ノースカロライナとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > ノースカロライナの意味・解説 

ノース‐カロライナ【North Carolina】

読み方:のーすかろらいな

米国東部の州。州都ローリー。東は大西洋面して砂州列があり潟湖発達。西は山脈が走るタバコ栽培工業家具製造が盛ん。独立13州の一。→アメリカ合衆国[補説]

ノース‐カロライナの画像
ノースカロライナ州の位置
ノース‐カロライナの画像
州会議事堂撮影・jimbowen0306 http://os7.biz/u/NeQRk

ノースカロライナ州

(ノースカロライナ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/20 00:55 UTC 版)

ノースカロライナ州(ノースカロライナしゅう、: State of North Carolina)は、アメリカ合衆国南東部に位置する2020年国勢調査による人口は10,439,388人だった[1]。合衆国50州の中で陸地面積では全米第28位、人口では全米第9位である。州都ローリー市で、最大都市シャーロット市である。


  1. ^ a b c QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年
  2. ^ North Carolina Counties Map”. Quickfacts.census.gov (2009年1月7日). 2011年7月24日閲覧。
  3. ^ The Industrial History of North Carolina: A Research Guide”. 2010年11月3日閲覧。
  4. ^ The Growth of Research Triangle Park”. 2010年11月3日閲覧。
  5. ^ Mount Mitchell State Park " History”. 2010年11月7日閲覧。
  6. ^ Patrick Gibbs (2004年3月). “Joara and Fort San Juan: culture contact at the edge of the world”. Antiquity.ac.uk. 2011年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  7. ^ Constance E. Richards, "Contact and Conflict" Warren Wilson College, American Archaeologist, Spring 2008. Retrieved June 26, 2008.
  8. ^ Randinelli, Tracey. Tanglewood Park. Orlando, Florida: Harcourt. p. 16. ISBN 0-15-333476-2 
  9. ^ North Carolina State Library – North Carolina History”. Statelibrary.dcr.state.nc.us. 2009年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  10. ^ Cherokee Indians”. Uncpress.unc.edu (1919年11月16日). 2011年7月24日閲覧。
  11. ^ Russell Thornton (1990) "American Indian Holocaust and Survival: A Population History since 1492". University of Oklahoma Press. p.79. ISBN 0-8061-2220-X
  12. ^ Fenn and Wood, Natives and Newcomers, pp. 24–25
  13. ^ Powell, North Carolina Through Four Centuries, p. 105
  14. ^ a b c d Lefler and Newsome, (1973)
  15. ^ Bethune, Lawrence E. Scots to Colonial North Carolina Before 1775. http://www.dalhousielodge.org/Thesis/scotstonc.htm 
  16. ^ a b Ancestry of the Population by State: 1980 – Table 3a – Persons Who Reported a Single Ancestry Group for Regions, Divisions and States (PDF)”. 2012年5月11日閲覧。
  17. ^ a b Table 1. ''Type of Ancestry Response for Regions, Divisions and States: 1980 (PDF)”. 2012年5月11日閲覧。
  18. ^ Indentured Servitude in Colonial America”. Webcitation.org. 2009年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月11日閲覧。
  19. ^ Paul Heinegg, ''Free African Americans in Virginia, North Carolina, South Carolina, Maryland and Delaware''”. Freeafricanamericans.com. 2011年7月24日閲覧。
  20. ^ Stonestreet, Ottis C. IV, The Battle of Cowan's Ford: General Davidson's Stand on the Catawba River and its place in North Carolina History (CreateSpace Publishing 2012) ISBN 978-1-4680-7730-8 p. 3.
  21. ^ Paul Heinegg, Free African Americans in Virginia, North Carolina, South Carolina, Maryland and Delaware, 2005
  22. ^ John Hope Franklin, Free Negroes of North Carolina, 1789–1860, Chapel Hill: University of North Carolina Press, 1941, reprint, 1991
  23. ^ NC Business History – Railroads”. Historync.org. 2011年7月24日閲覧。
  24. ^ a b Morris, Thomas D. (1999). Southern Slavery and the Law, 1619-1860. University of North Carolina Press. p. 172. ISBN 0807864307. http://books.google.cz/books?id=VmPWCKh0hZAC&pg=PA172 
  25. ^ Center for Civic Education – Lincoln Bicentennial with Supplemental Lesson: Timeline”. Civiced.org. 2011年7月24日閲覧。
  26. ^ Highlights: Secession”. Docsouth.unc.edu. 2011年7月24日閲覧。
  27. ^ Today in History: June 8”. Memory.loc.gov (1959年4月9日). 2011年7月24日閲覧。
  28. ^ Civil War Facts About North Carolina”. Classbrain.com. 2011年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  29. ^ Blackbeard’s Queen Anne’s Revenge Coming Back to Beaufort”. Beach Carolina Magazine (2011年3月30日). 2013年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  30. ^ Elevations and Distances in the United States”. U.S Geological Survey (2005年4月29日). 2006年11月6日閲覧。
  31. ^ John Hairr, The Great Hurricanes of North Carolina (2008) pp 139–150
  32. ^ NOAA National Climatic Data Center”. 2006年10月24日閲覧。
  33. ^ NC residents band together after killer storms”. News & Observer (2011年4月21日). 2011年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  34. ^ Tornado outbreak is NC's most active on record”. News & Observer (2011年4月22日). 2011年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  35. ^ a b NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月16日閲覧。
  36. ^ NOWData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年12月4日閲覧。
  37. ^ NOWData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年4月14日閲覧。
  38. ^ a b c NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年2月8日閲覧。
  39. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年2月26日閲覧。
  40. ^ Resident Population Data. “Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2012年12月22日閲覧。
  41. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年1月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年12月22日閲覧。
  42. ^ [1]
  43. ^ Exner, Rich (2012年6月3日). “Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot”. The Plain Dealer. http://www.cleveland.com/datacentral/index.ssf/2012/06/americas_under_age_1_populatio.html 
  44. ^ 2010 Census”. US Census. 2011年8月21日閲覧。
  45. ^ GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月7日閲覧。
  46. ^ Site Selection Rankings”. Greyhill Advisors. 2011年10月17日閲覧。
  47. ^ About the Hall”. The NASCAR Hall of Fame. 2019年3月11日閲覧。
  48. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月5日閲覧。
  49. ^ NC Department of Transportation Article: North Carolina's Future Rides on Us”. NC Department of Transportation. 2012年9月22日閲覧。
  50. ^ S. Spacek. "2011 American State Litter Scorecard: New Rankings for an Increasingly Environmentally Concerned Populous"
  51. ^ North Carolina Public Schools”. Ncpublicschools.org. 2012年1月31日閲覧。
  52. ^ a b NC Public School Facts”. Ncpublicschools.org. 2011年7月24日閲覧。
  53. ^ NCSU. “About NC State:Discovery begins at NC State”. 2012年1月5日閲覧。
  54. ^ The University of North Carolina. “Our 17 Institutions”. 2012年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月5日閲覧。
  55. ^ North Carolina Arts Council”. 2013年4月15日閲覧。
  56. ^ North Carolina Museum of Art Museum Backgrounder”. 2012年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  57. ^ N.C. Museum of Art: Rembrandt Exhibit Pumped $13 Million Into Wake County Economy”. SGR Today. 2013年4月15日閲覧。
  58. ^ Unterberger, Richie (1999). Music USA: The Rough Guide. The Rough Guides. ISBN 1-85828-421-X 
  59. ^ “Hey, James Taylor – You've got a ... bridge?”. Rome News-Tribune. (2002年5月21日). https://news.google.com/newspapers?id=XuYGAAAAIBAJ&sjid=6TsDAAAAIBAJ&pg=3430,2859475&dq=carolina-in-my-mind+anthem 2009年6月28日閲覧。 
  60. ^ Waggoner, Martha (2008年10月17日). “James Taylor to play 5 free NC concerts for Obama”. USA Today. Associated Press. http://www.usatoday.com/life/music/2008-10-17-2062938384_x.htm 2009年6月28日閲覧。 
  61. ^ Garner, Bob (2007). Bob Garner's Guide to North Carolina Barbecue. John F. Blair, Publisher. ISBN 978-0-89587-254-8. https://books.google.co.jp/books?id=PswNCQWI9RsC&printsec=frontcover&dq=north+carolina+barbecue&redir_esc=y&hl=ja 
  62. ^ Craig, H. Kent (2006年). “What is North Carolina-Style BBQ?”. ncbbq.com. 2010年2月15日閲覧。



ノースカロライナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 14:05 UTC 版)

ブレイディ・マネク」の記事における「ノースカロライナ」の解説

4年目シーズン終了後大学院生としてノースカロライナ大学転校した2021-22シーズン開幕当初シックスマンとして起用されたが、シーズン途中から先発定着し平均15.1得点・6.1リバウンド成績記録したチームNCAAトーナメント出場し前年優勝ベイラー大学との2回戦では28分間26得点記録するなど好調だったが、後半途中相手ジェレミー・ソーハン顔面肘打ちし、フレグラント・ファウル2で一発退場となったこの時点でチーム25点をリードしていたが、マネク退場流れ変わり同点追い付かれ、最終的にはオーバータイム末に勝利したその後決勝まで進出したが、カンザス大学逆転負け準優勝となったシーズン終了後には最も活躍した転校生贈られるライリー・ウォーレス賞を受賞した

※この「ノースカロライナ」の解説は、「ブレイディ・マネク」の解説の一部です。
「ノースカロライナ」を含む「ブレイディ・マネク」の記事については、「ブレイディ・マネク」の概要を参照ください。


ノースカロライナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:18 UTC 版)

マゼラン (ガンダムシリーズ)」の記事における「ノースカロライナ」の解説

書籍機動戦士Ζガンダム フィルムブック パート2』で言及

※この「ノースカロライナ」の解説は、「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。
「ノースカロライナ」を含む「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の記事については、「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノースカロライナ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ノースカロライナ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ノースカロライナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノースカロライナ」の関連用語

ノースカロライナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノースカロライナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノースカロライナ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブレイディ・マネク (改訂履歴)、マゼラン (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS