ネームプレートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ネームプレートの意味・解説 

ネームプレート【nameplate】

読み方:ねーむぷれーと

表札名札

機械器具に付ける、製造会社名・製造年月日機種などを記した


名札

(ネームプレート から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/01 05:41 UTC 版)

名札(なふだ)は、カード状の板または紙に、人名を表示したもの。英語のネームプレート、それを略したネームとも呼ばれる。本人が着用するか、あるいは着用せず机上等に置いて用いられる。本人が着用しない場合は「めいさつ」と呼んで区別することもある。


  1. ^ 定期的に納品・集荷に訪れる運送会社の場合は、予め専用の入構証を渡しておき、フロントガラスに掲示させるのみで通すことがある他、障害者雇用に協力的な企業が福祉施設公共職業安定所などの相談員にも入構証を発行するという、特殊な事例も存在する。
  2. ^ 2001年附属池田小事件など、児童・生徒を狙った犯罪の多発による。
  3. ^ ちなみに2003年には、個人情報保護法が成立した(全面施行は2005年)。
  4. ^ 私立では名札のない学校でも、金属製の校章バッジのみを制服に付ける事例もある。制服に直接付ける場合と、フェルト製のバッジマットに付けてそれを制服に付ける場合がある。
  5. ^ ファン以外の一般視聴者に顔を知られているのは上位8人のメディア選抜メンバーのみ。研究生はほぼ例外なく著名ではない



ネームプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:59 UTC 版)

アメリカ横断ウルトラクイズ」の記事における「ネームプレート」の解説

第1回ではアメリカ本土上陸以降羽田では番号のみのプレート)、第2回以降第二次予選から各挑戦者の胸に、挑戦者番号名字第1回手書き名字のみ。第2回第4回番号と名前が横一列第5回以降は上に番号、下に名前が書かれている形式で、いずれも白い長四角のネームプレートが使われた。同じ苗字挑戦者複数いる場合括弧で名前の最初一文字書かれた。きょうだい参加している挑戦者苗字のあとに(兄)(姉)、(弟)(妹)と、夫婦参加している挑戦者は、苗字のあとに(夫)(妻)と書かれた。過酷な体力クイズなどで破損した場合クイズ終了後その都度新しいものに変えていた。第2回からは紐が付けられ首から下げる物が使われその後衣服安全ピン等で取り付ける形に変わったどろんこクイズなど安全ピンの針が事故になる可能性のあるクイズでは、最初ホッチキス衣服留めていたが、後に全体シールになった紙製のものを衣服貼り付ける形のものが使われるようになった第11回では久伊豆神社おみくじ大吉引いた挑戦者には赤色で「吉」のシールが、大凶組には黒色で「凶」のシール右上に貼られた。優勝者賞品地を訪れる際には外された(第15回は除く)。

※この「ネームプレート」の解説は、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の解説の一部です。
「ネームプレート」を含む「アメリカ横断ウルトラクイズ」の記事については、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ネームプレート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ネームプレート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネームプレート」の関連用語

ネームプレートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネームプレートのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名札 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ横断ウルトラクイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS