飼料添加物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 添加物 > 飼料添加物の意味・解説 

飼料添加物

家畜飼料安全性確保品質維持のため、1)飼料品質低下防止する(防かび剤抗酸化剤乳化剤など)、2)飼料栄養成分有効成分補給する(ビタミンミネラルアミノ酸など)、3)飼料含まれる栄養成分家畜への有効利用促進する(抗生物質酵素生菌剤など)ことを目的として用いられる物質で、農林水産大臣により153品目指定されています(平成19年10月)。飼料添加物を含む飼料使用原因畜産物生産阻害されたりヒトに有害な畜産物生産されたりすることを防止するため、飼料添加物について、製造使用保存方法表示基準成分規格定められており、これに適合しないものは飼料添加できません。

飼料添加物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/07 21:21 UTC 版)

飼料添加物(しりょうてんかぶつ)とは、飼料の品質保持や栄養補助などの目的で添加・混和されている薬剤栄養素の総称。飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律に基づき、2004年10月時点で153種類が農林水産省から指定を受けている。食品中への残留に関しては、残留農薬等に関するポジティブリスト制度により基準が定められている。




「飼料添加物」の続きの解説一覧



飼料添加物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飼料添加物」の関連用語

飼料添加物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飼料添加物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2019 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飼料添加物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS