06BULLSとは? わかりやすく解説

06BULLS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:59 UTC 版)

06BULLS(ゼロロクブルズ)は、2011年大阪府東大阪市で発足した野球チーム。2011年から旧関西独立リーグ(KANDOK)に加盟し、2012年のシーズンから公式戦に参加した。2013年のシーズン終了後にKANDOKを脱退し、2014年からは兵庫ブルーサンダーズ(現・兵庫ブレイバーズ)とともに設立したさわかみ関西独立リーグ(旧・BASEBALL FIRST LEAGUE<ベースボール・ファースト・リーグ>)に加盟している[2]


  1. ^ チャンピオンシップ勝利による。
  2. ^ 新独立リーグが発足=関西の兵庫とブルズ―野球 - 時事通信2013年12月19日[リンク切れ]
  3. ^ ただし、本拠地の花園中央公園野球場のある東大阪市松原南の市外局番は072である。
  4. ^ a b デイリースポーツ2011年10月20日[リンク切れ]
  5. ^ 06BULLS 村上隆行総監督単独ロングインタビュー - 東大阪バーチャルシティ(2011年10月27日取材)
  6. ^ 過去試合結果 2019年 - 関西独立リーグ
  7. ^ 緊急事態宣言延長による日程・試合開始時刻の変更について - 関西独立リーグ(2021年6月1日)
  8. ^ 【試合中止のお知らせ】6月16日 06 対 神戸三田 - 関西独立リーグ(2021年6月16日)
  9. ^ 試合結果2012年 - 06BULLS
  10. ^ a b 設立2年目のBFLで元近鉄V戦士が指揮 06BULLSを例に見る独立リーグから、NPB選手輩出を目指す球団運営 - BASEBALLCHANNEL(2015年4月4日)
  11. ^ 大阪府内における特定非営利活動法人認証状況(大阪府ウェブサイト)に掲載されている「認証法人一覧表」によると、「認証日」は2012年12月10日である。
  12. ^ 球団公式ホームページプレスリリース
  13. ^ レギュラーシーズン優勝チームも「優勝」であるため、このシーズンは優勝チームが2球団発生した。
  14. ^ 水永新代表、新理事から皆様へ - 06BULLS(2016年3月30日)
  15. ^ 村上監督退任、ならびに新監督就任のお知らせ - 06BULLS(2018年11月6日)
  16. ^ 桜井広大コーチ就任のお知らせ - 06BULLS(2019年8月1日)
  17. ^ 【公示】06ブルズ支配下登録並び、コーチ登録 - 関西独立リーグ(2019年8月10日)
  18. ^ “チャンピオンシップ 06ブルズ vs 兵庫BS 20191015 -花園”. 東大阪バーチャルシティ. (2019年10月17日). https://www.h-osaka.com/hblog/cs20191015/ 2019年10月19日閲覧。 
  19. ^ 試合延期について - 関西独立リーグ(2020年7月14日)
  20. ^ 選手の新型コロナウイルス感染症の陽性判定のお知らせ - 関西独立リーグ(2020年7月16日)
  21. ^ 新シーズン(2021年度)に向けて - 06BULLS(2020年11月6日)
  22. ^ 新任コーチの挨拶”. 06ブルズ (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  23. ^ “藤井秀悟氏がゼロロクブルズGM補佐に就任 投手コーチ兼任、新天地で指導者デビューへ”. サンスポ. (2021年11月12日). https://www.sanspo.com/article/20211112-MT4KTYEHYZMO5FEK66N2HD2JBU/ 2021年11月12日閲覧。 
  24. ^ FC大阪がプロ野球関西独立リーグの06BULLSと提携 - サッカーなう2013年3月28日
  25. ^ 06ブルズ&ドラゴンゲート チャリティ野球
  26. ^ 06BULLS BFL優勝祝勝会 in ホテルセイリュウ - 東大阪ニュースブログ2014年11月27日


「06BULLS」の続きの解説一覧

06BULLS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 21:23 UTC 版)

石毛博史」の記事における「06BULLS」の解説

2011年7月22日香川オリーブガイナーズ主催中学3年生対象とした「香川オリーブガイナーズベースボールアカデミー」の監督に就任することが発表された2012年からは、06BULLS(当初は関西独立リーグ (初代)2014年よりBASEBALL FIRST LEAGUE関西独立リーグ (2代目))のコーチ務める。 2016年10月7日、06BULLSからコーチ兼任投手として選手登録され、6年ぶりに現役復帰した10月11日姫路GoToWORLD戦に登板し打者13人対戦して被安打4、奪三振2、与四球1の内容失点2(自責点1)であった2017年は、開幕時点では選手登録されていなかった。

※この「06BULLS」の解説は、「石毛博史」の解説の一部です。
「06BULLS」を含む「石毛博史」の記事については、「石毛博史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「06BULLS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

06BULLSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



06BULLSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの06BULLS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石毛博史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS