B-CASカードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > B-CASカードの意味・解説 

B-CASカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:33 UTC 版)

B-CAS」の記事における「B-CASカード」の解説

B-CASカードはB-CAS社発行する接触式ICカードARIBB-CAS社認証されデジタル放送受信機同梱して配布され受信機チューナーセットトップボックスデジタル放送対応テレビBDレコーダーなど)に挿入して使用する。B-CASカードのICチップ内部にカード毎に固有のID番号暗号鍵が格されている。 B-CASカード単位受信契約情報記録されているため、NHK衛星放送受信契約有料放送視聴契約等の情報記録されているカード差し替えることにより別のデジタル放送受信機でも同様の視聴録画が可能となっている。このためデジタル放送受信機買い替えた際に従来使用していたB-CASカードを挿すことにより新し受信機でも買い替え前同様の視聴録画可能である逆に言えば新しく買い替えからといって従来カード使用できる態であれば改め契約し直す必要はない。 B-CASカードは赤カード・青カードCATV専用カードオレンジ色)の3種類が一般的に知られている家電量販店行けば店頭展示テレビ挿入されている店舗用B-CASカードも見受けられる。 赤カードBS・CS110度・地上デジタル放送3波共用カードである(裏面BSデジタル専用と書れていてもダウンロードサービスを受けることにより3波利可能である)。 青カード地上デジタル放送専用カードである(B-CAS社へのライセンス料支払軽減目的とされている)。BS及び110度CS受信可能であるが、CS有料番組契約できない地上デジタル特別内蔵カード浴室等に持ち込むことができる防水加工されたテレビ等に内蔵)は屋外使用仕様防水仕様などの受信の場合、着脱が難しいため出荷段階から挿入済みとされる12セグ視聴可能なカーナビゲーションUSB受信機等にSIMカードサイズのminiB-CASカード発行されている。 その他、白カード店頭展示テレビ専用NHKBS放送設置確認メッセージ表示されない)、黄色カード用途限定カード有料放送代理店契約結んでいる店舗での放送用)、黒カード業務用受信電波レベル確認等に使用)など限られた用途のB-CASカードも存在する一般視聴者目にすることはあまりないこれらのカードネットオークション出品されることもあるが、同社契約違反であるとして問題視している。 B-CASカードの転売譲渡については、B-CAS社カード所有権自社にあるとして転売などを認めていない。転売する著作権法違反逮捕される[要出典]。カード単体での発売行われておらず、故障紛失した際には、B-CAS社カスタマーセンター申し込むことで、1枚あたり送料込み2,050円で再発行される。 雑誌週刊ポスト』の報道では、毎年発行枚数売り上げから計算するB-CAS社にとっては1枚600前後ビジネス推測されている。メーカー仕入れ値については、1枚あたり100円程度であることが2013年のB-CASカード横流し事件際に報じられた。 B-CAS社デジタル放送推進協会 (Dpa) と契約交わしARIB規格準拠して著作権保護機能遵守するメーカー機器カード支給していると述べている。

※この「B-CASカード」の解説は、「B-CAS」の解説の一部です。
「B-CASカード」を含む「B-CAS」の記事については、「B-CAS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「B-CASカード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

B-CASカードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



B-CASカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリB-CASカードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのB-CAS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS