クラウドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > クラウドの意味・解説 

croud

別表記:クラウド

「croud」の意味・「croud」とは

「croud」は英語の単語であり、その直訳は「群衆」である。しかし、一般的には大勢人々」や「集まった人々」といった意味合い用いられる例えば、コンサートスポーツイベントなどで大勢人々が集まる様子を表す際に「croud」が使用される

「croud」の発音・読み方

「croud」の発音は、IPA表記では /kraʊd/ となる。これをカタカナ直すと「クラウド」となる。日本人発音する際のカタカナ英語では「クラウド」と読むことが一般的である。なお、「croud」は発音によって意味や品詞が変わる単語ではない。

「croud」の定義を英語で解説

「croud」の定義は、"A large number of people gathered together, typically in a disorganized or unruly way." となる。これを日本語に訳すと、「一般的には無秩序または乱雑な方法集まった大勢人々」となる。

「croud」の類語

「croud」の類語としては、「throng」、「multitude」、「masses」などがある。これらの単語も「大勢人々」や「集まった人々」を意味するが、それぞれ微妙なニュアンス違いがある。

「croud」に関連する用語・表現

「croud」に関連する用語表現としては、「crowded」や「crowd control」、「crowd out」などがある。「crowded」は「混雑した」、「crowd control」は「群衆管理」、「crowd out」は「(他のものを)押し出す」といった意味になる。

「croud」の例文

以下に「croud」を用いた例文10個示す。 1. The concert was attended by a large crowd.(そのコンサートには大勢群衆参加した。)
2. The crowd cheered as the team scored a goal.(チームゴール決めると、群衆歓声上げた。)
3. He was lost in the crowd.(彼は群衆の中で迷子になった。)
4. The crowd was getting out of control.(群衆制御不能になっていた。)
5. The crowd dispersed after the event.(イベント後、群衆散開した。)
6. The crowd was excited to see the celebrity.(群衆有名人を見るのが楽しみで興奮していた。)
7. She stood out in the crowd.(彼女は群衆の中で目立っていた。)
8. The crowd was silent in anticipation.(群衆期待感静まり返っていた。)
9. The crowd was estimated to be over a thousand.(群衆千人以上と推定された。)
10. The crowd roared with laughter.(群衆大笑い騒いだ。)

cloud

別表記:クラウド

「cloud」とは・「cloud」の意味

「cloud」とは、英語で「」を意味する言葉である。また、情報技術(IT)の分野では、インターネット通じて提供されるコンピュータリソースサービスを指す用語として用いられる。この場合データアプリケーションインターネット経由利用できる状態を指す。

「cloud」の複数形

「cloud」の複数形は「clouds」である。これは、英語の名詞の複数形作る一般的な方法である「-s」を付けることによって形成される

「cloud」の発音・読み方

「cloud」の発音は /klaʊd/ である。類似した発音単語としてcrowd」があるが、こちらの発音は /kraʊd/ であり、母音部分異なる。注意して発音することが重要である。

「cloud」の語源・由来

「cloud」の語源は、古英語の「clud」に由来する。この言葉は、「岩の塊」や「丘」を意味しが空に浮かぶ岩のように見えることから、現在の」を意味する言葉として使われるようになった

「cloud」と「clouds」の違い

「cloud」と「clouds」の違いは、単数形と複数形違いである。前述通り、「cloud」は単数形で「」を意味し、「clouds」は複数形で「たち」を意味する

「Cloudサービス」とは

「Cloudサービス」とは、インターネット通じて提供される様々なコンピュータリソースサービス総称である。これには、データストレージやコンピューティングリソース、アプリケーションなどが含まれる利用者インターネット経由でこれらのリソース利用し自分コンピュータデバイスインストールすることなくアクセスできる。

「Cloudアプリ」とは

「Cloudアプリ」とは、インターネット通じて提供されるアプリケーションのことである。これらのアプリケーションは、利用者インターネット経由アクセスし、自分コンピュータデバイスインストールすることなく使用できる。例としては、GoogleドキュメントMicrosoft Office 365などが挙げられる

「Google Cloud」とは

Google Cloud」とは、Google提供するクラウドコンピューティングプラットフォームである。このプラットフォームでは、データストレージ機械学習アプリケーション開発どの様々なサービス提供されており、企業個人インターネット通じてこれらのサービス利用できる

「cloud」の使い方・例文

1. The sky was filled with dark clouds.(空には暗い雲広がっていた。)
2. Cloud computing has become increasingly popular in recent years.(クラウドコンピューティング近年ますます人気高まっている。)
3. The plane flew above the clouds.(飛行機雲の上飛んでいた。)
4. The company decided to migrate their data to the cloud.(その会社データをクラウドに移行することを決定した。)
5. The weather forecast predicts a cloudy day.(天気予報では曇りの日が予想されている。)
6. Cloud storage allows users to access their files from anywhere.(クラウドストレージにより、ユーザーはどこからでもファイルアクセスできる。)
7. The sun was hidden behind the clouds.(太陽隠れていた。)
8. The company uses cloud-based software for their daily operations.(その会社日常業務クラウドベースソフトウェア使用している。)
9. The clouds began to clear, revealing a beautiful blue sky.(晴れ始め美し青空現れた。)
10. The Google Cloud Platform offers a variety of services for businesses.(Google Cloud Platformは、企業向けさまざまなサービス提供している。)

crowd

別表記:クラウド

「crowd」とは、群衆人混み観客大衆仲間同種の物の集まり等を意味する英語表現である。

「crowd」とは・「crowd」の意味

「crowd」とは、おもに人の群れを示す表現で「群衆」「多数人々」「人混み」「(デモなどの)参加者」「(スポーツ観戦などの)観衆観客」「大衆民衆」「仲間連れの意味を持つ。「crowd」は、可算名詞数えられる名詞)であるため、単数形複数形存在する対象が人の集合である場合には単数形「crowd」を、集合構成する個人である場合複数形crowds」が使用される物の群れを表す際に用いられることもあり、その場合は「同種の物の集まり」「(一緒になっている)多数の物」等と訳される

「crowd」は、動詞としても用いられる。意味は、人や物が「群がる」「押しかける」「ぎゅうぎゅう詰めにする」、考え感情などが「(心や頭を)満たす」「頭をいっぱいにする」、人が「(人を)強く押す、圧迫する」等である。また形容詞crowded」は「crowd」の派生語であり、「(場所などが)混雑したいっぱいの、満員の」「(予定などが)ぎっしり詰まった」「(人生などが)充実した波乱万丈の」等の意味を表す。

「crowd」の発音・読み方

「crowd」の発音記号は「kráud」で、読み方は「クラウド」である。カタカナ表記発音同じく「クラウド」となる。

「crowd」の語源・由来

「crowd」の語源は、インド・ヨーロッパ祖語の「grewt-(押す、押し込む)」である。その後ゲルマン祖語krūdaną(群がる、押す、運転する)」→西ゲルマン諸語krūdan(押す)」→古期英語「crudan(運転する、押す、進む、群がる)」→中期英語「crouden(移動する詰め込むいっぱいになる、押し寄せる)」へ派生した考えられている。

「crowd」の類語

「crowd」の類語として、「throng群衆人だかり)」「crush(人の群れ、大混雑)」「multitude群衆大勢の人)」「mob統制取れない群衆大衆)」「herd群れ群衆民衆)」等が挙げられる。また動詞としての「crowd」の類語には、「flock(集まる、群がる)」「besiege詰めかける殺到する)」「thicken密集する密になる)」「huddle群れる身を寄せあう)」「swarm(群がる、大群になる)」等がある。

「crowd」と「crowded」の違い

「crowd」は、人の群れ人混みそのものを示す名詞である。一方crowded」は、多数人がい混雑した様子予定などがぎっしりと詰まっている状況を表す形容詞となっている。

「crowd」を含む英熟語・英語表現

「crowd」を含む英熟語英語表現には、以下のようなものがある。

draw a crowd」大入りになる、盛況になる
「crowd crush多くの人が密集し身動き出来ない状態、雑踏事故群衆事故
「crowd handler」(会場の)警備員
「crowd ~ out~を押し出す~を締め出す~を寄せ付けない
crowd in」(高い建物・山などが)圧倒する圧迫する、(問題思いなどが)どっと押し寄せる

「crowd favorite」とは


「crowd favorite」とは、「観衆お気に入り」「みんなの人気者」等の意味を持つ表現である。「favorite」は、「お気に入り」大好きなもの」「人気者」を表す名詞で、「一番のお気に入り」「最も大好きなもの」という最上級の意味を含む。

「Be crowded」とは


Be crowded」とは、「混雑している」「込み合っている」状況を表す表現である。

「crowd」に関連する用語の解説

「crowd」に関連する用語には、以下のようなものがある。

crowdsourcingインターネット上で不特定多数人材に対して業務発注する手法クラウドソーシング
crowd funding journalismフリーランス記者メディアインターネット上で出資募り取材費や運営費を得ること

「crowded」とは


crowded」とは、「(場所などが)混雑したいっぱいの、満員の」「(予定などが)ぎっしり詰まった」「(人生などが)充実した波乱万丈の」等の意味を示す形容詞である。また、crowed」の過去形過去分詞形も「crowded」と表記される

「crowdfunding」とは


crowdfunding」とは、プロジェクトのための資金調達できない個人・団体が、インターネット上で企画内容と必要金額提示して支援呼びかける手法である。日本ではクラウドファンディング」「ソーシャルファンディング」「クラファン」と呼ばれている。

「crowd」の使い方・例文

「crowd」の使い方例文には、以下のようなものがある。

A crowd of fans gathered around the singer.
ファン群れが、その歌手のまわり押し寄せた

She was found among the crowd.
人混み中に彼女の姿が見つけられた。

I know most of his crowd.
私は彼の仲間をほとんど知っている

Thousands of people crowded the festival.
何千もの人がその祭り押しかけた。

Unhappy memories crowded my mind.
不幸な思い出が心に次々とわいてきた。

クラウド【cloud】

読み方:くらうど

また、状の煙やほこり。

クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」の略。または、同サービス利用されるサーバー群を指す。「—を活用する

「クラウド」に似た言葉

クラウド【crowd】

読み方:くらうど

群衆大衆人ごみ雑踏見物人


クラウド

【英】cloud

クラウドとは、IT用語としては、「クラウドコンピューティング」の略、または、クラウドコンピューティングにおいて利用される不特定多数サーバーのことである。

クラウドの語は、クラウドコンピューティング形態を示す際に「クラウドコンピューティング」を意味する語として用いられることが多い。例えば、クラウドコンピューティングよって提供されるサービスは「クラウドサービス呼ばれる。他にも、企業自社利用のために設置するクラウドコンピューティングシステムは「プライベートクラウド」、特定企業ではなく一般ユーザー向けに広く提供されるシステムは「パブリッククラウド」、パブリッククラウドのうち個人エンドユーザー向けに提供されるクラウドサービスは「パーソナルクラウド」と呼ばれるクラウドコンピューティングプラットフォームにしていることを「クラウドベースの」と表現することもある。

クラウドの原義は「」(cloud)を意味する英語である。クラウドコンピューティングの他に、「タグクラウド」などのように群がったものという意味で用いられる場合もある。なお、「クラウドソーシング」の場合「クラウド」は「群衆」(crowdの意味であり特に関連性はない。


クラウド

作者森田思軒

収載図書少年小説大系 第13巻 森田思軒村井弦斎
出版社三一書房
刊行年月1996.2


クラウド

名前 ClaudeCloud

クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/13 03:39 UTC 版)

英語CloudまたはCrowdから、様々な略語や略称として多用される




「クラウド」の続きの解説一覧

クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 01:06 UTC 版)

BinaryStar」の記事における「クラウド」の解説

主人公らが住む国。

※この「クラウド」の解説は、「BinaryStar」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「BinaryStar」の記事については、「BinaryStar」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:14 UTC 版)

ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事における「クラウド」の解説

神羅カンパニー直属ルーキー兵士英雄呼ばれるセフィロス憧れソルジャーになりたがっている。

※この「クラウド」の解説は、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事については、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の概要を参照ください。


クラウド (Cloud)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:38 UTC 版)

チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜」の記事における「クラウド (Cloud)」の解説

『FFVII』主人公フルネームクラウド・ストライフ使用するマシンは「ハーディデイトナ」だが、ゲーム中ではマシン名は表示されない。

※この「クラウド (Cloud)」の解説は、「チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜」の解説の一部です。
「クラウド (Cloud)」を含む「チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜」の記事については、「チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜」の概要を参照ください。


クラウド (Cloud)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:52 UTC 版)

ファイナルファンタジータクティクスの登場人物」の記事における「クラウド (Cloud)」の解説

『ファイナルファンタジーVII』主人公で、ゴーグ地下発見され天球儀らしき装置イヴァリース召喚され異邦人記憶曖昧で、時折意味不明言葉を漏らす。元の世界帰るためにラムザ行動共にする専用ジョブは「ソルジャー」。終盤仲間になるが、レベル1の状態であるため、育てるのに時間がかかる。『獅子戦争』では、仲間にできるようになるタイミング早くなっている。なお、本作では姓である「ストライフ」は登場しない攻略本ファイナルファンタジータクティクス大全』(黒本)にはフルネーム掲載されている)。また守護星座も『FFVII』での誕生日データ一致しない

※この「クラウド (Cloud)」の解説は、「ファイナルファンタジータクティクスの登場人物」の解説の一部です。
「クラウド (Cloud)」を含む「ファイナルファンタジータクティクスの登場人物」の記事については、「ファイナルファンタジータクティクスの登場人物」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 14:51 UTC 版)

チョコチョコボンボン」の記事における「クラウド」の解説

『FFVII』の元ソルジャー。「興味ないね」とバッツたちに関わってこなかった。

※この「クラウド」の解説は、「チョコチョコボンボン」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「チョコチョコボンボン」の記事については、「チョコチョコボンボン」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 15:11 UTC 版)

シアトリズム ファイナルファンタジー」の記事における「クラウド」の解説

『ファイナルファンタジーVII』より。

※この「クラウド」の解説は、「シアトリズム ファイナルファンタジー」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「シアトリズム ファイナルファンタジー」の記事については、「シアトリズム ファイナルファンタジー」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 02:35 UTC 版)

ボンバーマンストーリー」の記事における「クラウド」の解説

灰色の雲ダメージ与えると分裂する

※この「クラウド」の解説は、「ボンバーマンストーリー」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「ボンバーマンストーリー」の記事については、「ボンバーマンストーリー」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 15:30 UTC 版)

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」の記事における「クラウド」の解説

ハクニール家執事

※この「クラウド」の解説は、「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」の記事については、「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」の概要を参照ください。


クラウド(Bランク・戦士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 08:49 UTC 版)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」の記事における「クラウド(Bランク戦士)」の解説

冷静沈着キャラクタービアンカ同様にを買い、増資キッチリこなすバランスタイプエリア価格が高いと、3軒ぐらい買ってから増資する傾向がある。

※この「クラウド(Bランク・戦士)」の解説は、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」の解説の一部です。
「クラウド(Bランク・戦士)」を含む「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」の記事については、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 06:46 UTC 版)

ゼーガペイン」の記事における「クラウド」の解説

地球の衛星軌道上存在する攻撃基地キョウアビス最後の戦い舞台となる場所でもある。

※この「クラウド」の解説は、「ゼーガペイン」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「ゼーガペイン」の記事については、「ゼーガペイン」の概要を参照ください。


クラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 08:41 UTC 版)

魔城伝説」の記事における「クラウド」の解説

画面上部を漂う攻撃が当たるとポポロン突進してくる。

※この「クラウド」の解説は、「魔城伝説」の解説の一部です。
「クラウド」を含む「魔城伝説」の記事については、「魔城伝説」の概要を参照ください。


クラウド(Bランク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 15:06 UTC 版)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル」の記事における「クラウド(Bランク)」の解説

MAX買いし、増資最大まで行う。持ち増資相乗りと、勝利セオリー知っているビアンカ同様なバランスタイプいわゆる王道戦術寡黙な性格ゆえ交渉自分からは絶対に持ちかけない

※この「クラウド(Bランク)」の解説は、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル」の解説の一部です。
「クラウド(Bランク)」を含む「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル」の記事については、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クラウド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クラウド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラウド」の関連用語

クラウドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラウドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクラウドの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2024 colordic.org All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラウド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBinaryStar (改訂履歴)、ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII (改訂履歴)、チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜 (改訂履歴)、ファイナルファンタジータクティクスの登場人物 (改訂履歴)、チョコチョコボンボン (改訂履歴)、シアトリズム ファイナルファンタジー (改訂履歴)、ボンバーマンストーリー (改訂履歴)、ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (改訂履歴)、ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial (改訂履歴)、ゼーガペイン (改訂履歴)、魔城伝説 (改訂履歴)、ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS