ドラGO!とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラGO!の意味・解説 

ドラGO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 00:33 UTC 版)

ドラGO! -DRIVE A GOGO!-』(ドラゴー!)は、1998年10月4日から2016年9月25日までテレビ東京ほか系列局で放送されていた旅行バラエティ番組である。開始当初から2013年3月31日までは『ドライブ A GO!GO!』(ドライブ・ア・ゴー!ゴー!)のタイトルで放送され、2013年4月7日から「ドラGO!」に改題された。




  1. ^ 安全運転を強調するため、車両を運転する出演者が(運転にふさわしくない)サンダル等を履いている場合は、靴に履き替えるシーンも別途追加する。
  2. ^ 多くは若い男性出演者が運転するが、女性が運転するなどの例外もあり。
  3. ^ 公共交通機関を使ったほうが至便なケースもある(都内商店街巡りなど)。
  4. ^ クルー用車両が後続し、運転している様子を後方からも撮影している。
  5. ^ 多くは他愛もないギャグやNGシーンなど。
  6. ^ かつて初代プリウスが番組で使われた際、当時はハイブリッドカーがまだ珍しかったこともあって運転・同乗した出演者がプリウスのハイブリッドシステムを監視するモニターを見て、珍しがってコメントをするといった場面も見られた。 「ドラGO!」へと改称された2013年4月以降、ごく稀にではあるが出演者が使用する車両に対してコメントをすることがある(本番組にて、初めてハイブリッド車に乗車した出演者が、ハイブリッド車特有の走行フィールなどに対してコメントを残すことがある)。また、2013年12月29日放送の特別回では、運転そのものを楽しむスポーツカー(トヨタ・86)が使われたこともあり、出演者がドライブ中のシーンで車両のインプレッションを行う場面が久しぶりに見られた(詳しくは「特別回」の項目を参照)。
  7. ^ 2013年12月29日放送の特別回にて使用された86は、トヨタ自動車が所有する広報車両である。
  8. ^ このうち、FJクルーザーとプリウスPHVは番組に過去1〜2回程度登場している。
  9. ^ リース販売モデル仕様
  10. ^ トヨタが自社開発するチューニングカーブランド。正式名称は「G SPORTS」。
  11. ^ レクサスRXは本番組の開始以来、史上最高価格の車両(当時の販売価格:500万円〜600万円)である。
  12. ^ 2000年頃に、当時発売されたばかりのセリカとMR-Sが1回ずつ使われている。さらにマニュアルトランスミッション(MT)搭載車としては、2002年に使われたカローラ・フィールダー Z AEROTOURERの6MT車以来11年ぶりの登場となった。
  13. ^ 2016年3月まで、毎月第2週は『笑売繁昌!ならCoCo』の再放送が放送されるため、休止となった。
  14. ^ 2008年9月まで日曜0:00 - 0:30(土曜深夜)、2013年3月までは土曜 19:00 - 19:30、 2014年7月までは火曜 23:24 - 23:54に放送されていた。


「ドラGO!」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドラGO!」の関連用語

ドラGO!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラGO!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラGO! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS