン
衣装(デザイン):Stewart Meachem スチュアート・ミッチャム
振り付け:Peter Darling ピーター・ダーリング
字幕:戸田奈津子 トダナツコ
キャスト(役名
Jamie Bell ジェイミー・ベル (Billy
Julie Walters ジュリー・ウォルターズ (Mrs.Wilkinson)
Gary Lewis ゲイリー・ルイス (Dad
Jamie Draven ジェイミー・ドラヴェン (Tony
Jean Heywood ジーン・ヘイウッド (Grandma
Stuart Wells ステュアート・ウェルズ (Michael
Mike Elliot マイク・エリオット (George Watson
Nicola Blackwell ニコラ・ブラックウェル (Debbie
Colin Maclachlan コリン・マクラクラン (Mr.Wilkinson)
Janine Birkett ジャニーヌ・バーケット (Billy's Mum
Merryn Owen メリン・オーウェン (Michael(aged 25))
Adam Cooper アダム・クーパー (Billy(aged 25))
解説
バレエ・ダンサー志願少年成長を描く感動作。監督演劇界で活躍するスティーヴン・ダルドリー脚本リー・ホール撮影は「チューブ・テイルズ」のブライアン・トゥファーノ。美術は「スライディング・ドア」のマリア・ジュルコヴィック。衣裳は「ベント 堕ちた饗宴」のステュワート・ミーチェム。出演オーディションで選ばれたジェイミー・ベル、「ステッピング・アウト」のジュリー・ウォルターズ、「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のゲアリー・ルイス、「エブリバディ・ラブズ・サンシャイン」のジェイミー・ドラヴェンほか。特別出演世界的トップ・ダンサーのアダム・クーパー
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1984年ストライキ揺れイングランド北部炭坑町。母親亡くし、父(ゲアリー・ルイス)も兄のトニージェイミー・ドラヴェン)も炭坑労働者ビリージェイミー・ベル)は、ボクシング教室通っているが、試合負けてばかり11歳。そんな時、偶然目にしたウィルキンソン夫人ジュリー・ウォルターズ)のバレエ教室強く惹かれ、女の子たちに混じって練習するうちに夢中になっていく。ウィルキンソン先生はどんどん上達するビリー自分が果たせなかった夢を重ね合わせ熱心に彼を教える。しかし、家族の金をバレエに使っていたことがバレてしまい、父は激怒ビリー悔しさをぶつけるように、一人で踊っていた。だが、ストライキが長引き町中が暗く沈んでいるクリスマスの夜親友マイケルステュアート・ウェルズ)の前で踊るビリーの姿を見て息子素晴らし才能初めて気づいた父は、彼をロンドン名門ロイヤル・バレエ学校入学させる費用を稼ぐため、スト破り決意する。それは仲間たちへの裏切り行為であった。だがスト破り労働者を乗せたバス中に父を見つけたトニーが、バス追いかけて必死止め、父は泣き崩れる。その事情を知った仲間たちカンパしてくれ、ビリー学校に行くことができた。15年後。バレエ・ダンサーになったビリーアダム・クーパー)は、父と兄とマイケル客席にいるウエスト・エンド劇場舞台で、スポットライトに包まれながら堂々と踊るのであった。

リトル・ダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/07 02:59 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
リトル・ダンサー
Billy Elliot
監督 スティーブン・ダルドリー
脚本 リー・ホール
製作 グレッグ・ブレンマン
ジョン・フィン
製作総指揮 ナターシャ・ワートン
チャールズ・ブランド
テッサ・ロス
出演者 ジェイミー・ベル
ジュリー・ウォルターズ
アダム・クーパー
音楽 スティーヴン・ウォーベック
撮影 ブライアン・テュファーノ
編集 ジョン・ウィルソン
製作会社 BBCフィルムズ
タイガー・アスペクト・ピクチャーズ
スタジオカナル
WT2プロダクションズ
配給 イギリスの旗 BBCフィルムズ
日本の旗 角川ヘラルド映画
公開 イギリスの旗 2000年9月29日
日本の旗 2001年1月27日
上映時間 111分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 $109,280,263[1]
テンプレートを表示

リトル・ダンサー』(Billy Elliot)は、2000年BBCフィルムズにより劇場公開されたイギリスの映画である。

1984年イギリス北部の炭鉱町を舞台に、一人の少年が当時女性のためのものとされていたバレエに夢中になり、性差を超えてプロのバレエ・ダンサーを目指す過程を描いた作品である。キャッチコピーは、「僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?」。映画のジャンルは主に音楽・青春・ドラマに大別される。

概要

ロンドンロイヤルコート劇場の芸術監督を経て、ブロードウェイなど100本を超える舞台のほか、BBCラジオドラマテレビドラマの製作および演出を手がけてきたスティーブン・ダルドリーの長編映画第1作である。舞台出身ならではの大胆かつ独特と言える演出方法を存分に生かした同作で、ダルドリーは第1作にして早くもオスカー候補に名を連ねた。

「イギリス北東部の訛りを持つ、ダンスが得意な少年」という出演条件を満たし、約2,000人の候補から選出されたジェイミー・ベルは6歳から始めたダンスを披露し、卓越した演技力と共に賞賛を受け、15歳で英国アカデミー賞とロンドン批評家協会賞の主演男優賞を受賞した。ベルがダンスをするシーンのBGMには日本でも知名度の高いT・レックスザ・ジャムといったイギリス出身のアーティストによる楽曲が使用され、さらに世界的バレエダンサーであるアダム・クーパーが特別出演したことも大きな話題を呼んだ。

ボクシングを習っている少年がふとしたきっかけでバレエの虜となり、少女に混じりプロを目指すストーリーと、コメディの様相を見せながらもそこで展開される親子愛を中心とした温かみのある人間ドラマは、全世界で高く評価され、日本においても第13回東京国際映画祭で特別招待作品として上映されるなどした。500万ドルという低予算の作品であったが、結果的にその20倍近い1億ドル超の興行収入を記録した。イギリス内外問わず、約50の映画賞で100部門に迫るノミネートを受け、50近い賞を受賞した。

ストーリー

1984年。イングランド北部・ダーラムの炭鉱町エヴァリントンに住むビリー・エリオットは、炭鉱夫である父と兄のトニー、そして軽度の認知症を患う祖母と一緒に暮らしている。母はビリーが幼い頃に亡くなっていた。当時のイギリスは炭鉱不況の真っ只中で、父とトニーはストライキ(en)に参加していた。父はボクシングの熱烈なファンであり、近所のジムにビリーを通わせている。しかしビリー自身は、殴り合うというボクシングの特性に馴染むことができなかった。

そんなある日、ボクシング・ジムの隅でバレエ教室が開かれることになった。もともと音楽が好きであったビリーは、音楽に合わせて優雅に踊るバレエに魅せられ、密かに教室に参加しコーチであるウィルキンソン夫人の指導を仰ぐ。ウィルキンソン夫人はビリーにバレエの才能を見いだし、ビリーも上達していく。

しかし、内緒のバレエ教室通いを知った父は激怒し、親子には亀裂が走る。ビリーから亡き母の手紙を見せられたウィルキンソン夫人は、彼女を偲ぶ。ストは長引き過激化し、リーダー格の兄トニーは警察に逮捕される。ウィルキンソン夫人はビリーにオーディションを受けさせようとするが、家族の苦境を目の当たりにしたビリーはそれに従うことができない。ビリーの才能を訴えるウィルキンソン夫人に対し、父は「ビリーをあんたの暇つぶしのおもちゃにするな」と言い放つ。

クリスマス、亡き妻の思い出から逃れようと形見のピアノを燃やす父。閉塞感に満ちた空気の中、外に出たビリーは無心に踊る。父はその姿に才能を確信し、ビリーの望みを叶えることを決意する。翌日、父はスト破りの列に加わる。トニーは激怒するものの、事情を知った炭鉱仲間がカンパをし、ビリーはロンドンロイヤル・バレエ学校を受験することができる。

14年後、父とトニーが駆け付けた大劇場で、ビリーが「白鳥の湖」を踊る。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

ミュージカル

本作に基づいたエルトン・ジョン作曲のミュージカル (Billy Elliot the Musical) も製作され、高い評価を受けている。2005年、ウェスト・エンドヴィクトリア・パレス劇場英語版で上演が始まり、翌年のローレンス・オリヴィエ賞で最優秀新作ミュージカル賞・最優秀作曲賞・最優秀振付賞など主要な賞を総なめにした。ビリー役を演じた子役3人は最優秀主演賞を史上初の同時受賞し、ビリー役の一人で当時13歳だったリアム・モワー英語版は史上最年少での受賞になった。2008年にはブロードウェイでも上演開始され、第63回トニー賞ミュージカル作品賞をはじめ、主演男優賞・演出賞など10部門を独占し、この回の最多受賞となった。主演男優賞ではビリー役を演じた子役3人が演技部門で史上初同時受賞を果たした。ブロードウェイでは2012年に上演を終了したが、その後もツアー(全米巡業)での上演が続けられている。ロンドン、ウェスト・エンドでは2013年の段階で通算観客動員数は400万人を越えようというほどの好評を得たが、2016年4月に劇場の改修工事のため公演を終了した。

日本では『ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー』のタイトルで、現地時間2014年9月28日のロンドン公演が字幕付きでTOHOシネマズ日劇を皮切りに順次上映された。この公演では、現在のビリー役の他、歴代のビリー役を務めた全27人が共演しており、このバージョン向けの特別フィナーレも行われた。[2]

このほか、オーストラリア(初演2007年)、アメリカ合衆国(2008年)、韓国(2010年)、ノルウェイ(2014年)、オランダ(2014年)、デンマーク(2015年)など多くの国で各国キャストによるローカル版が製作された。

日本での上演

ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』(ビリーエリオット リトルダンサー)のタイトルで、2017年に赤坂ACTシアター梅田芸術劇場メインホールにて上演。キャストはオーディションを経て選出され、主役となるビリー役はクラシック・バレエ、タップダンス、アクロバット、歌など、約1年間のトレーニングとオーディションを経て決定。クラシック・バレエはKバレエスクールタップダンスHIDEBOHが主宰するHiguchi Dance Studioが、アクロバットをコナミスポーツが全面協力した[3][4]。オーディションの様子は、TBS系『アカデミーナイトG』の2016年12月22日(21日深夜)放送で特集された[5]

2016年12月18日、記者会見で応募総数1,346人の中から選出された主人公のビリー役のキャスト4名が発表され[6]、翌年5月に1名の追加が発表された[7]

キャスト(日本版舞台)

主な受賞

日本国内で正規に販売されているDVD

  • 『リトル・ダンサー DTSエディション』(2005年3月25日発売)
  • 『リトル・ダンサー コレクターズ・エディション』(2005年12月22日発売)

出典

関連項目

外部リンク


リトルダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 10:11 UTC 版)

リトルダンサーとは、アルナ工機(現・アルナ車両)・東芝住友金属工業(現・新日鐵住金)・東洋電機製造・ナブコ(現・ナブテスコ)で共同開発された、超低床型路面電車車両シリーズの呼称である。1999年よりアルナ工機において超低床路面電車の開発プロジェクトが開始され、2001年より量産が開始された。この「リトルダンサー」という呼称には、「躍動的で可愛らしい小さな踊り子『Little Dancer』のイメージ」と共に、「床の『段差が小さい』路面電車」という意味合いが含まれている[1]

共通仕様

シーメンス社製のコンビーノシリーズや日本製のJTRAM等の超低床車両に使われている車軸のない独立車輪式台車ではなく、従来型の軸付き車輪の台車を用いることによって安定した走行性能を確保すると共に、いわゆる交通バリアフリー法軌道法に準拠した設計としている。車両に使用されている部品はすべて日本製である。複雑な駆動方式を用いていないため、在来の路面電車車両に近い保守が可能である。

バリエーション

現在、リトルダンサーシリーズには、運用する各事業者の用途と仕様に応じて合計8つのタイプがある。

タイプS

従来のボギー車両の構造をとる単車型の車両で、台車を車端に寄せることで客室部の低床化を図ったタイプ。Sは"Short"を意味する[2]。このタイプであれば、在来車の機器を用いて車体更新車として製造することも可能である。低床部分の客室床面高さは350mmである。ただし、台車の部分で段差が発生することがどうしても避けられないことと、乗車定員が他の低床車と比べて少ないという弱点がある。2002年3月より伊予鉄道モハ2100形電車として営業を開始した。また、2007年11月から2008年3月までの間は札幌市電にて、2009年11月にはJR四国の本線上にてそれぞれ試験走行を行った鉄道総合技術研究所(鉄道総研・JR総研)の架線/電池ハイブリッド電車LH02形「Hi-Tram」が、このタイプの車体を用いている。

2017年9月には2100形の改良型であるモハ5000形電車が伊予鉄道に導入され、2100形よりも定員が増えた他、通路幅も拡げられた[3]

2018年秋には札幌市電に於いて同タイプ1両の導入が予定されている[4]

タイプL

土佐電気鉄道(現・とさでん交通)が導入したタイプ。Lは"Long"を意味し、車体長が17mと比較的長い[5]。タイプSの中央部に台車つきの中間車両を配したような形の3車体3台車型の連接車で、客室床面高さは両端車体で350mm、中間車で480mmである。定員は71名。2002年4月より土佐電気鉄道100形電車として営業運転を開始した。

タイプA3

鹿児島市交通局が2002年1月に1000形電車で採用したタイプ(日本初の国産超低床車)。日本で国内向けに作られた路面電車車両で、初めて70%低床となった車両である。A3のAは"Articulated"(=関節)を意味する[6]。中間車がフローティング構造となっている3車体2台車型連接車で、客室床面高さは330mmである。電動ばねブレーキ(EBI)を装備しており、エアは一切使用しない。カーブでの車体中央部の張り出しを避けるため、台車のある運転席モジュールの間に客室モジュールを挟む方式をとったことから、車内の総床面積に対する客室床面積の比率は少ない。伊予鉄道モハ2100形電車のように運転台後部に座席を設けることも可能であるが、鹿児島市交通局では客室内の段差は危険として設けていない。

タイプA5

2007年4月に営業を開始した鹿児島市交通局7000形で採用されたタイプ。両端の運転台モジュールの間に、客室部分となる台車付の中間車と2つのフローティング車体を組み込んだ5車体3台車型連接車である。車体長は18メートル。定員は78名と先に導入された1000形に比べ、大幅に増加した。

タイプU

長崎電気軌道3000形構造概要図

タイプA3同様、中間にフローティング車体を採用した3車体2台車型連接車で、電動ばねブレーキを装備している。Uは"Ultimate"(=究極)を意味し、リトルダンサーシリーズの集大成的な位置づけとされる[7]。他のタイプと同じく在来型の車軸付き車輪の台車を用いるが、主電動機を車体(運転台下部)に装架し、継ぎ手で車軸を駆動する方式(車体装架カルダン駆動方式)を採用。それまで他のタイプではできなかった、車軸付き動力台車部の低床化を実現した100%低床車である。客室床面高さは低床部で380mm、台車上で480mmである。2004年3月より長崎電気軌道3000形電車として営業運転を開始した。

タイプUa

リトルダンサーシリーズの中で一番多く導入されているタイプである。車体構造は基本的にタイプUとほぼ同様の3車体2台車型連接車であるが、ブレーキ装置は電動バネ式 (EBI) ではなく、空気ブレーキを装備している。このため、中間の車体(C車)の座席下部分に電動空気圧縮機を搭載している。また、軌間が狭軌 (1067mm) の仕様の車両においては、主電動機と車軸をつなぐ継ぎ手を台車枠の外側に配することにより、台車部の車内通路幅を交通バリアフリー法に対応する 820mm を確保している。豊橋鉄道T1000形電車(2008年12月営業運転開始)、富山地方鉄道T100形電車(2010年4月営業運転開始)、長崎電気軌道5000形電車(2011年2月営業運転開始)、札幌市交通局A1200形電車(2013年5月営業運転開始)、阪堺電気軌道1001形電車(2013年8月営業運転開始)、筑豊電気鉄道5000形電車(2015年3月営業運転開始)、とさでん交通3000形電車(2018年3月営業運転開始)に、このタイプが採用されている。

タイプC2

タイプUの車両から中間フローティング車体を取り除いたような車体構造をとる、2車体2台車型連接車である。C2のCは"Combination"を意味する[8]。ブレーキ装置は空気ブレーキを装備している。また、ドアはプラグドアではなく、従来型の引戸と折戸が使用されている。2007年3月より営業運転を開始した函館市交通局9600形電車に、このタイプが採用されている。

タイプX

従来のリトルダンサーとは異なる発想で開発が進められた車両で、世界最小クラスのモーターを使用する事で従来車両と同じWNドライブ[9]での100%超低床と、事業者から要望が多かった全席ロングシートも実現した。2車体2台車の連接車両であるが、事業者からの要望に合わせて4車体連接も可能となっている[10]。2017年3月30日に鹿児島市電に導入した鹿児島市交通局7500形「ユートラムⅢ」で採用された[11][12]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急阪神研究所 研究員のマメ辞典:リトルダンサー - 阪急阪神ホールディングス(2014年8月8日時点のアーカイブ
  2. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、2016年、46頁。
  3. ^ “ゆったり乗車できます 松山・伊予鉄路面電車に新型LRT5000系車両導入”. 産経新聞. (2017年9月25日). http://www.sankei.com/west/news/170925/wst1709250023-n1.html 2018年1月25日閲覧。 
  4. ^ “札幌市電に4両目低床車両 今秋にも4年ぶり導入”. 北海道新聞. (2018年1月15日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/156512 2018年1月25日閲覧。 
  5. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、2016年、47頁。
  6. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、2016年、45頁。
  7. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、2016年、47頁。
  8. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、2016年、48頁。
  9. ^ 東洋電機製造ニュースリリース
  10. ^ 『路面電車EX 2017 Vol09』 イカロス出版、2017年、5-7頁。ISBN 978-4-8022-0326-5
  11. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.08』 イカロス出版、44頁。ISBN 978-4-8022-0243-5
  12. ^ 『路面電車年鑑2017』(イカロス出版)16頁

関連項目






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リトル・ダンサー」の関連用語

リトル・ダンサーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

かんらん石

メリヤス編み

立鶴図小柄

ナラサモ

孟宗竹

チャナメツムタケ

袖志

等値線





リトル・ダンサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリトル・ダンサー (改訂履歴)、リトルダンサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS