日本の人口とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の人口の意味・解説 

日本の人口統計

(日本の人口 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 14:58 UTC 版)

日本の人口統計(にほんのじんこうとうけい)は、総務省統計局がまとめる国勢調査(国調)または各都道府県による人口統計値を表したもの。日本の総人口は、2021年10月1日の時点で125,502,290人である[1]。これは世界11位に相当し、1億人以上の人口を抱える14か国のうちの一つである[注釈 1]


注釈

  1. ^ 国の人口順リストの項を参照。
  2. ^ ただし、丙午であった1966年(昭和41年)は出生数138万人、合計特殊出生率は1.58であった。

出典

  1. ^ a b “参考表 全国人口の推移 - 総人口(確定値)” (PDF). 人口推計 2022年(令和4年)3月報 (総務省統計局): 2. (2022年3月22日). https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202203.pdf 2022年3月25日閲覧。. 
  2. ^ 厚生労働省・2020年概況, p. 5.
  3. ^ a b “Ⅰ 我が国の人口・世帯数” (PDF). 令和2年国勢調査 人口等基本集計結果 結果の概要. 総務省統計局. (2021年11月30日). p. 3. オリジナルの2022年2月1日時点におけるアーカイブ。. https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12140602/www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka/pdf/outline_01.pdf 2022年4月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “結果の概要 - 第1表 人口動態総覧” (PDF). 令和2年(2020) 人口等動態統計(確定数)の概況. 厚生労働省 人口動態・社会保健統計室. (2022年2月25日). p. 4. オリジナルの2022年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220325010224/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei20/dl/03_h1.pdf 2022年4月18日閲覧。 
  5. ^ a b “令和2年簡易生命表を公表します” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省 人口動態・社会保健統計室, (2021年7月30日), オリジナルの2022年2月3日時点におけるアーカイブ。, https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12140914/www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life20/dl/life18-14.pdf 2022年4月18日閲覧。 
  6. ^ a b c “Ⅱ 年齢別人口・ 表Ⅱ-2-1 都道府県,年齢(3区分)別人口の割合(2015 年~2020年)” (PDF). 令和2年国勢調査 人口等基本集計 結果の概要. 総務省. (2021年11月30日). p. 25. オリジナルの2022年2月1日時点におけるアーカイブ。. https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12140602/www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka/pdf/outline_01.pdf 2022年4月18日閲覧。 
  7. ^ a b c d “表Ⅰ-2-1 5年前の常住地,年齢(5歳階級),男女別人口-全国(2020年)” (PDF). 令和2年国勢調査 移動人口の男女・年齢等集計結果 結果の概要. 総務省統計局. (2022年2月28日). p. 6. オリジナルの2022年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220307134210/https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka/pdf/outline_05.pdf 2022年4月18日閲覧。  - 年齢(5歳階級)別の表に基づいて算出した。
  8. ^ 親子間の葛藤~親殺し・子殺し 守山正
  9. ^ a b 明治以降の日本の人口の変化
  10. ^ 第1節 若者を取り巻く社会経済状況の変化
  11. ^ a b c 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省. 2011年6月13日閲覧。
  12. ^ 人口問題研究 目次
  13. ^ 【資 料】05 第1回日本人口会議の概要 青木尚雄 PDF
  14. ^ 実は、日本は少子化を目指していた:日経ビジネスオンライン
  15. ^ 日本は今、史上4度目の人口減少・減退期を迎えています | 2030年の「働く」を考える
  16. ^ 「子どもは二人まで」国やメディアが「少子化を推進していた」という歴史的事実(荒川和久) - 個人 - Yahoo!ニュース
  17. ^ 柳沢房子「フランスにおける少子化と政策対応」『レファレンス』、国会図書館、2007年11月、 NAID 40015710824
  18. ^ “2000年には出生数半減”. 東奥日報: p. 3. (1989年10月30日) 
  19. ^ 出生率 東京1.0割る”. YOMIURI ONLINE (2004年6月11日). 2010年7月10日閲覧。
  20. ^ 「30年に1070万人減=労働力人口、昨年比で - 厚労省」 時事通信、2007年11月28日。
  21. ^ 平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省. 2012年4月24日閲覧。
  22. ^ 平成23年 人口動態統計月報年計(概数)の概況”. 厚生労働省. 2012年6月9日閲覧。
  23. ^ 厚生労働省 人口動態調査厚生労働省の発表する人口動態調査には、公表数値から推計した年間推計、月ごとの概数を合計した月報年計(概数)、月報年計に修正を加えた確定数の3種類があり、それぞれ翌年の1月1日、6月上旬、9月上旬に公表される
  24. ^ 令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)を公表します”. 厚生労働省. 2021年6月21日閲覧。
  25. ^ 18年の出生数91.8万人、最低を更新 出生率は1.42”. 日本経済新聞. 2019年7月29日閲覧。
  26. ^ 出生数 最少の94万6000人 出生率1.43、2年連続低下”. 2018年12月22日閲覧。
  27. ^ “出生数、初の100万人割れ”. ロイター. 共同通信. (2016年12月22日). http://jp.reuters.com/article/idJP2016122101001874 2016年12月25日閲覧。 
  28. ^ 日本人の深刻すぎる「セックスレス」をデータで検証する(吉村 泰典) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
  29. ^ 第2章 人口・世帯 2-22 出生、死亡、死産、婚姻及び離婚数、2-25 標準化人口動態率及び女性の人口再生産率(統計局)
  30. ^ “[https://www.stat.go.jp/data/nenkan/index1.html 第六十七回 日本統計年鑑 平成30年 JAPAN STATISTICAL YEARBOOK 2018 68項]”. 2018年10月2日閲覧。
  31. ^ 都道府県別標準化人口動態率:2016年”. 2018年10月2日閲覧。
  32. ^ 人口動態総覧 [58KB]”. 2018年10月2日閲覧。
  33. ^ https://web.archive.org/web/20160327134045/http://www.stat.go.jp/data/nihon/pdf/16nikkatu.pdf#page=7
  34. ^ 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 人口動態総覧の年次推移(厚生労働省)
  35. ^ 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 人口動態総覧(率)の年次推移(厚生労働省)
  36. ^ a b 平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の結果を公表します”. 厚生労働省. 2019年6月7日閲覧。
  37. ^ 第Ⅱ部 夫婦調査の結果概要:2.夫婦の出生力”. 国立社会保障・人口問題研究所. 2019年7月29日閲覧。
  38. ^ 厚生労働省 人口動態調査
  39. ^ 集積の経済による成長戦略と出生率回復は相反するのか” (2014年8月15日). 2019年7月30日閲覧。
  40. ^ 出生率向上も子育て参加も「西日本に学べ」とデータは語る” (2017年2月15日). 2019年7月30日閲覧。
  41. ^ a b 出生力の地域格差の要因分析
  42. ^ コロナ禍以降の出生率低下は東日本が中心~コロナ禍以外による低下にも要注意~
  43. ^ [1]
  44. ^ [2]
  45. ^ 九州各県強気の人口想定 出生率大幅上昇 県外流出はゼロ 国機関の推計上回る (html)”. 2018年11月20日閲覧。
  46. ^ 都市と地方における子育て環境に関する調査等について (html)”. 内閣府. 2019年8月2日閲覧。
  47. ^ 女性の幸せな結婚生活、出生率に影響 男性は関係なし (html)”. 朝日新聞. 2019年8月2日閲覧。
  48. ^ 地域しあわせ風土調査 (pdf)”. 2019年8月2日閲覧。
  49. ^ 『女の幸せ』はやはり出産か 「結婚」「子供は3人」がいい…浮かび上がる現代女性の幸福度、地域別は“西高東低” (html)”. 産経新聞. 2019年8月2日閲覧。
  50. ^ a b Nast, Condé (2007年5月22日). “日本と米国で、男児出生率が謎の減少” (日本語). WIRED.jp. 2022年2月19日閲覧。
  51. ^ a b 血中「鉛濃度」低いと男児の出生減 東北大と国立環境研調査” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2022年2月18日). 2022年2月19日閲覧。
  52. ^ B.R. Mitchell. International historical statistics: Africa. Asia & Oceania 1750–2000.
  53. ^ [3] United nations. Demographic Yearbooks 1948-2010
  54. ^ [4] Archived 2012年2月21日, at the Wayback Machine. Japan Monthly Statistics
  55. ^ [5] table 2-25 Standardized Vital Rates and Reproduction Rates
  56. ^ [6] table 2-7 Trends of Life Expectancies by Age
  57. ^ Japan's birthdate drops to 1.03 million, number of deaths keep increasing” (2013年6月7日). 2017年1月7日閲覧。
  58. ^ “Japanese women have world's longest life expectancy at 86.41 years”. Daily News (New York). (2013年7月25日). http://www.nydailynews.com/life-style/health/japanese-women-icelandic-men-live-longest-article-1.1408778 
  59. ^ “参考表 全国人口の推移 - 日本人人口(確定値)” (PDF). 人口推計 2022年(令和4年)3月報 (総務省統計局): 3. (2022年3月22日). https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202203.pdf 2022年3月25日閲覧。. 
  60. ^ “令和3年末現在における在留外国人数について” (プレスリリース), 出入国在留管理庁, (2022年3月29日), https://www.moj.go.jp/isa/publications/press/13_00001.html 2022年4月4日閲覧。 
  61. ^ 第1表 国籍・地域別 在留資格(在留目的)別 在留外国人(令和2年(2020年)12月末日現在) (Microsoft Excelの.xls)”. e-Stat政府統計の総合窓口. 出入国在留管理庁 (2021年9月21日). 2022年4月18日閲覧。
  62. ^ [7] Population by Age Group and Indices of Age Structure(Excel:29KB)
  63. ^ 人口推計(平成29年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐”. 総務省統計局. 2018年11月24日閲覧。
  64. ^ 国立社会保障・人口問題研究所 「Ⅱ. 都道府県別にみた推計結果の概要に掲載された表」
  65. ^ 推計中央値
  66. ^ 将来推計人口でみる50年後の日本”. 内閣府. 2014年2月8日閲覧。



「日本の人口」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本の人口のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の人口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の人口統計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS