樋口 一葉とは?

ひぐち‐いちよう〔‐イチエフ〕【樋口一葉】

1872~1896]小説家歌人東京生まれ本名、なつ。中島歌子和歌学び半井桃水(なからいとうすい)を小説の師とした。「文学界」の同人親交民衆哀歓を描き、独自の境地示した。小説たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」など。


樋口一葉

作者島京子

収載図書木曽秋色
出版社編集工房ノア
刊行年月2005.6


樋口一葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 14:21 UTC 版)

樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日明治5年3月25日)- 1896年明治29年)11月23日)は、日本小説家東京生まれ。戸籍名は「奈津」だが、本人は「夏子」と名乗ることが多かった[1]


  1. ^ 澤田 2005, p. 10.
  2. ^ 澤田 2005, p. 9.
  3. ^ 澤田 2005, p. 13.
  4. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.30
  5. ^ 澤田 2005, p. 14.
  6. ^ 澤田 2005, p. 22.
  7. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.30
  8. ^ 澤田 2005, p. 25.
  9. ^ 澤田 2005, p. 30.
  10. ^ 澤田 2005, pp. 32-34.
  11. ^ a b 婦人と文学宮本百合子青空文庫
  12. ^ 澤田 2005, p. 47.
  13. ^ 澤田 2005, p. 39.
  14. ^ 澤田 2005, p. 41.
  15. ^ 澤田 2005, pp. 43-45.
  16. ^ 『列伝偉人の結婚生活』村上計二郎著、日本書院、大正14年
  17. ^ a b c d e f g h i 無謀な決断が道を拓いた 樋口一葉の日記をたどる」『日本経済新聞』日曜朝刊「NIKKEITheSTYLE」9-11面(2020年11月29日閲覧)
  18. ^ 澤田 2005, pp. 45-47.
  19. ^ 澤田 2005, p. 38.
  20. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  21. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  22. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.32
  23. ^ 澤田 2005, p. 78.
  24. ^ 澤田 2005, pp. 56-65.
  25. ^ 澤田 2005, pp. 85-89.
  26. ^ 澤田 2005, p. 65.
  27. ^ 澤田 2005, pp. 94-96.
  28. ^ 澤田 2005, pp. 106-107.
  29. ^ 澤田 2005, pp. 127-134.
  30. ^ 澤田 2005, pp. 138-143.
  31. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.63
  32. ^ 澤田 2005, p. 161.
  33. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  34. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  35. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  36. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  37. ^ 『樋口一葉と甲州』、pp.50 - 51
  38. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.40
  39. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.50
  40. ^ 澤田 2005, pp. 182-188.
  41. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)p.249
  42. ^ 樋口一葉夭逝す『新聞集成明治編年史 第九卷』林泉社、1936-1940
  43. ^ 澤田 2005, p. 217.
  44. ^ 22歳の春に自分で「法通妙心信女」という戒名(ママ)をつけていたが、井上ひさしはこの戒名に「あなたの文学を解読する鍵がある。あなたは生きながら死んでいたのですね。だからこそこの世がよく見えたのでしょう」と『the座』創刊号の一葉との架空対談で語った(笹沢信『ひさし伝』新潮社 2012年p.287)。
  45. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  46. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  47. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  48. ^ 「大藤村講演會の一幕」『随筆』戸川秋骨著 (奎運社, 1924)
  49. ^ 『列伝偉人の結婚生活』村上計二郎著、日本書院、大正14
  50. ^ 戦前都道府県知事総覧
  51. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  52. ^ 『樋口一葉と甲州』、p.60
  53. ^ 旗手勲「日本資本主義の生成と不動産業国連大学人間と社会の開発プログラム研究報告(1981年、ジェトロアジア経済研究所
  54. ^ 令和6年(2024年)以降発行分に予定されている紙幣刷新により、津田梅子に変更されるまで。
  55. ^ a b 読売新聞2002年8月2日
  56. ^ 現在の『毎日新聞』とは別の新聞。
  57. ^ 『邦楽ジャーナル』11月号
  58. ^ 『日本女性新聞』2017年8月15日(第2246号)、『山梨日日新聞』2017年8月20日。





樋口 一葉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「樋口 一葉」の関連用語

樋口 一葉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樋口 一葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樋口一葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS