カカオ脂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > カカオ脂の意味・解説 

カカオ

カカオ
科名 アオギリ科
別名: カカオノキ
生薬名: カカオシ(カカオ脂)
漢字表記 -
原産 南米
用途 アフリカ南米栽培される常緑小高木種子醗酵乾燥させたものがカカオ豆といい、チョコレ-トココア原料とします。脂肪分をカカオ脂と呼び融点体温に近いので、坐薬基剤とします。
学名: Theobroma cacao L.
   

カカオ脂

カカオ種子から圧搾法により得られる固体脂でカカオバター呼ばれる種子は赤褐~暗褐色で、1.5~2.5cmの楕円形特有の芳香収斂苦味があり、チョコレート・ココアなどの原料として世界各国輸出される。種子含油量は5057%で、得られたカカオ脂の特有芳香チョコレートなどの食品に好ましいので、通常精製脱臭などの処理を行わずにチョコレート製造に用いる。
圧搾粕は、残油20程度であるが、ココア製造に向けられる融点3235比重d0.882~0.883、屈折率n1.456~1.458、酸価1~4、鹸化価190198沃素価3340、不鹸化0.1~1.0%であり、脂肪酸組成 の例は、沃素価36.8のもので、パルミチン酸24.4%、ステアリン酸35.4%、オレイン酸38.1%、リノール酸2.1%である。グリセライド組成SSS 3%、SOS80%、SLinS 6%、SOO+OSO 10%、SOLin+OOO 1%である(Sは飽和酸、Oはオレイン酸Linリノール酸)。用途チョコレート主成分として欠かせないほか製菓用、薬用化粧用に用いられる。
カカオ脂
生産国西アフリカ中南アメリカ西インドスリランカインドネシア



カカオ脂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カカオ脂」の関連用語

カカオ脂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カカオ脂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2020

©2020 Weblio RSS