緋袴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > > 緋袴の意味・解説 

緋袴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 02:48 UTC 版)

緋袴(ひばかま)は、緋の袴(ひのはかま)、あるいは紅袴(くれないのはかま)とも呼ばれ、腰から下に着用する和服()の一種。広義では系統の色をした袴のことを指し、狭義では平安時代中期以降に、主に宮廷において女性が下衣として着用した袴を指す。今日でも巫女装束として用いられている。


  1. ^ a b c d 鈴木敬三 「有識故実図典 服装と故実」 1995年 吉川弘文館 ISBN 4-642-07467-8


「緋袴」の続きの解説一覧



緋袴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緋袴」の関連用語

緋袴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



緋袴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緋袴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS