油膜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > > 油膜の意味・解説 

油膜

英語 oil film

薄く広がった油の膜。例えば、平軸受けにおいて軸受けメタルと軸との間に詰まった油のことを指す。潤滑油温度上昇したり荷重大きかったりすると、この油膜が局部的薄くなり、金属接触起こし場合によっては焼き付き起こすことがあるまた、シリンダー内面形成される油膜でピストン潤滑する。エンジン内部での油膜の形成には、表面の状態以外に油性大きく影響する。さらに、水面を覆う虹色分子レベル厚さの膜のこともいう。

参照 オイルクリアランス
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

油膜

【英】oil film

摩擦面形成される潤滑油薄膜荷重,すべり速度潤滑油粘度などにより形成される。油膜厚さ表面凹凸比べて十分大き場合は,流体潤滑状態であり,摩擦抵抗小さい。油膜が薄くなり,局部的金属接触を伴う場合境界潤滑態となり,摩耗焼付き起こりやすい。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」



油膜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「油膜」の関連用語

油膜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



油膜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved

©2020 Weblio RSS