CASとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機関 > CASの意味・解説 

CAS

読み方カスキャス
英文正式名Country Assistance Strategy
日本名(略称):国別援助戦略

世界銀行作成する国別援助戦略借入国の開発支援するための中期ビジネスプラン(原則3年1度作成される)。アジア開発銀行作成されたものはCSP

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

CAS

フルスペル:column address strobe
読み方キャス

CASとは、DRAMアクセスするときに使用される信号のことである。

DRAM記憶素子格子状に並ぶ構造取っており、目的データである特定の記憶素子アクセスするために、まず最初に行(row)、次に列(column)を指定する。ここで、列(column)のアドレス指定するタイミング合わせるときに使われる信号がCASである。また、行(row)のアドレス指定するタイミング合わせるときに使われる信号RASである。なお、CAS信号送信されたクロックから、最初データ送受信されたクロックまでの差がCASレイテンシーである。

半導体メモリのほかの用語一覧
RAM:  RAM  CAS  CASレイテンシ  CAS信号  CL  DDR266  DDR400

【CAS】(しーえーえす)

  1. Control Augmentation Systemの略。
    操縦性増強システム
    いくつかの舵面をコンピューター制御同時に動かすことにより操縦特性向上を図るためのもの。
    F-15F-20などは元々、操縦特性良い機体であるがこれを取り入れることによりさらなる安定性の向上を図っている。
    関連フライバイワイヤー

  2. Close Air Support (CAS)
    →「近接航空支援」の項を見よ。

  3. Calibrated Air Speed (CAS)
    →「較正対気速度」の項を見よ。

オルダーマイト

分子式CaS
その他の名称:硫化カルシウムCalcium sulfide、Oldhamite、オルダーマイト
体系名:カルシウムスルフィド


CAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 03:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CAS

CaS

Cas


硫化カルシウム

(CAS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 09:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
硫化カルシウム
Calcium-sulfide-3D-balls.png
IUPAC名 硫化カルシウム
組成式 CaS
式量 72.14 g/mol
形状 白色固体
結晶構造 立方晶系(面心立方格子構造
格子定数a = 5.6836 Å
CAS登録番号 20548-54-3
密度 2.8 g/cm3, 固体 (15 ℃)
水への溶解度 0.015 g/100 mL (10 ℃)
融点 2,400 ℃

硫化カルシウム(りゅうかカルシウム、英:Calcium sulfide、化学式CaS)はカルシウム硫化物である。処分場での埋め立て材に使われ、石膏ギプスのリサイクルや石炭製品の処理過程における反応物としての研究がされている。冷水に難溶性

生成法

硫化カルシウムは、より一般的なカルシウム化合物である硫酸カルシウム炭素還元反応、つまり、硫酸カルシウムと炭素の混合物を、空気を絶って900℃に熱することにより生成する。

硫化カルシウムは硫酸カルシウムとさらに以下のとおり反応する。

反応性

硫化カルシウムは湿気があるとその水分とさまざまな比率で反応し、水硫化カルシウム Ca(SH)2、水酸化カルシウム の混合物を生成する。

Ca(SH)(OH)はさらに水と反応して水酸化カルシウムと硫化水素を生じる。硫化水素は腐った卵のような不快な臭いの原因物質である。

水酸化カルシウムの飽和溶液は単体硫黄と反応して石灰硫黄合剤を生成する。これは殺虫剤として使われてきた。活性を持つ成分はおそらく硫化カルシウムではなく五硫化カルシウムである[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Holleman, A. F.; Wiberg, E. "Inorganic Chemistry" Academic Press: San Diego, 2001. ISBN 0-12-352651-5.

関連項目




CASと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CAS」の関連用語

CASのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



CASのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCASの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCAS (改訂履歴)、硫化カルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS