パクリタキセルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > パクリタキセルの意味・解説 

パクリタキセル

分子式C47H51NO14
その他の名称:タキソールタキソールA、TaxolTaxol A、(αR,βS)-β-Benzoylamino-α-hydroxybenzenepropanoic acid (2aR,11S)-6α,12bβ-diacetoxy-12β-benzoyloxy-2aβ,3,4,4a,5,6,9,10,11,12,12aβ,12b-dodecahydro-4α,11-dihydroxy-4aα,8,13,13-tetramethyl-5-oxo-7,11-methano-1H-cyclodeca[3,4]benz[1,2-b]oxet-9β-yl ester、NSC-125973、パクリタキセル、Paclitaxel、(1S)-4α,10β-Diacetoxy-2α-(benzoyloxy)-5β,20-epoxy-1,7β-dihydroxy-13α-[[(2R,3S)-2-hydroxy-3-(benzoylamino)-3-phenylpropionyl]oxy]taxa-11-ene-9-one、(-)-パクリタキセル、1,7β-Dihydroxy-2α-(benzoyloxy)-4,10β-diacetoxy-13α-[[(2R,3S)-2-hydroxy-3-phenyl-3-(benzoylamino)propionyl]oxy]-5β,20-epoxytaxa-11-ene-9-one、(1S)-4α,10β-Bis(acetoxy)-2α-(benzoyloxy)-5β,20-epoxy-1,7β-dihydroxy-13α-[[(2R,3S)-2-hydroxy-3-(benzoylamino)-3-phenylpropionyl]oxy]taxa-11-ene-9-one、(2R,3S)-3-(Benzoylamino)-2-hydroxy-3-phenylpropionic acid 1,7β-dihydroxy-2α-(benzoyloxy)-4,10β-diacetoxy-9-oxo-5β,20-epoxytaxa-11-ene-13α-yl ester、(1S)-4α,10β-Diacetoxy-1,7β-dihydroxy-13α-[[(2R,3S)-2-hydroxy-3-(benzoylamino)-3-phenylpropionyl]oxy]-2α-(benzoyloxy)-5β,20-epoxytaxa-11-ene-9-one、Abraxane、(αR,βS)-β-Benzoylamino-α-hydroxybenzenepropanoic acid (2aR,11S)-6α,12bβ-diacetoxy-12β-benzoyloxy-2aβ,3,4,4a,5,6,9,10,11,12,12aβ,12b-dodecahydro-4α,11-dihydroxy-4aα,8,13,13-tetramethyl-5-oxo-7,11-methano-1H-cyclodeca[3,4]benzo[1,2-b]oxete-9β-yl ester、(2R,3S)-2-Hydroxy-3-(benzoylamino)-3-phenylpropionic acid 1,7β-dihydroxy-2α-(benzoyloxy)-4,10β-diacetoxy-5β,20-epoxy-9-oxotaxa-11-ene-13α-yl ester、4α,10β-Di(acetyloxy)-2α-benzoyloxy-5β,20-epoxy-1α,7β,13α-trihydroxytaxane-11-ene-9-one 13-[(2R,3S)-3-(benzoylamino)-2-hydroxy-3-phenylpropanoate]、アブラキサン(-)-PaclitaxelABI-007、BMS-181339-01、カプキソール、Capxol、DHP-107、エベタキセル、Ebetaxel、EmPAC、エンドTAG-1、ゲナキソール、Genaxol、ゲネタキシル、Genetaxyl、ゲネキソール、Genexol、ゲネキソール-PM、Genexol-PM、インタキセル、Intaxel、NK-105、MBT-0206、ミトタックス、Mitotax、オンコゲル、OncoGel、オンキサル、Onxal、パクリエックス、Pacliex、プラキシセル、Plaxicel、QW-8184、タックスアルビン、TaxAlbin、タクサス、Taxus、タクサスリベルト、Taxus LiberteTAXUSステントTAXUS stent、トコソルパクリタキセル、Tocosol Paclitaxel、イエウタキサン、Yewtaxan、アルブミン結合パクリタキセル、Albumin-bound paclitaxel
体系名:(1S)-4α,10β-ジアセトキシ-2α-(ベンゾイルオキシ)-5β,20-エポキシ-1,7β-ジヒドロキシ-13α-[[(2R,3S)-2-ヒドロキシ-3-(ベンゾイルアミノ)-3-フェニルプロピオニル]オキシ]タキサ-11-エン-9-オン、(αR,βS)-β-ベンゾイルアミノ-α-ヒドロキシベンゼンプロパン酸(2aR,11S)-6α,12bβ-ジアセトキシ-12β-ベンゾイルオキシ-2aβ,3,4,4a,5,6,9,10,11,12,12aβ,12b-ドデカヒドロ-4α,11-ジヒドロキシ-4aα,8,13,13-テトラメチル-5-オキソ-7,11-メタノ-1H-シクロデカ[3,4]ベンゾ[1,2-b]オキセト-9β-イル、(2R,3S)-2-ヒドロキシ-3-(ベンゾイルアミノ)-3-フェニルプロピオン酸1,7β-ジヒドロキシ-2α-(ベンゾイルオキシ)-4,10β-ジアセトキシ-5β,20-エポキシ-9-オキソタキサ-11-エン-13α-イル、4α,10β-ジ(アセチルオキシ)-2α-ベンゾイルオキシ-5β,20-エポキシ-1α,7β,13α-トリヒドロキシタキサン-11-エン-9-オン13-[(2R,3S)-3-(ベンゾイルアミノ)-2-ヒドロキシ-3-フェニルプロパノアート]、1,7β-ジヒドロキシ-2α-(ベンゾイルオキシ)-4,10β-ジアセトキシ-13α-[[(2R,3S)-2-ヒドロキシ-3-フェニル-3-(ベンゾイルアミノ)プロピオニル]オキシ]-5β,20-エポキシタキサ-11-エン-9-オン、(2R,3S)-3-(ベンゾイルアミノ)-2-ヒドロキシ-3-フェニルプロピオン酸1,7β-ジヒドロキシ-2α-(ベンゾイルオキシ)-4,10β-ジアセトキシ-9-オキソ-5β,20-エポキシタキサ-11-エン-13α-イル、(1S)-4α,10β-ビス(アセトキシ)-2α-(ベンゾイルオキシ)-5β,20-エポキシ-1,7β-ジヒドロキシ-13α-[[(2R,3S)-2-ヒドロキシ-3-(ベンゾイルアミノ)-3-フェニルプロピオニル]オキシ]タキサ-11-エン-9-オン、(1S)-4α,10β-ジアセトキシ-1,7β-ジヒドロキシ-13α-[[(2R,3S)-2-ヒドロキシ-3-(ベンゾイルアミノ)-3-フェニルプロピオニル]オキシ]-2α-(ベンゾイルオキシ)-5β,20-エポキシタキサ-11-エン-9-オン


パクリタキセル

paclitaxel

【概要】 抗癌剤一般名商品名タキソール(Taxol)で販売ブリストル製薬剤型は30mg/5mL/Vの注射薬。 

用法用量1日1回210mg/m2を3時間かけて点滴静注。3週間して繰り返す

【効果】 微小管蛋白重合促進して、紡錘体機能障害することにより細胞分裂阻害して抗腫瘍活性発揮する。日本での適応卵巣癌、非小細胞癌、乳癌のみ。アメリカではカポジ肉腫にも使われる。 

【副作用・相互作用重篤骨髄抑制があるので投与前に好中球数が2000以上あることを確認する。P450 CYP3A4阻害する併用でパクリタキセルの血中濃度上昇する可能性がある。その他過敏反応低血圧徐脈関節痛筋肉痛発熱末梢神経障害性腺障害

《参照》 カポジ肉腫の治療


パクリタキセル

【仮名】ぱくりたきせる
原文paclitaxel

乳がん卵巣がん、およびaids関連ポジ肉腫治療に用いられる薬物。他の薬物組み合わせ非小細胞肺がん治療に用いられることもある。パクリタキセルは他の種類のがんに対す治療薬としても研究されている。細胞分裂阻害薬一種である。「taxolタキソール)」とも呼ばれる

パクリタキセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 04:26 UTC 版)

パクリタキセル(Paclitaxel、略称: TXL、PTX、PAC)は、がん化学療法において用いられる有糸分裂阻害剤英語版の一つである。タキサン系に属する。タイヘイヨウイチイTaxus brevifolia )の樹皮から単離され、「taxol(タキソール)」と命名された[1]。後に、樹皮中の内生菌がパクリタキセルを合成していることが発見された[2]




  1. ^ Wani, M. C.; Taylor, H. L.; Wall, M. E.; Coggon, P.; McPhail, A. T. (1971). “Plant antitumor agents. VI. Isolation and structure of taxol, a novel antileukemic and antitumor agent from Taxus brevifolia”. J. Am. Chem. Soc. 93 (9): 2325–2327. doi:10.1021/ja00738a045. 
  2. ^ Stierle A, Strobel G, Stierle D (1993). “Taxol and taxane production by Taxomyces andreanae, an endophytic fungus of Pacific yew”. Science 260 (5105): 214-216. doi:10.1126/science.8097061. PMID 8097061. 
  3. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 17.
  4. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 22.
  5. ^ Goodman & Walsh 2001, pp. 25,28.
  6. ^ a b Goodman & Walsh 2001, p. 51.
  7. ^ Wall, ME; Wani, MC (1995). “Camptothecin and taxol: Discovery to clinic--thirteenth Bruce F. Cain Memorial Award Lecture”. Cancer Research 55 (4): 753–60. PMID 7850785. 
  8. ^ “Plant antitumor agents. VI. The isolation and structure of taxol, a novel antileukemic and antitumor agent from Taxus brevifolia”. J Am Chem Soc 93 (9): 2325–7. (1971). doi:10.1021/ja00738a045. PMID 5553076. 
  9. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 81.
  10. ^ Goodman & Walsh 2001, pp. 79,81.
  11. ^ Fuchs, David A; Johnson, Randall K (1978). “Cytologic evidence that taxol, an antineoplastic agent from Taxus brevifolia, acts as a mitotic spindle poison”. Cancer Treatment Reports 62 (8): 1219–22. PMID 688258. 
  12. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 95.
  13. ^ a b Goodman & Walsh 2001, p. 97
  14. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 115.
  15. ^ a b c d Goodman & Walsh 2001, p. 120
  16. ^ Rowinsky, EK (1988). “Phase II study of taxol in advanced epithelial malignancies”. Proceedings of the Association of Clinical Oncology 7: 136. 
  17. ^ Technology Transfer: NIH-Private Sector Partnership in the Development of Taxol (PDF)”. 2016年7月17日閲覧。
  18. ^ Nader, Ralph; Love, James. "Looting the medicine chest: how Bristol-Myers Squibb made off with the public's cancer research[リンク切れ]." The Progressive英語版. February 1993. Retrieved on March 9, 2007.
  19. ^ “Names for hi-jacking”. Nature 373 (6513): 370. (1995). doi:10.1038/373370a0. PMID 7830775. 
  20. ^ Goodman & Walsh 2001, p. 170.
  21. ^ タキソール注射液30mg/100mg 添付文書” (2016年4月). 2016年7月17日閲覧。
  22. ^ NK105 パクリタキセルミセル”. 2014年10月8日閲覧。
  23. ^ Efficient Drug Delivery of Paclitaxel Glycoside: A Novel Solubility Gradient Encapsulation into Liposomes Coupled with Immunoliposomes Preparation. (2014-09-29). http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0107976 2014年10月18日閲覧。. 


「パクリタキセル」の続きの解説一覧



パクリタキセルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類

医薬品 ミフェプリストン  公知申請  パクリタキセル  ドキソルビシン  ダントロレンナトリウム
抗がん剤 FOLFOX  セツキシマブ  パクリタキセル  ドキソルビシン  サリドマイド
アミン ジアザビシクロノネン  フェネチルアミン  パクリタキセル  N,N-ジイソプロピルエチルアミン  Tert-ブチルアミン
芳香族化合物 フェナジン  バニリン  パクリタキセル  チオフェノール  シハロトリン
アルコール シナピルアルコール  2,2,2-トリフルオロエタノール  パクリタキセル  HEPES  モノリグノール
ケトン ルベリトリン酸  クロロアセトン  パクリタキセル  バレロフェノン  シタフロキサシン
エーテル ジフェニルエーテル  モノベンゾン  パクリタキセル  エンフルラン  シハロトリン
エステル オルトケイ酸テトラエチル  クロロギ酸2,2,2-トリクロロエチル  パクリタキセル  シアネート  インドメタシンファルネシル

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パクリタキセル」の関連用語

パクリタキセルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パクリタキセルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパクリタキセル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS