ピンポンとは? わかりやすく解説

ぴん‐ぽん

【一】[副]

呼び鈴チャイムなどの音を表す語。「玄関チャイムが―と鳴った

クイズ番組正解際に鳴らす音から》解答正しいことを表す語。

【二】[名](スル)

ぽんぴん」に同じ。

俗にインターホン呼び鈴チャイムのこと。また、それを鳴らすこと。「店員を呼ぶために―を押す」


ピン‐ポン【ping-pong】

読み方:ぴんぽん

卓球(たっきゅう)


ピンポン

作者乃南アサ

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12


蘋婆

読み方:ピンポン(pinpon

アオギリ科の半落葉高木

学名 Sterculia nobilis


ピンポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 17:04 UTC 版)

ピンポンピンポーン




「ピンポン」の続きの解説一覧

ピンポン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/15 14:07 UTC 版)

ピンポン!』は、2006年10月2日から2009年3月27日までTBS系列(JNN)で、生放送されていた平日情報ワイド番組である。


  1. ^ 『JNN NEWS』放送時はモノラル音源で放送(モノステレオ放送)されており、アナログ音声はモノラルであった。
  2. ^ 2007年11月28日、毎日放送ジャイケルマクソンの中でほっしゃん。本人が明かした。
  3. ^ 舛添厚労相がTBS「ピンポン!」に抗議”. 日刊スポーツ (2007年9月18日). 2007年9月18日閲覧。
  4. ^ 皇室問題(女系天皇に関して)で大阪の番組でしゃべったことと同様の発言をしてクビになったと本人は同じ大阪の番組である『たかじんのそこまで言って委員会』で証言している。
  5. ^ 現在は、裏番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)の曜日コメンテーター。
  6. ^ a b 『きょう発プラス!』より続投。



ピンポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 08:39 UTC 版)

ピンポン録音」の記事における「ピンポン」の解説

マルチトラック・レコーダー呼ばれる多重録音専用録音機器ハードディスク・レコーダーなどの録音デバイス用いて同一機材の中で行うトラック整理作業一種。特に2インチ・アナログ・マルチトラック・レコーダーでの録音時に多用されてきた手法であり、複雑に入り組んだピンポン作業での最も有名な例としては、イギリスロック・バンドクイーン46年前の1975年アルバムオペラ座の夜A Night at the Opera)』に収録されている「ボヘミアン・ラプソディBohemian Rhapsody)」などが挙げられる一般的にはピンポン作業はごく数回アルバム単位などの曲数でも数曲において使用される録音方法だが、最近ではハードディスク・レコーダー普及に伴い実質的な制約トラック数が96128トラックなどと数多いトラック数が用意できるようになってきたため、あまり使用されなくなってきた手法でもある

※この「ピンポン」の解説は、「ピンポン録音」の解説の一部です。
「ピンポン」を含む「ピンポン録音」の記事については、「ピンポン録音」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピンポン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ピンポン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピンポン」の関連用語

ピンポンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピンポンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピンポン (改訂履歴)、ピンポン! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピンポン録音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS