重ね合わせの原理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 原理 > 重ね合わせの原理の意味・解説 

かさねあわせ の げんり -あはせ- [8] 【重ね合わせの原理】

二つの波が一点出合う場合のように,それぞれの変化を表す量を合わせたものが,全体変化の量を示すとき,重ね合わせの原理が成り立つという。おもに波動見られる現象で,光や音の干渉はその例である。重畳原理

重ね合わせの原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/31 16:01 UTC 版)

物理学およびシステム理論における重ね合わせの原理[1](かさねあわせのげんり、: superposition principle[2])とは、線形な系一般に成り立つ特徴的な原理。二つ以上の入力が同時に与えられた時に系が返す応答が、それぞれの入力が単独に加えられた場合に返される応答の総和となることをいう。つまり、入力 A に対して応答 X が返され、入力 B に対して応答 Y が返されるならば、入力 ( A + B ) に対して返される応答は ( X + Y ) である。


  1. ^ a b 物理学辞典編集委員会(編) 『物理学辞典(三訂版)』 培風館、2005年ISBN 456302094X
  2. ^ Valerie Illingworth (ed.) (1991). The Penguin Dictionary of Physics. Penguin Books, London. 
  3. ^ R. P. Feynman, R. B. Leighton, M. Sands (1963). 1. Addison-Wesley. http://feynmanlectures.caltech.edu/I_30.html+2016年6月9日閲覧。. 
  4. ^ N. K. Verma (2013). Physics for Engineers. PHI Learning Pvt. Ltd.. p. 361. https://books.google.com.br/books?id=kY-7AQAAQBAJ&lpg=PA361&dq=feynman%20interference%20and%20diffraction&pg=PA361#v=onepage&q=feynman%20interference%20and%20diffraction&f=false 2016年6月9日閲覧。. 
  5. ^ Tim Freegard (2012). Introduction to the Physics of Waves. Cambridge University Press. p. 106. https://books.google.com.br/books?id=eMMgAwAAQBAJ&lpg=PA106&dq=feynman%20interference%20and%20diffraction&pg=PA106#v=onepage&q=feynman%20interference%20and%20diffraction&f=false 2016年6月9日閲覧。. 
  6. ^ H.A. Kramers (1957). Quantum Mechanics. Dover. p. 62. ISBN 9780486667720. 
  7. ^ a b Solem, J. C.; Biedenharn, L. C. (1993). “Understanding geometrical phases in quantum mechanics: An elementary example”. Foundations of Physics 23 (2): 185–195. Bibcode 1993FoPh...23..185S. doi:10.1007/BF01883623. http://link.springer.com/article/10.1007%2FBF01883623 2016年6月10日閲覧。. 
  8. ^ L. J. Boya (1989). “State space as projective space. The case of massless particles”. Foundations of Physics 19 (11): 1363-1370. 
  9. ^ P.A.M. Dirac (1958). The Principles of Quantum Mechanics (4th edition ed.). Oxford University Press, Oxford UK. p. 14. 
  10. ^ J.E. Shigley, C.R. Mischke, R.G. Budynas (2004). Mechanical Engineering Design. McGraw-Hill Professional. p. 192. ISBN 0072520361. 
  11. ^ K.J. Bathe (1996). Finite Element Procedures. Prentice-Hall, Englewood Cliffs. p. 785. ISBN 0133014584. 
  12. ^ L. Brillouin (1946). Wave propagation in Periodic Structures: Electric Filters and Crystal Lattices. McGraw–Hill, New York. p. 2-3. 


「重ね合わせの原理」の続きの解説一覧





重ね合わせの原理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「重ね合わせの原理」の関連用語

重ね合わせの原理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

金ごき

大型化学消防艇

固定衛星通信

ハジロカイツブリ

6000系

カキ

那須岳

五指山猪





重ね合わせの原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重ね合わせの原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS