ナンバーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ナンバー > ナンバーの意味・解説 

ナンバー【number】

数。数字番号。「部屋のナンバー」

自動車ナンバープレートのこと。また、それに記された文字数字。「白ナンバー

定期刊行物号数。「雑誌バックナンバー

軽音楽で、曲目。「スタンダードナンバー

数詞前に置いて「第」の意に用いられる。No.略記する。「ナンバースリー


ナンバー

〔名〕 (英 number

① 数。数詞

無窮(1899)〈国木田独歩〉「此 idea(アイデア)の数(ナンバア)の infinity(インフィニティー)といふことより来るものである

番号

老残(1952)〈宮地嘉六〉「私が註文をうけた数字スタンプは M-3l94 といふナンバーであったが」

数詞(英語のものを合む)の前において、「第」の意に用いる。No. とも書く。

風流親日トリオ(1936)〈獅子文六〉四「そこでヴィオロ君が、教はった通りに、『番(ナンバー・ゼロ)』へ連れてけと云ふと」

自動車ナンバー‐プレートに記された文字数字また、ナンバー‐プレート

風媒花(1952)〈武田泰淳〉一「クリイム色の高級車横づけになり、ナムバアは外国人所有であることを示していた」

(5) 雑誌などの号数また、その雑誌。「バックナンバー

空気頭1967)〈藤枝静男〉「若い時分に読みふけった撫でまわしたりした本を〈略〉ハタキかけたりナムバーを揃えて積みあげたりしながら

(6) 軽音楽曲目。「スタンダード‐ナンバー

吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉一四「あたしが芸者をしていた時分一等得意にしていたナンバーを歌いつ踊りつして登場する」


#NUM!

フルスペル:An invalid NUMber
読み方:ナンバー

#NUM!とは、Excelにおける数式エラー値(数式エラーを示す返り値)の1つで、計算結果数値または関数引数が適切でない場合に、セル表示される値のことである。

#NUM!のエラーは、計算結果Excelで処理できる範囲外大きな値または小さな値となっていることが原因で生じる。Excelでは計算結果がマイナス10307未満または10307乗を超える計算不能となる。エラー除去するには、数式変更する。

また、関数引数として数値指定する箇所に、不適切な値が使われていることが原因で生じる。例えば、数値カンマ区切り単位記号などを含んで入力されていることが考えられるエラー除去するには、関数引数適切な数値入力する。

オフィスソフトのほかの用語一覧
Excel:  #NULL!  #REF!  #VALUE!  #NUM!  置換  通貨スタイル  ワークシート

ナンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/18 15:48 UTC 版)

ナンバー (number)




「ナンバー」の続きの解説一覧



ナンバーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ナンバー」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のEAの作り方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のEA(Expert Advisor)の作り方を紹介します。MT4のメニューから「ツール」、「MetaQuotes L...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナンバー」の関連用語



3
100% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
72% |||||

ナンバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナンバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ#NUM!の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナンバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS