鴇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > の意味・解説 

つき 【 鵇 ・鴇


とき [1] 【鴇・〈朱鷺〉・〈桃花鳥〉】

コウノトリ目トキ科学名ニッポニア-ニッポン全長75センチメートル全身白色羽毛に覆われ、後頭部長い冠羽がある。翼や尾羽淡紅色鴇色)を呈し、顔の裸出部と脚は赤色繁殖期には羽色灰色となる。黒く長いくちばし下方湾曲する。日本では1981年昭和56)に野生種絶滅し、現在、中国陝西せんせい)省で繁殖確認されているのみ。特別天然記念物および国際保護鳥朱鷺しゆろ)。

読み方:ノガン(nogan)

ノガン科

学名 Otis tarda



読み方:ノガン(nogan)

俗に山七面鳥といわれる

季節

分類 動物


トキ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/29 12:37 UTC 版)

トキ(桃花鳥、朱鷺、鴇、Nipponia nippon)は、ペリカン目トキ科トキ属に分類される鳥類。


  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng> (Retrived 02/06/2019)
  2. ^ a b UNEP (2019). Nipponia nippon. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Retrived 02/06/2019)
  3. ^ a b c d e f BirdLife International 2018. Nipponia nippon. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T22697548A132069229. http://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22697548A132069229.en. Downloaded on 02 June 2019.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 藤井幹 「トキ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい、2014年、26-27頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 永田尚志 「トキ」『 環境省レッドリスト2019補遺資料』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室、2019年、14頁。(環境省・2019年6月2日に利用)
  6. ^ a b c 日本鳥学会 「トキ」『日本鳥類目録 改訂第7版』、日本鳥学会、2012年、88頁。
  7. ^ 世界中のトキ、1814羽に - 中国国際放送局、2010年12月26日
  8. ^ a b 中国と日本、トキを共同で保護 - 中国国際放送局、2010年12月23日
  9. ^ asahi.com トキと人びと--放鳥へ(3) 雄雌判別・DNA分析 山本義弘教授[リンク切れ]
  10. ^ a b c 蘇雲山、河合明宣トキ再導入プロジェクトの日中韓比較 - 生物多様性保全と農業環境政策の課題」『放送大学研究年報』第27号、放送大学、2009年、 75-91頁、 NAID 110007559164
  11. ^ a b c 蘇雲山 (2012年7月30日). “中国トキに関する情報(第3回トキ野生復帰分科会資料) (PDF)”. 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月25日閲覧。
  12. ^ a b 永田尚志トキの野生復帰の現状〜佐渡の現場から (PDF) - 2010年度第1回日本海学講座
  13. ^ a b “日中トキ、やはり同一種 DNA分析で確認”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2003年9月25日). オリジナルの2011年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110924232229/http://www.47news.jp/CN/200309/CN2003092501000416.html 
  14. ^ a b “能登、佐渡のトキは同一種 県など、DNA鑑定で確認 「能里」の子孫、里帰りへ”. 北國新聞 (北國新聞社). (2009年7月27日). オリジナルの2009年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090730235010/http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20090727101.htm 
  15. ^ a b c 『朱鷺の国から』、88-89頁。
  16. ^ a b c 高野伸二『カラー写真による日本産鳥類図鑑』1981年、東海大学出版会、ISBN 9784486006480
  17. ^ a b 絶滅危惧種検索 トキウモウダニ(2012年7月28日時点のアーカイブ
  18. ^ a b 丁 2007, p. 不明.
  19. ^ (Matheu & Hoyo, 1992)[疑問点]
  20. ^ 中村登流・中村雅彦『原色日本野鳥生態図鑑 水鳥編』保育社、1995年、ISBN 4586302062[要ページ番号]
  21. ^ a b 1934年(昭和9年)12月28日文部省告示第312号「史蹟名勝天然記念物指定」
  22. ^ 新潟県林務課による調査(1952年2月発表)
  23. ^ a b 1953年(昭和26年)6月22日文化財保護委員会告示第49号「天然記念物トキを特別天然記念物に指定した件」
    Wikisource reference 1953年(昭和26年)6月22日文化財保護委員会告示第49号. 天然記念物トキを特別天然記念物に指定した件. - ウィキソース. 
  24. ^ 小林照幸『朱鷺の遺言』(中央公論社、1998年、ISBN 9784120027802)には、NHKが1969年(昭和44年)2月22日に放送した番組中でトキの空撮映像(秋の映像であったことから、撮影は1968年(昭和43年)かそれ以前と考えられる)を使用し、その年から黒滝山の営巣地が放棄されたこと、佐藤春雄ら佐渡トキ愛護会のメンバーは空撮が原因だと考えていたと述べられている。
  25. ^ 春山陽一『朱鷺物語』朝日新聞社、1985年、ISBN 4022554398
  26. ^ a b 1993年(平成5年)2月10日政令第17号「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令」
  27. ^ 1993年(平成5年)11月26日環境庁告示第96号「保護増殖事業計画を定める件」
  28. ^ 1999年(平成11年)9月14日環境庁告示第43号「保護繁殖を特に図る必要がある鳥獣を定める件」
  29. ^ 2002年(平成14年)12月26日環境省令第28号「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則」
  30. ^ 『日本の希少鳥類を守る』、9頁。
  31. ^ “日本産トキ復活計画…凍結細胞からiPS技術で”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年9月27日). オリジナルの2012年9月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120930024415/http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120926-OYT1T01689.htm 2012年9月28日閲覧。 
  32. ^ 飼育中のトキ一覧”. 佐渡トキ保護センター. 2012年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月23日閲覧。
  33. ^ 放鳥したトキの識別方法(2012年2月6日時点のアーカイブ) - 佐渡トキファンクラブ
  34. ^ 放鳥トキ情報”. 2012年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月25日閲覧。
  35. ^ 大竹伸郎、小佐渡東部月布施地区における棚田の実態調査 (PDF)2006年(調査対象はわずか13世帯だが、そのうち4分の1が反対しており、「どちらとも言えない」と回答した者を含めると半数を上回る)[リンク切れ]
  36. ^ 木南莉莉 環境保全を軸とした持続可能な里山・棚田維持管理システムの構築 -社会環境分析グループの中間報告- (PDF) (2005年1月21日時点のアーカイブ)(データは、佐渡地域振興局農林水産部による「トキの野生復帰に関する農家アンケート」)
  37. ^ トキのひな3羽に…同じペアから、もう2羽誕生”. 読売新聞社. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月23日閲覧。
  38. ^ “トキ:ひなのふ化8羽目”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2012年7月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120720021406/http://mainichi.jp/select/news/20120520k0000m040020000c.html 2012年5月20日閲覧。 
  39. ^ 放鳥トキのひなの愛称が決まりました(速報)”. 佐渡市 (2012年5月23日). 2012年5月24日閲覧。
  40. ^ 放鳥トキ情報による
  41. ^ 中国通信社:中国、トキ保護の国際交流を強化、過去の分布回復めざす(2009年2月12日時点のアーカイブ
  42. ^ 中国の自然保護区は国家級、省級、県級・市級と、国家あるいは各行政組織でそれぞれ指定・管理されている。
  43. ^ 蘇雲山 (2012年7月30日). “中国トキに関する情報(第3回トキ野生復帰分科会資料) (PDF)”. 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月25日閲覧。
  44. ^ 2008年9月4日サーチナ「タンチョウの中国国鳥化に異議、「学名が“日本鶴”!」(2008年9月4日時点のアーカイブ
  45. ^ レコードチャイナ韓国にトキ1つがい贈呈へ―中国
  46. ^ 中華日報中国のトキ、輸送チャーター機で韓国へ
  47. ^ 【写真】牛浦沼地のトキ、こんなに大きくなったよ! - 『中央日報』2009年6月25日付
  48. ^ 牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡 - 『中央日報』2009年7月16日付
  49. ^ 경남도, 올해 따오기 한쌍 추가 도입키로 - 京郷新聞 2011年3月6日(朝鮮語)
  50. ^ 창녕 우포따오기 식구 늘어 올해 7개 산란…6마리 부화 성공 - 일간뉴스경남(日刊NEWS慶南)、2012年5月13日。
  51. ^ 『中央日報』「絶滅のトキ、中国から譲り受けて繁殖させたい」
  52. ^ 1960年(昭和35年)5月13日郵政省告示第311号「第十二回国際鳥類保護会議を記念して十円郵便切手を発行する件」
  53. ^ 1981年(昭和56年)7月4日郵政省告示第480号「自然公園五十年を記念して六十円郵便切手を発行する件」
  54. ^ 1999年(平成11年)7月8日郵政省告示第500号「ふるさと八十円郵便切手(信越)二種を発行する件」
  55. ^ 2000年(平成12年)7月7日郵政省告示第435号「郵便葉書を発行する件」
    2000年(平成12年)7月7日郵政省告示第436号「郵便葉書を発行する件」
  56. ^ 日本郵便ホームページ・普通切手一覧
  57. ^ 2002年(平成14年)12月26日環境省令第28号「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則」
  58. ^ 中国濒危和保护动物数据库(中国瀕危・保護動物データベース) - 中国科学院科学データベース(中国語)
  59. ^ 따오기 - 남북의 천연기념물(南北朝鮮の天然記念物)(朝鮮語)
  60. ^ 환경부, 멸종위기야생동·식물 246종으로 확대·관리한다(2013年7月31日時点のアーカイブ) - 韓国環境部 (朝鮮語)
  61. ^ 「人とトキが共生できる地域環境づくりプロジェクト(Environment Construction at Co-existent Areas of Human Beings and Crested Ibis)」”. 国際協力機構. 2016年2月24日閲覧。
  1. ^ かつては、巣からの距離が50 - 100メートル程度の範囲を縄張りとして、親鳥は強い縄張り意識を持っていたが、最近では巣と巣の間が10メートルほどのところも見られる[18][要ページ番号]
  2. ^ 以前は1本のクヌギの木に30組ものつがいが営巣していたこともあった[18][要ページ番号]
  3. ^ 個体群が大きかった頃は小規模なコロニーで繁殖していた[19][20]



出典:『Wiktionary』 (2011/06/16 11:04 UTC 版)

発音

名詞

  1. とき、コウノトリ目トキ科学名:Nipponia nippon
    別表記:朱鷺

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鴇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鴇」の関連用語

鴇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鴇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS