DRMとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > DRMの意味・解説 

DRM

フルスペル:Digital Rights Management
別名:デジタル著作権管理

DRMとは、デジタルコンテンツ利用複製制限するために設けられている仕組み総称である。

DRMは主に音楽映像などのデータに対して複製制限する、あるいは複製されたデータ再生できないよ制限する仕組みとして提供されている。デジタルデータとして記録された情報どれだけ複製しても画質音質劣化しないため、違法大量複製されることがレコード会社などにとって脅威となっていたが、DRMの仕組みコンテンツ付与することによって複製制限をかけることが可能になった。

DRMを搭載した代表的システムとしては、iTunes Storeで提供されているQuicktime向けのFairPlayMicrosoftが提供しているWindows Media DRMなどがある。

なお最近では、DRMによって個人使用複製までもが制限されてしまっているなどの指摘コンシューマー側から挙がってきており、敢えてDRMの仕組み採用ていないDRMフリーな)コンテンツ配信するケースも増えてきている。


参照リンク
Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) - (Microsoft
セキュリティのほかの用語一覧
プロテクト:  CSS  CPPM  CC  DRM  DTCP  DTCP-IP  DRMフリー

DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 14:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

DRM




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DRM」の関連用語

DRMのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DRMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDRMの記事を利用しております。
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2021 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDRM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS