防黴剤とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 防黴剤の意味・解説 

ぼうかび‐ざい〔バウかび‐〕【防×黴剤】

カビ発生繁殖抑える薬剤工業用、食品用があり、カビ以外にも広く真菌細菌などに効くものを含むことがあるぼうばいざい。


ぼうばい‐ざい〔バウバイ‐〕【防×黴剤】

ぼうかびざい(防黴剤)


防黴剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 08:15 UTC 版)

防黴剤(ぼうばいざい/ぼうかびざい)とは、カビの発生または増殖を防ぎ、あるいは除去するための薬剤。普通は工業用途、食品用途(食品添加物ポストハーベスト農薬も含む)あるいは飼料添加物に用いるものを指す。工業用途では「ぼうばいざい」、食品用途では「防かび剤」「かび防止剤」などと呼ぶ場合が多いが、特に決まりはない。




「防黴剤」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「防黴剤」の関連用語

防黴剤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



防黴剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防黴剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS