代用刑事施設とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 代用刑事施設の意味・解説 

代用刑事施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 13:53 UTC 版)

代用刑事施設(だいようけいじしせつ)とは、刑事訴訟法の規定により勾留される者を刑事施設に収容することに代えて、留置施設に留置することができる制度をいう(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第15条)。


  1. ^ Liberty Human Rights (PDF), Pre-charge Detention Comparative Law Study, http://www.liberty-human-rights.org.uk/issues/pdfs/pre-charge-detention-comparative-law-study.pdf 2008年7月22日閲覧。 
  2. ^ 「日本は死刑廃止検討を――国連人権委改めて勧告 慰安婦問題にも言及」『朝日新聞』2008年10月31日付夕刊、第3版、第2面。
  3. ^ a b c d 第1回未決拘禁者の処遇等に関する有識者会議 平成17年12月6日
  4. ^ 刑務所・拘置所・留置施設など拘禁制度の改革 日本弁護士連合会 - 刑事拘禁制度改革実現本部
  5. ^ 世界も驚く「DAIYO -KANGOKU」「代用監獄」と国連拷問禁止委員会・人権理事会・自由権規約委員会勧告 (PDF) 日本弁護士連合会(2012年12月26日改訂 第4版)
  6. ^ 国連拷問禁止委員会の総括所見に関する会長声明日本弁護士連合会(2013年6月4日)


「代用刑事施設」の続きの解説一覧

代用刑事施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 08:26 UTC 版)

留置場」の記事における「代用刑事施設」の解説

留置は、通常で2泊3日長くても2122日限界で、それ以上の取調べ必要な場合は、起訴し法務省所管刑事施設身柄移さなければならない。 ただし、刑事施設定員超過している場合や、警察能率優先させた場合などに、被留置者を刑事施設移送せず、警察署内の留置施設に留め置かれる場合が多い。 これを代用刑事施設と呼び刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第15条)、司法機関ではなく警察官監督下置かれることから自白強要冤罪を生みやすい問題視する意見もある。

※この「代用刑事施設」の解説は、「留置場」の解説の一部です。
「代用刑事施設」を含む「留置場」の記事については、「留置場」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「代用刑事施設」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



代用刑事施設と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代用刑事施設」の関連用語

代用刑事施設のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



代用刑事施設のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの代用刑事施設 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの留置場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS