贋札とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 紙幣 > 贋札の意味・解説 

がん‐さつ【×贋札】


にせ‐さつ【偽札/×贋札】

にせの紙幣偽造紙幣がんさつ


がん‐さつ【贋札】

〔名〕 偽造した紙幣にせさつ

新聞雑誌六号明治四年(1871)七月福岡藩贋札(ガンサツ)事件に付黒田長知知事職を免ぜられ」


にせ‐さつ【贋札・偽札】


にせ‐ふだ【贋札・偽札・似札】

〔名〕 (「」は南北朝末ごろから用いられた、現金代わりに金額書きつけ流通手形のこと) 偽造した信用証券

浮世草子新色五巻書(1698)二「となりの見世行者、似(ニ)せ(フダ)つかふて命からがら


贋札

読み方:ガンサツ(gansatsu)

本物似せてつくった偽造紙幣


贋札

読み方:ガンサツ(gansatsu)

にせさつ


偽札

(贋札 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 14:56 UTC 版)

偽札(にせさつ)とは、偽造された紙幣のことを指し、一般に使用を目的として通貨を複製・偽造し、肉眼・機械その他の方法での判別を困難にしたものをいう。贋札(がんさつ)とも呼ばれている。


注釈

  1. ^ 最初の紙幣とされる宋王朝交子は、当初は鉄貨の引換券だった。

出典

  1. ^ 日本で偽札が流通しない理由を考察 紙幣の技術は「非の打ち所がない」”. livedoor ニュース (2017年1月15日). 2017年10月29日閲覧。
  2. ^ フェルトペンの一種。アメリカ合衆国ドル紙幣に有効。特殊なインクを使用しており、真券ならばこれで引いた線は金色のままだが、偽札は引くそばから黒く変わる。
  3. ^ 株安、ルピー安のインド経済に激震!? インドの高額紙幣廃止問題とは 日経BP(2016年12月7日)2017年9月3日閲覧
  4. ^ 植村 1994, pp. 10-11.
  5. ^ 種村 1990, pp. 250-251, 263.
  6. ^ a b 読売新聞 1981年8月14日
  7. ^ 「ニセ札犯スピード逮捕 使い残し十六枚押収」『朝日新聞』昭和42年9月3日朝刊、12版、15面
  8. ^ 「円高ねらうドル偽造団 4百貨店だまされる」『朝日新聞』昭和47年8月1日.19面
  9. ^ 松村喜秀 (2007年8月3日). “北朝鮮だけではなかった偽ドル札づくり”. SEFETY JAPAN (日経BP). http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/ea/03/index2.html 2015年12月3日閲覧。 
  10. ^ 極めて精巧な偽造100ドル紙幣 相次いで見つかる”. NHKニュース (2017年10月29日). 2017年10月29日閲覧。
  11. ^ 中国建国以来最大規模の偽札事件を摘発、偽札総額約64億円”. AFP (2020年5月19日). 2020年7月3日閲覧。
  12. ^ 『通貨偽造罪の研究』佐伯仁志 pp.33、日本銀行金融研究所論文
  13. ^ 旧日本軍の偽札用紙見つかる 民間巻き込んだ製造裏付け - 朝日新聞2015年1月6日
  14. ^ 最後に悪い物を持ったままになると損害を被る状況になるので、知らぬ振りをして誰かに回してしまうこと。トランプゲームより。



贋札

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:10 UTC 版)

この単語漢字
がん
表外漢字
さつ
第四学年
音読み
この単語漢字
にせ
表外漢字
さつ
第四学年
湯桶読み

名詞

(がんさつ または にせさつ)

  1. 偽物紙幣

翻訳

関連語




贋札と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「贋札」の関連用語

贋札のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



贋札のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偽札 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの贋札 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS