済とは? わかりやすく解説

さい【済〔濟〕】

読み方:さい

[音]サイ(呉) セイ(漢) [訓]すむ すます すくう なす

学習漢字6年

[一]サイ

助ける。すくう。「済世(さいせい)・済度済民救済共済経済(けいざい)」

しあげる。すます。皆済既済決済返済・弁済未済

[二]セイ多くそろってりっぱなさま。「多士済済

[補説] [二]の「済済」は「さいさい」とも読む。

名のり]お・かた・さだ・すみ・ただ・とおる・なり・なる・まさ・ます・やす・よし・わたる

難読]済(な)し崩し


せい【済/歳】

読み方:せい

〈済〉⇒さい

〈歳〉⇒さい


読み方:すみません

  1. 故意に婦女子の足など踏み或は二階からインクをかけて「これは失礼致しました」などと言巧に謝罪して話しかけの緒を作る事を云ふ。(婦女誘拐一法

分類 不良青少年軟派

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名字 読み方
わたり
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
さい
すみ
わたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 14:45 UTC 版)

(せい)または倭 済(わ せい、生没年不詳)は、5世紀中頃(古墳時代中期)の[1]。「倭王済」とも[1]


注釈

  1. ^ 句驪無道圖欲見呑掠抄邊隷虔劉不已毎致稽滯以失良風雖曰進路或通或不臣亡考濟實忿寇讎壅塞天路控弦百萬義聲感激方欲大舉奄喪父兄

出典

  1. ^ a b c 倭王済(日本人名大辞典).
  2. ^ a b c d 井上秀雄『東アジア民族史 1-正史東夷伝』平凡社東洋文庫264〉、1974年12月1日、309-313頁。ISBN 4582802648
  3. ^ a b 藤堂明保竹田晃・影山輝國『倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本』講談社講談社学術文庫〉、2010年9月13日、117-123頁。ISBN 4062920107
  4. ^ 井上秀雄『東アジア民族史 1-正史東夷伝』平凡社東洋文庫264〉、1974年12月1日、315-319頁。ISBN 4582802648
  5. ^ 森公章 2010, p. 23.
  6. ^ a b c d e f 河内春人 2018, pp. 73–119.
  7. ^ 倭の五王(国史).
  8. ^ 倭の五王(日本大百科全書).
  9. ^ a b 森公章 2010, pp. 25–46.
  10. ^ a b 足立倫行 「「倭の五王」をめぐる論点」『ここまでわかった! 「古代」謎の4世紀(新人物文庫315)』 『歴史読本』編集部編、KADOKAWA、2014年、pp. 48-61。
  11. ^ 河内春人 2018, pp. 163–206.
  12. ^ 森公章 「稲荷山鉄剣銘の衝撃 金石文・中国史書と記紀からみた四・五世紀」『発見・検証 日本の古代II 騎馬文化と古代のイノベーション』 KADOKAWA、2016年、pp. 70-84。
  13. ^ 「ワ」の物語(百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議「百舌鳥・古市古墳群」)
  14. ^ 森公章 2010, pp. 51–55.
  15. ^
    二十年,倭國王濟遣使奉獻,復以為安東將軍,倭國王。二十八年,加使持節,都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事,安東將軍如故。并除所上二十三人軍,郡。 — 宋書、巻九十七
  16. ^
    (元嘉二十年)是歲,河西國,高麗國,百濟國,倭國並遣使獻方物。…(二十八年)秋七月甲辰,安東將軍倭王倭濟進號安東大將軍。 — 宋書、巻五
  17. ^
    二十八年七月安東將軍倭王濟進號安東大将軍 — 冊府元亀、巻九六三
  18. ^ a b c d e f 石井 2005, p. 163
  19. ^ a b c 石井 2005, p. 164
  20. ^ a b 石井 2005, p. 165
  21. ^ 朴鍾大『倭の五王の上表文と韓日古代史の問題点』慶南史学会〈慶南史学2〉、1985年、36-45頁。
  22. ^ 延敏洙『倭の五王時代の対外関係』汎友社朝鮮語版〈金甲周教授華甲紀念史学論叢〉、1994年、120頁。
  23. ^
    • 高句麗長寿王(宋永初元年)
    (前官)
    使持節・都督営州諸軍事・征東将軍・高句驪王・楽浪公
    (新除)
    征東大将軍。持節・都督・王・公如故。
    • 高句麗長寿王(大明七年)
    (前官)
    使持節・散騎常侍・督平営二州諸軍事・征東大将軍・高句驪王・楽浪公
    (新除)
    大将軍・開府儀同三司。持節・常侍・都督・王・公如故。
    • 百済腆支王(永初元年、※「公」は高句麗王高璉と合叙されているため、「公」は高句麗王の楽浪公にかかる表記)
    (前官)
    使持節・督百済諸軍事・鎮東将軍・百済王
    (新除)
    鎮東大将軍。持節・都督・王・公(※)如故。
  24. ^
    • 倭王済(元嘉28年)
    (前官)
    安東将軍・倭国王
    (新除)
    使持節・都督倭,新羅,任那,加羅,秦韓,慕韓六国諸軍事。安東将軍如故。
  25. ^ a b c d 石井 2005, p. 166
  26. ^
    二十年,倭國王濟遣使奉獻,復以為安東將軍,倭國王。二十八年,加使持節,都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事,安東將軍如故。并除所上二十三人軍,郡。 — 宋書、巻九十七
  27. ^ a b 石井 2005, p. 167


「済」の続きの解説一覧

済(わたる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/02 17:10 UTC 版)

七面坂心中」の記事における「済(わたる)」の解説

風俗店チラシ配りアルバイトをしている失業者事務機器メーカー働いていたが、リストラされる。

※この「済(わたる)」の解説は、「七面坂心中」の解説の一部です。
「済(わたる)」を含む「七面坂心中」の記事については、「七面坂心中」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「済」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/06 09:03 UTC 版)

発音(?)

熟語

手書きの字形について

第9画の終筆ははねてもよい。[1]


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 09:26 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「済」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「済」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「済」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
74% |||||


済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



済のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの七面坂心中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS