取調べとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 取調べの意味・解説 

取り調べ

読み方:とりしらべ
別表記:取調べ、取調

物事状況・状態を詳細に調査すること。特に刑事における調査考証

とり‐しらべ【取(り)調べ】

読み方:とりしらべ

取り調べること。特に、捜査機関が、被疑者参考人出頭求めて犯罪に関する事情聴取すること。


取調べ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取調

(取調べ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 01:54 UTC 版)

取調取調べ取り調べ(とりしらべ、: Interrogation)とは、主に刑事訴訟法198条1項・2項に規定される犯罪捜査のために検察官司法警察職員被疑者参考人に対して出頭供述を求める職務上の行為をいう[1][2][3]


  1. ^ 取調”. コトバンク. 2020年6月27日閲覧。
  2. ^ 取調べと事情聴取”. コトバンク. 2020年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c 取調べ”. コトバンク. 2020年6月27日閲覧。
  4. ^ 最高裁判所大法廷平成11年3月24日判決


「取調」の続きの解説一覧

取調べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 05:18 UTC 版)

小笛事件」の記事における「取調べ」の解説

下鴨署での調べに対して広川は、4人が最後に目撃された日である6月27日に、自分が小笛宅に泊まっていたことを認めた。しかし、自分同日に4人と食事をとった後、28日の朝5時30分頃に小笛宅を出てそのまま会社出ただけである、と主張した現場遺書については、鉛筆用紙も印もすべて自分のものである認めたが、印は上着ポケット入れていたもの勝手に使われたのだと主張した汽車の中で遺書書いたのも、発作的な行動に過ぎなかった、と述べた。 しかし、広川が小笛宅を出る際に通った主張する裏口には、外側から鍵がかけられていた。また、小南の鑑定では4人は食後7、8時間殺害されたとされるが、5人が27日夕食をとったのは19時頃であり、広川が小笛宅を出た主張する時刻には4人は既に死んでいることになる、という矛盾もあった。一方で広川事件後の6月30日に小笛と2人の娘の親に挨拶の手紙を出しているが、これは単なる偽装工作判断された。

※この「取調べ」の解説は、「小笛事件」の解説の一部です。
「取調べ」を含む「小笛事件」の記事については、「小笛事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取調べ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取調べ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 11:16 UTC 版)

和語の漢字表記

調

  1. とりしらべ参照

「取調べ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



取調べと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取調べ」の関連用語

取調べのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取調べのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取調 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小笛事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの取調べ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS