DRMとは? わかりやすく解説

ディー‐アール‐エム【DRM】


DRM

知的財産のほかの用語一覧
著作権保護:  CSS  CPPM  CC  DRM  DTCP  DMCA  DTCP-IP

DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

DRM



DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/17 06:41 UTC 版)

BB5.jp」の記事における「DRM」の解説

遊遊keyライセンス登録・サポート2004年を以て終了しており、当初BB5.jp独自のDRMであるB-Launch(ビー・ローンチ)を使用している。但し、一部タイトルではパルティオソフトが開発したソフト電池使用されている。B-Launchインストール起動等についてはサイト内の解説参照2010年代以降販売ソフトに対してB-Launch使用は全くなくなり、ソフト電池以外にも、シリアルキー発行インターネット認証形式形式採用されていくようになった

※この「DRM」の解説は、「BB5.jp」の解説の一部です。
「DRM」を含む「BB5.jp」の記事については、「BB5.jp」の概要を参照ください。


DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:35 UTC 版)

Xbox One」の記事における「DRM」の解説

Xbox OneのDRM(デジタル著作権管理)は反発相次いだことから発表当初から変更施されたが、本来は以下の通り進め予定だった。 ゲームソフトHDDクラウドライブラリ保存されるため、パッケージ版でも、インストール・オンライン認証を行う必要があるディスクレス)。 最大24時間オフラインでもプレイ可能だが、オフラインのまま24時間経過するゲーム起動できなくなるため、1日1度認証が必要となる。 別の本体からライブラリアクセスする場合は、1時間1回認証が必要となるが、10名まで指定できるファミリー」もアクセスできる。 ソフトの譲渡についてはパブリッシャー許可したソフトで30日間上のフレンド」のみに行える。 ところが仕様発表後ユーザー業界からクレームが相次ぎPlayStation 4仕様発表時にはゲーム今まで通り遊べる」と発表しただけで大喝采起こっただけでなく、「PlayStation 4ゲーム貸し借りする方法」という動画製作しXbox Oneとの違い強調してきたことを受け、6月19日付のXbox One公式ブログXbox Wire」で仕様一部を以下に変更することを明らかにしている。 初回起動時のシステムセットアップを済ませば、以降オンラインによる認証不要だが、パッケージ版認証のためにディスク入れておく必要はある。 ソフト譲渡認証中古販売制限行わないクラウド上の購入したライブラリには、パッケージ版含まれなくなり10人までの家族共有なくなったダウンロード版Xbox 360同様の仕組みである。 また、リージョンコードによる制限なくなったため、日本国内ハード海外版ソフトをプレイすることが可能であるし、日本語版があればオンラインアップデートで日本語環境インストールできる。その逆も可能で、海外ハードでも日本語環境インストールできるし、すべての日本製ソフトをまったく問題なく遊ぶことができる。なお、ソフトはリージョンコードなくなったが、DVDブルーレイには残っているため、日本国内ハード海外DVDなど観るときには制限がある。

※この「DRM」の解説は、「Xbox One」の解説の一部です。
「DRM」を含む「Xbox One」の記事については、「Xbox One」の概要を参照ください。


DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 06:49 UTC 版)

GP2X」の記事における「DRM」の解説

GP2XにDRMを組み込むかどうかについて、議論 が行われている。DRMがどの程度ユーザー権利制限するのかについてはまった情報がないが、Gamepark Holdingsは、DRMは専用商用ゲーム制限する用途にのみ使用されユーザーロードしたコンテンツ制限するためには使用されないとの声明出している。ゲーム出荷の際に使用されSDカードからのみ動作するようにソフトウェアロックするか、一台GP2X固有のハードウェアIDに対してロックするか、保護方法二つ考えられるデバイスシリアルナンバー探し出すことも可能で、これをDRMテクノロジー使用するともできる

※この「DRM」の解説は、「GP2X」の解説の一部です。
「DRM」を含む「GP2X」の記事については、「GP2X」の概要を参照ください。


DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:08 UTC 版)

Portable Document Format」の記事における「DRM」の解説

Adobe LiveCycle(英語版製品群ではDRMを実装しており、エンドユーザー配布されPDFに対して、後から閲覧権限変更することができる。応用一例としては、配布されPDF内容古くなってしまった場合閲覧禁止として、新しい版をダウンロードするよう求めるような例がある。

※この「DRM」の解説は、「Portable Document Format」の解説の一部です。
「DRM」を含む「Portable Document Format」の記事については、「Portable Document Format」の概要を参照ください。


DRM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 06:02 UTC 版)

デジタルラジオ」の記事における「DRM」の解説

詳細は「デジタル・ラジオ・モンディエール」を参照 Digital Radio Mondiale。AMラジオ中波)にも使用できる方式だが、主に短波ラジオ使われている。

※この「DRM」の解説は、「デジタルラジオ」の解説の一部です。
「DRM」を含む「デジタルラジオ」の記事については、「デジタルラジオ」の概要を参照ください。


D.R.M (Di Ravello Militia)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:58 UTC 版)

ジャストコーズ3」の記事における「D.R.M (Di Ravello Militia)」の解説

ディラベロ将軍支配下にある民兵組織。街の警察署占拠しており、戦闘の際には政府軍と共にリコに対して兵士送り込んでくる。

※この「D.R.M (Di Ravello Militia)」の解説は、「ジャストコーズ3」の解説の一部です。
「D.R.M (Di Ravello Militia)」を含む「ジャストコーズ3」の記事については、「ジャストコーズ3」の概要を参照ください。


Dr.M(声:広川太一郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 11:13 UTC 版)

天外魔境 第四の黙示録」の記事における「Dr.M(声:広川太一郎)」の解説

ミネソタ支配する十二使徒一人見た目マッドサイエンティスト老人太陽十字軍の移動要塞アラモ設計した天才科学者だが、ストーリーが進むと十二使徒としての本性現す機械による人間支配目論み、人間退化させ、のような家畜「ネオ・キャトル」にしてしまう機械DEVO発明する。Dr.M自身サイボーグで、車と人型ロボット合体したような姿をしている。セリフ各所広川アドリブ入っており、このゲームで最も文字と声が一致しないキャラである。

※この「Dr.M(声:広川太一郎)」の解説は、「天外魔境 第四の黙示録」の解説の一部です。
「Dr.M(声:広川太一郎)」を含む「天外魔境 第四の黙示録」の記事については、「天外魔境 第四の黙示録」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DRM」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DRM」の関連用語

DRMのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DRMのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDRMの記事を利用しております。
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2024 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDRM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBB5.jp (改訂履歴)、Xbox One (改訂履歴)、GP2X (改訂履歴)、Portable Document Format (改訂履歴)、デジタルラジオ (改訂履歴)、ジャストコーズ3 (改訂履歴)、天外魔境 第四の黙示録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS