時限とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 時限 > 時限の意味・解説 

じ‐げん【時限】

読み方:じげん

時を限ること。また、限りとして定められた時刻。「午前零時を―とするストライキ

授業どの時間割の単位時間多く助数詞的に用いる。「各―の学習目標」「今日は六―まで授業がある」


時限


時限

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:31 UTC 版)

大和大学」の記事における「時限」の解説

遠方学生通いすいよう、第1限開始遅め設定され、第5限や土曜・日曜・祝日には授業がほぼ入らないような形で学年暦・時間割組まれている。そのため時間割選択の自由度が低いことも特徴である。また教員勤務時間17時15分までなので、第5限が予定時間よりも45分前はやく17時15分終わ場合ありうる所定の単位大学で得ることで資格免許与えられる制度である場合、国の定め各種法令によって要件規定され、どの大学のどの学部でも必要な科目学修内容単位数は変わらず取得しようとする資格免許増やせば、その分空きコマ減っていくことになる。 ただし大和大学では、5限・土曜授業はほぼない。加えて、たとえば教育学部では、他の授業入れず教育実習専念する実習セメスター」(3年後期)が文部科学省指導助言のもと設けられているため、3年後以外のセメスターではその反動で、履修する科目密度が一層高まる。こうした事情から、所属する学部取得をめざす資格・免許の数によっては、平日どの曜日空きコマなく授業が続くことも起こりうる。 第1限 9:10 - 10:40 第210:50 - 12:20 第313:10 - 14:40 第414:50 - 16:20 (第5限 16:30 - 18:00

※この「時限」の解説は、「大和大学」の解説の一部です。
「時限」を含む「大和大学」の記事については、「大和大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「時限」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「時限」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



時限と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時限」の関連用語

時限のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時限のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大和大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS