お玉とは? わかりやすく解説

お‐たま【御玉】

読み方:おたま

御玉杓子(おたまじゃくし)1」の略。

《「玉」は「玉子」の略》鶏卵女性語


お玉杓子

(お玉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 17:47 UTC 版)

お玉杓子(おたまじゃくし、英語: Ladle)とは、食物を掬(すく)うための調理器具の一種。「玉杓子(たまじゃくし)」または単に「おたま」ともいう。本項では西洋料理に由来するレードルや中華料理の鉄勺や湯勺についても述べる。


  1. ^ a b 宇野隆夫「古墳時代中・後期における食器・調理法の革新:律令制的食器様式の確立過程」『日本考古学』第6巻第7号、日本考古学協会、1999年、 25-42頁、 doi:10.11215/nihonkokogaku1994.6.25ISSN 1340-8488NAID 130003637143
  2. ^ a b c 【食?問】「おたま」選びのポイントは?『東京新聞』朝刊2018年12月8日(24面)記事中における東京聖栄大学附属調理師専門学校教員による解説。
  3. ^ a b 中華のまめ知識 味の素、2021年1月17日閲覧。
  4. ^ 「食用油使用実態」比較 日清オイリオ 生活科学情報 NO.11、2021年1月17日閲覧。
  5. ^ a b 山形の木の文化 第4巻-庄内地区編 p.44-45 山形県森林協会、2021年1月17日閲覧。


「お玉杓子」の続きの解説一覧

お玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:18 UTC 版)

じゃりン子チエ」の記事における「お玉」の解説

砂利屋の経営者で、じゃり玉の異名を持つ。旧友でともに空手道場に通っていた。テツ無理やりダンプ乗せて自社現場に連れ込むなど豪快な性格の持ち主

※この「お玉」の解説は、「じゃりン子チエ」の解説の一部です。
「お玉」を含む「じゃりン子チエ」の記事については、「じゃりン子チエ」の概要を参照ください。


お玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 19:19 UTC 版)

奇々怪界-謎の黒マント-」の記事における「お玉」の解説

様々な編隊組んで登場する人魂全て撃破するアイテム落とす。第六章までの全ステージ出現する

※この「お玉」の解説は、「奇々怪界-謎の黒マント-」の解説の一部です。
「お玉」を含む「奇々怪界-謎の黒マント-」の記事については、「奇々怪界-謎の黒マント-」の概要を参照ください。


お玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:15 UTC 版)

必殺4 恨みはらします」の記事における「お玉」の解説

西 順之助が所有していた鉄砲使用して窮地立たされた主水危機救った

※この「お玉」の解説は、「必殺4 恨みはらします」の解説の一部です。
「お玉」を含む「必殺4 恨みはらします」の記事については、「必殺4 恨みはらします」の概要を参照ください。


お玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 19:58 UTC 版)

大経師昔暦」の記事における「お玉」の解説

女中両親はすでに亡く伯父赤松梅龍唯一の肉親

※この「お玉」の解説は、「大経師昔暦」の解説の一部です。
「お玉」を含む「大経師昔暦」の記事については、「大経師昔暦」の概要を参照ください。


お玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:48 UTC 版)

平成狸合戦ぽんぽこ」の記事における「お玉」の解説

権太の妻。夫を深く愛しており、彼が重傷負ったときにも献身的に看病していた。

※この「お玉」の解説は、「平成狸合戦ぽんぽこ」の解説の一部です。
「お玉」を含む「平成狸合戦ぽんぽこ」の記事については、「平成狸合戦ぽんぽこ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「お玉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「お玉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

お玉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお玉杓子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのじゃりン子チエ (改訂履歴)、奇々怪界-謎の黒マント- (改訂履歴)、必殺4 恨みはらします (改訂履歴)、大経師昔暦 (改訂履歴)、平成狸合戦ぽんぽこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS