箱根登山鉄道とは? わかりやすく解説

箱根登山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 20:24 UTC 版)

箱根登山鉄道株式会社(はこねとざんてつどう、: Hakone Tozan Railway Co., Ltd.)は、神奈川県小田原市に本社を設け、神奈川県足柄下郡箱根町周辺を主な営業エリアとする小田急グループ鉄道会社である。


注釈

  1. ^ その後信越本線となるルート。
  2. ^ 日本初の馬車鉄道は1882年開業の東京馬車鉄道[19]、2番目となるのは1888年8月9日に開業した群馬県碓氷馬車鉄道[19]
  3. ^ 伊藤はこの年の4月に内閣総理大臣を辞任していた。
  4. ^ 小田原馬車鉄道の1890年度決算においては、総支出24,829円のうち、馬匹費だけで13,069円と半分以上を占めていた[26]
  5. ^ この地域で初めて電灯が導入されたのは、翌1891年に火力発電によって電灯を導入した富士屋ホテルである[34]
  6. ^ この人物は、実業家の益田孝であったと推測されている[59]
  7. ^ 技師から専務取締役になり退社後は湘南電気鉄道京浜電気鉄道海岸電気軌道の役員を歴任『人事興信録. 9版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 五島に対して「箱根登山鉄道を買収したらどうか」と勧めたのは堤康次郎である[118]
  9. ^ この売却に関しては複数の説が存在する。小田急の社史『小田急五十年史』では、箱根登山鉄道は1942年5月に東急の傘下に加わったことになっている[103]。しかし、東急の社史『東急五十年史』では五島慶太が1941年に小田急の社長に就任し、その後に箱根地区における観光事業の強化のために箱根登山鉄道と箱根観光を買収したことになっている[103]一方で、箱根登山鉄道は1941年5月に東急の傘下に入ったことになっている[103]
  10. ^ この事業再編の結果、2002年に分社化した箱根登山バスは、小田急箱根ホールディングスの下で箱根登山鉄道・箱根ロープウェイ・箱根観光船と並列に位置することになる[5]

出典

  1. ^ a b c d e f 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  2. ^ 会社概要 - 箱根登山鉄道
  3. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  4. ^ “山岳路線を持つ東西の鉄道会社6社で「全国登山鉄道‰(パーミル)会」を結成” (PDF) (プレスリリース), 箱根登山鉄道・富士急行大井川鐵道叡山電鉄南海電気鉄道神戸電鉄, (2009年9月3日), http://www.hakone-tozan.co.jp/info/info-par20090903.pdf 2012年12月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 野中 (2006) p.107
  6. ^ 『すばらしい箱根』 p.79
  7. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.76
  8. ^ a b c d e f g h i j 『バスジャパンハンドブック58』 p.31
  9. ^ 青田 (2011) p.107
  10. ^ a b c d 青田 (2011) p.108
  11. ^ 加藤利 (1995) p.34
  12. ^ a b c d e 『すばらしい箱根』 p.31
  13. ^ a b 三宅 (2010) p.36
  14. ^ 加藤利 (1995) p.35
  15. ^ a b c 加藤利 (1995) p.36
  16. ^ a b c 加藤利 (1995) p.39
  17. ^ 青田 (2011) p.115
  18. ^ a b c 加藤利 (1995) p.38
  19. ^ a b 加藤利 (1995) p.37
  20. ^ a b c d e f 『すばらしい箱根』 p.32
  21. ^ a b c d 加藤利 (1995) p.45
  22. ^ a b c 青田 (2011) p.118
  23. ^ a b 青田 (2011) p.119
  24. ^ a b 加藤利 (1995) p.46
  25. ^ a b 加藤利 (1995) p.47
  26. ^ 市川 (1988) p.48
  27. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.33
  28. ^ a b c d e f 加藤利 (1995) p.48
  29. ^ 青田 (2011) p.121
  30. ^ a b 青田 (2011) p.124
  31. ^ a b c d e 青田 (2011) p.125
  32. ^ a b c 加藤利 (1995) p.49
  33. ^ 加藤利 (1995) pp.49-50
  34. ^ a b 加藤利 (1995) p.50
  35. ^ a b c d 加藤利 (1995) p.51
  36. ^ a b c 加藤利 (1995) p.52
  37. ^ a b c d e f 『すばらしい箱根』 p.85
  38. ^ 加藤利 (1995) pp.52-53
  39. ^ a b 加藤利 (1995) p.53
  40. ^ a b c d e f g 加藤利 (1995) p.54
  41. ^ 明治28年9月10日報知新聞『新聞集成明治編年史. 第九卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  42. ^ a b c d 青田 (2011) p.126
  43. ^ a b c d 加藤利 (1995) p.55
  44. ^ a b c d 青田 (2011) p.128
  45. ^ 『すばらしい箱根』 p.34
  46. ^ 三宅 (2010) p.37
  47. ^ 加藤利 (1995) p.60
  48. ^ 加藤利 (1995) pp.63-64
  49. ^ a b c 加藤利 (1995) p.64
  50. ^ 加藤利 (1995) p.63
  51. ^ a b c 市川 (1988) p.50
  52. ^ 加藤利 (1995) p.88
  53. ^ 市川 (1988) p.146
  54. ^ a b c d e 『すばらしい箱根』 p.37
  55. ^ a b c 加藤利 (1995) p.89
  56. ^ 青田 (2011) pp.136-137
  57. ^ a b 加藤利 (1995) p.91
  58. ^ 青田 (2011) p.140
  59. ^ a b 加藤利 (1995) p.92
  60. ^ 『すばらしい箱根』 p.42
  61. ^ a b c d 加藤利 (1995) p.93
  62. ^ a b c 加藤利 (1995) p.94
  63. ^ a b c d e f g h 『すばらしい箱根』 p.47
  64. ^ a b c d e f g 青田 (2011) p.158
  65. ^ a b 加藤利 (1995) p.95
  66. ^ 加藤利 (1995) pp.95-96
  67. ^ a b 加藤利 (1995) p.96
  68. ^ 渡辺 (1985) p.18
  69. ^ a b 青田 (2011) p.143
  70. ^ 加藤利 (1995) p.97
  71. ^ a b c d e f 加藤利 (1995) p.98
  72. ^ a b c d 青田 (2011) p.147
  73. ^ a b 青田 (2011) p.148
  74. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.43
  75. ^ 渡辺 (1985) p.22
  76. ^ a b 荒井 (1994) p.14
  77. ^ 青田 (2011) p.151
  78. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.38
  79. ^ 加藤利 (1995) p.104
  80. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.56
  81. ^ a b c 『すばらしい箱根』 p.39
  82. ^ a b c 加藤利 (1995) p.112
  83. ^ 加藤利 (1995) p.115
  84. ^ 加藤利 (1995) p.110
  85. ^ 加藤利 (1995) p.118
  86. ^ a b c 『すばらしい箱根』 p.44
  87. ^ 加藤利 (1995) p.119
  88. ^ a b c d e f g h 『すばらしい箱根』 p.86
  89. ^ a b 加藤利 (1995) p.123
  90. ^ 加藤利 (1995) p.124
  91. ^ a b 加藤利 (1995) p.106
  92. ^ a b 加藤利 (1995) p.105
  93. ^ 渡辺 (1985) p.31
  94. ^ a b c 青田 (2011) p.157
  95. ^ 青田 (2011) p.162
  96. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.45
  97. ^ a b 青田 (2011) p.165
  98. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.46
  99. ^ a b 青田 (2011) p.146
  100. ^ a b 青田 (2011) p.167
  101. ^ 加藤利 (1995) p.152
  102. ^ a b c 加藤利 (1995) p.153
  103. ^ a b c d e 小川 (1999) p.116
  104. ^ a b 青田 (2011) p.168
  105. ^ 加藤利 (1995) p.154
  106. ^ 青田 (2011) p.169
  107. ^ 『すばらしい箱根』 p.48
  108. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.49
  109. ^ 市川 (1988) p.52
  110. ^ a b c d 加藤利 (1995) p.155
  111. ^ 加藤利 (1995) p.156
  112. ^ a b c 加藤利 (1995) p.165
  113. ^ a b c d e 『すばらしい箱根』 p.50
  114. ^ a b c d e f 青田 (2011) p.170
  115. ^ a b c d 『バスジャパンハンドブック58』 p.26
  116. ^ 『すばらしい箱根』 p.54
  117. ^ 加藤利 (1995) p.172
  118. ^ 中嶋 (2004) p.88
  119. ^ a b c d e f g 『すばらしい箱根』 p.88
  120. ^ 『すばらしい箱根』 p.55
  121. ^ a b c 加藤利 (1995) p.174
  122. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.57
  123. ^ 青木 (1999) p.96
  124. ^ a b c d e f 『バスジャパンハンドブック58』 p.27
  125. ^ 加藤利 (1995) p.175
  126. ^ 『すばらしい箱根』 p.58
  127. ^ a b c 『すばらしい箱根』 p.61
  128. ^ 『すばらしい箱根』 p.59
  129. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.60
  130. ^ 加藤利 (1995) p.170
  131. ^ 加藤利 (1995) p.171
  132. ^ a b c 青木 (1999) p.99
  133. ^ a b 加藤利 (1995) p.179
  134. ^ a b c 加藤利 (1995) p.180
  135. ^ 加藤利 (1995) p.181
  136. ^ 加藤利 (1995) p.182
  137. ^ a b c d e f 青木 (1991) p.72
  138. ^ a b 加藤利 (1995) p.192
  139. ^ 『バスジャパンハンドブック58』 p.28
  140. ^ 加藤利 (1995) pp.207-208
  141. ^ 『すばらしい箱根』 p.62
  142. ^ 『すばらしい箱根』 p.68
  143. ^ 『すばらしい箱根』 p.69
  144. ^ a b c d e 『すばらしい箱根』 p.70
  145. ^ a b c 『すばらしい箱根』 p.71
  146. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.63
  147. ^ a b c 『バスジャパンハンドブック58』 p.29
  148. ^ a b 荒井 (1994) p.28
  149. ^ 『すばらしい箱根』 pp.64-65
  150. ^ a b 『すばらしい箱根』 p.92
  151. ^ a b c d 『すばらしい箱根』 p.72
  152. ^ 『すばらしい箱根』 p.74
  153. ^ a b c d e 『すばらしい箱根』 p.75
  154. ^ 荒井 (1994) p.32
  155. ^ a b 細野 (1989) p.138
  156. ^ a b 三浦 (1993) p.75
  157. ^ 三浦 (1993) p.77
  158. ^ 生方 (1997) p.96
  159. ^ 野中 (2006) p.106
  160. ^ 鶴 (2005) p.33
  161. ^ a b 『バスジャパンハンドブック58』 p.30
  162. ^ 杉田 (2010) p.206
  163. ^ a b 杉田 (2010) p.214
  164. ^ 野中 (2006) p.108
  165. ^ 青田 (2011) p.203
  166. ^ a b “西武鉄道・小田急電鉄・箱根登山鉄道の3社は、スルッとKANSAIと連携し 2009年4月より、資材の共同購入を実施します” (プレスリリース), 小田急電鉄, http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/4414_6536742_.pdf 2013年1月9日閲覧。 
  167. ^ 『すばらしい箱根』 p.87
  168. ^ 『すばらしい箱根』 p.89
  169. ^ 「箱根・丹沢300ミリ越す 走る車も流される」『朝日新聞』昭和47年9月16日夕刊、3版、11面
  170. ^ 『すばらしい箱根』 p.91
  171. ^ 「鉄道記録帳2003年3月」『RAIL FAN』第50巻第6号、鉄道友の会、2003年6月1日、 19頁。
  172. ^ 各駅における標高表示の修正について”. 箱根登山鉄道. 2013年11月30日閲覧。
  173. ^ a b 令和元年台風第19号による被害状況等について(第25報) (PDF)”. 国土交通省 (2019-10-25 7:30). 2019年10月26日閲覧。
  174. ^ 箱根登山ケーブルカー再開 登山電車はバス代替 - 日本経済新聞、2019年10月16日
  175. ^ 箱根登山電車 代行バスの運行について(10/23~) - 箱根登山鉄道、2019年10月21日
  176. ^ 箱根登山電車 台風19号による弊社温泉供給設備の被害状況と復旧計画について - 箱根登山鉄道、2019年10月25日
  177. ^ 箱根登山電車 代行バスの運行について 2019年10月26日(土)代行バス時刻表 - 箱根登山鉄道、2019年10月25日
  178. ^ 箱根登山電車 箱根湯本駅 - 強羅駅間の運転再開の見込みについて (PDF) - 箱根登山鉄道、2019年11月22日、同月24日閲覧
  179. ^ “箱根登山鉄道、運休区間の再開 20年秋に”. 日本経済新聞. (2019年11月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52501880S9A121C1L82000/ 2019年11月23日閲覧。 
  180. ^ “箱根登山鉄道、7月下旬に運転再開へ 予定を前倒し”. 神奈川新聞. (2020年3月26日). オリジナルの2020年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200326055934/https://www.kanaloco.jp/article/entry-310236.html 2020年3月26日閲覧。 
  181. ^ a b “箱根登山電車 箱根湯本駅-強羅駅間の営業運転再開について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 箱根登山鉄道, (2020年6月24日), オリジナルの2020年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200624063044/https://cops.ssl-odakyu.jp/www.hakone-tozan.co.jp/hakone_wp/wp-content/uploads/2020/06/8efd36756ee790977fb0fb4a0b643f14.pdf 2020年7月24日閲覧。 
  182. ^ “箱根登山鉄道、全線で運転再開 「お帰りなさい」沸く沿線”. 神奈川新聞. (2020年7月23日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-418721.html 2020年7月24日閲覧。 
  183. ^ a b “箱根登山鉄道株式会社と箱根ロープウェイ株式会社の合併に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 箱根登山鉄道/箱根ロープウェイ, (2022年1月11日), オリジナルの2022年1月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220111143423/https://www.hakone-tozan.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2022/01/6ad6378fbcf249a4e29200b2524a7f71.pdf 2022年1月15日閲覧。 
  184. ^ 『すばらしい箱根』 p.40
  185. ^ トザンイースト 箱根登山鉄道株式会社
  186. ^ 賃貸事業情報 箱根登山鉄道


「箱根登山鉄道」の続きの解説一覧

箱根登山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 13:58 UTC 版)

途中下車」の記事における「箱根登山鉄道」の解説

長らく温泉めぐりの客の便を考慮して片道乗車券でも2日間有効とし途中下車可能だったが、2002年4月より規則変更し片道当日のみ有効で途中駅で下車した場合前途無効となった

※この「箱根登山鉄道」の解説は、「途中下車」の解説の一部です。
「箱根登山鉄道」を含む「途中下車」の記事については、「途中下車」の概要を参照ください。


箱根登山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 00:48 UTC 版)

箱根フリーパス」の記事における「箱根登山鉄道」の解説

箱根登山電車箱根登山ケーブルカー箱根ロープウェイ全線小田急ロマンスカー利用時は、特急券もしくは座席券が別途必要箱根登山電車臨時列車「夜のあじさい号」は追加料金が必要。

※この「箱根登山鉄道」の解説は、「箱根フリーパス」の解説の一部です。
「箱根登山鉄道」を含む「箱根フリーパス」の記事については、「箱根フリーパス」の概要を参照ください。


箱根登山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:44 UTC 版)

列車番号の付番方法」の記事における「箱根登山鉄道」の解説

鉄道線 小田急線からの直通電車は、こちらを参照強羅方面奇数小田原方面偶数として付番している。 101- …小田原駅箱根湯本駅間 ※定期列車設定はなし 201- …小田原駅強羅駅間 ※定期列車設定はなし 401- …箱根湯本駅強羅駅臨時列車は、6000加わる。 鋼索線 早雲山方面奇数強羅方面偶数として付番している。 2001- …強羅駅早雲山駅

※この「箱根登山鉄道」の解説は、「列車番号の付番方法」の解説の一部です。
「箱根登山鉄道」を含む「列車番号の付番方法」の記事については、「列車番号の付番方法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「箱根登山鉄道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

箱根登山鉄道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



箱根登山鉄道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの箱根登山鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの途中下車 (改訂履歴)、箱根フリーパス (改訂履歴)、列車番号の付番方法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS