ソースマーキングとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > バーコード用語 > ソースマーキングの意味・解説 

ソースマーキング Source Marking


ソースマーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/22 19:12 UTC 版)

ソースマーキングとは商業用語の一つ。POSシステムの急速な普及により商品にはバーコードが貼り付けられるようになったわけであり、そのバーコードは製造されている工場で貼り付けるということである。この事により商品はバーコードが貼り付けられた状態で出荷や流通が行われるようになった。これに対して販売店でバーコードを貼り付けることはインストアマーキングとよばれる。家電業界では1986年よりカタログに掲載されているすべての商品でソースマーキングが行われるようになり、1980年代にはレジを通す商品のほぼ全部にソースマーキングが実施された。現在では業務用機器や工事を必要とする商品の中にはソースマーキングがされていない商品も存在する場合がある[1]




「ソースマーキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソースマーキング」の関連用語

ソースマーキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソースマーキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2019 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソースマーキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS