JFLとは? わかりやすく解説

JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 05:53 UTC 版)

JFL



JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:25 UTC 版)

富士通サッカー部」の記事における「JFL」の解説

富士通Jリーグとしてのトップリーグプロ化には参加せず1992年からは企業内チームのままジャパンフットボールリーグ旧JFL)へ参加同年現役引退した沈が1994年コーチから監督へ昇格し、魏克興など他の中国人選手の活躍もあって、他チームプロ化が進む旧JFL中位維持貢献した1995年には専修大学から源平貴久入団し開幕戦東芝堀川町サッカー部戦 での2ゴール華々しいデビュー飾りシーズン終了までにチーム最多の8得点決めたが、チーム旧JFL最低の12位へ後退したシーズン終了後に沈は監督辞任し他の選手と共に中国帰国した同年には11シーズンにわたって活躍した岩渕弘幹現役引退した。 沈が監督辞任して中国帰国し1983年から1988/89年シーズンまで富士通サッカー部選手だった城福浩監督となった1996年シーズンクラブは「富士通川崎フットボールクラブ」へ改称した守備中核としてジュビロ磐田からパウス迎え攻撃ではナイジェリア出身の新FWムタイル期待されたシーズン序盤にはブランメル仙台からブラジル人MFエンリケ獲得して更なる戦力強化図りムタイルチーム得点王11ゴール挙げて同年のJFLオールスター戦にも出場したが、最終順位は3ランクアップの9位に終わり中位圏からの躍進はできなかった。

※この「JFL」の解説は、「富士通サッカー部」の解説の一部です。
「JFL」を含む「富士通サッカー部」の記事については、「富士通サッカー部」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 01:45 UTC 版)

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第10回日本フットボールリーグ前期(第17終了時首位の1チーム栃木SC11年連続11回目

※この「JFL」の解説は、「第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 15:28 UTC 版)

北関東ダービー」の記事における「JFL」の解説

2004年ザスパ草津群馬FCホリコシが日フットボールリーグ(JFL)に昇格して以後にJFLでも北関東ダービー開催されている。なお2004年1年のみザスパ草津群馬FCホリコシによる群馬ダービー実現している。2012年アルテ高崎がJFLから離脱したため、北関東決戦行わない。 年対象チーム2004栃木SCザスパ草津群馬FCホリコシ 2005栃木SCFCホリコシ流通経済大学 2006栃木SCアルテ高崎流通経済大学 200720082009アルテ高崎流通経済大学 2010栃木ウーヴァFCアルテ高崎流通経済大学 2011栃木ウーヴァFCアルテ高崎

※この「JFL」の解説は、「北関東ダービー」の解説の一部です。
「JFL」を含む「北関東ダービー」の記事については、「北関東ダービー」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:19 UTC 版)

神奈川ダービー」の記事における「JFL」の解説

初代JFLであるジャパンフットボールリーグにおいては1992年-1996年には富士通サッカー部東芝堀川町サッカー部1992年はこれにNKKサッカー部いずれも本拠地川崎市)の対戦が行われたが、この時は「神奈川川崎ダービー」と紹介されることはほとんどなかった。 日本フットボールリーグ(JFL=2代目)Y.S.C.C.横浜2012年に、SC相模原2013年それぞれ昇格して2013年よりJFL版神奈川ダービーが行われることとなった。この2チーム2014年からJ3リーグ昇格するため、引き続きJリーグ舞台でダービーが行われる。

※この「JFL」の解説は、「神奈川ダービー」の解説の一部です。
「JFL」を含む「神奈川ダービー」の記事については、「神奈川ダービー」の概要を参照ください。


JFL (2016-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 18:52 UTC 版)

ラインメール青森FC」の記事における「JFL (2016-)」の解説

2016年は、JFL1stステージ勝ち点1711位だったが、2ndステージ守備安定して第1節 - 第8節まで無敗第6節までは開幕6連勝飾り第3節 - 第8節までは6試合連続無失点試合達成し優勝争い絡んだ。しかしその後勝ち点伸ばせずに勝ち点28の5位だったが、年間では勝ち点45の8位。 2017年は、1stステージ第2節から2ndステージ第8節まで22試合無敗1stステージ勝ち点304位2ndステージ勝ち点312位となり、年間でも勝ち点61過去最高2位また、第72回国民体育大会サッカー成年男子青森県代表として出場し県勢初となる優勝果たした2018年11月30日Jリーグ百年構想クラブ申請書類受理され2019年2月19日Jリーグ百年構想クラブとして承認された。 2020年2年ぶりに天皇杯出場4回戦敗れた

※この「JFL (2016-)」の解説は、「ラインメール青森FC」の解説の一部です。
「JFL (2016-)」を含む「ラインメール青森FC」の記事については、「ラインメール青森FC」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:13 UTC 版)

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第15回日本フットボールリーグの第17終了時点の上位1チームチーム出場回数カマタマーレ讃岐 9年連続15回目

※この「JFL」の解説は、「第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:32 UTC 版)

スポーツのマスコットキャラクター一覧」の記事における「JFL」の解説

ラインメール青森FC モチーフ青森ねぶた龍飛黒神愛称不明東京武蔵野シティFC こはな - モチーフ2016年5月この世去った井の頭自然文化園アジアゾウはな子」。本名心花・リンカネート・ブロッサム。 Honda FC パッサーロ - モチーフツバメヴィアティン三重 ヴィアくん - モチーフ有翼ライオン背番号14MIOびわこ滋賀 MIONARI - モチーフナマズFC大阪 えふしくん - モチーフ水の妖精2020年12月25日誕生リーナ - モチーフ人間女の子背番号003。 ガーディアン・ティグレ - モチーフ白虎背番号099。 ヴェルスパ大分 モチーフカピバラ2020年11月26日誕生。元々は双子温泉精霊だったが、カピバラ生まれ変わったヴェールくん スパッピーちゃん - ヴェールくんの妹。 ホンダロックサッカー部 ロッキー - モチーフ不死鳥動きが鈍いチーム集合写真にも登場

※この「JFL」の解説は、「スポーツのマスコットキャラクター一覧」の解説の一部です。
「JFL」を含む「スポーツのマスコットキャラクター一覧」の記事については、「スポーツのマスコットキャラクター一覧」の概要を参照ください。


JFL(2020年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 23:49 UTC 版)

高知ユナイテッドSC」の記事における「JFL(2020年 - )」の解説

2020年 JFL昇格に伴う予算増額によって資金繰厳しくなり、監督報酬などの諸経費抑制する必要に迫られことから大谷武文放出退任)。後任には、西村昭宏GM兼任就任した選手面では、MF朴利基FC大阪移籍)ら9名が退団一方で讃岐からMF濱口草太いわきFCから赤星魁麻今治からFW陳祥煜期限付き移籍)、徳島からFW坪井清志郎期限付き移籍)ら10名が加入したまた、前年期限付き移籍だった上田悠起が完全移籍移行した新型コロナウイルス感染拡大の影響より後期日程のとなったリーグ戦開幕9戦勝ちなし(3分6敗)と苦戦強いられ20終了時には最下位沈んだものの、第25Honda FC戦でJFL昇格初勝利挙げると、第27MIOびわこ滋賀戦に勝利し最下位脱出、4勝4分7敗の14位で昇格1年目シーズン終えた2021年 MF松本翔MIOびわこ滋賀移籍)やクラブ創設メンバーMF前原大樹ブランデュー弘前FC移籍)ら13名が退団引退期限付き移籍加入していたFW陳祥煜FW坪井清志郎がレンタルバック、MF濱口草太福山シティFC期限付き移籍した。一方でJAPANサッカーカレッジからDF松原央門、富山からMFルーカス・ダウベルマンいわきFCからFW吉田知樹期限付き移籍)、松江シティFCからFW西村光司を獲得した他、大学から新卒10名が加入したリーグ戦開幕2連勝決めるも第3節から5連敗その後連勝連敗繰り返し7勝9敗の11位で前半戦折り返す後半戦は5戦勝ちなしを2回、4戦勝ちなしを1回記録するなど苦戦し2勝6分8敗の15位、総合では9勝6分17敗の13位でシーズン終えた11月30日Jリーグ百年構想クラブ申請書類提出した2022年 2月28日Jリーグ百年構想クラブ認定された。

※この「JFL(2020年 - )」の解説は、「高知ユナイテッドSC」の解説の一部です。
「JFL(2020年 - )」を含む「高知ユナイテッドSC」の記事については、「高知ユナイテッドSC」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:37 UTC 版)

第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第11回日本フットボールリーグの第17節(全34節)終了時点の上位4チームSAGAWA SHIGA FC3年連続3回目ガイナーレ鳥取10年連続12回目横河武蔵野FC9年ぶり2回目ジェフリザーブズ2年連続4回目

※この「JFL」の解説は、「第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 03:36 UTC 版)

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第12回日本フットボールリーグ前期17終了時点の上位3チーム前回大会から1チーム減)。 ガイナーレ鳥取 (11年連続13回目) SAGAWA SHIGA FC (4年連続4回目) FC町田ゼルビア (初出場)

※この「JFL」の解説は、「第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 08:58 UTC 版)

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第14回日本フットボールリーグの第17終了時点の上位1チーム前回大会から1チーム減)。 チーム出場回数V・ファーレン長崎 4年連続6回目

※この「JFL」の解説は、「第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。


JFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 04:11 UTC 版)

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事における「JFL」の解説

第13回日本フットボールリーグ第7節から11試合終了時点での上位2チーム前回大会から1チーム減)。 チーム出場回数FC琉球 2年連続5回目 ホンダロックSC 5年連続10回目

※この「JFL」の解説は、「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の解説の一部です。
「JFL」を含む「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の記事については、「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「JFL」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



JFLと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

JFLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



JFLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJFL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの富士通サッカー部 (改訂履歴)、第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)、北関東ダービー (改訂履歴)、神奈川ダービー (改訂履歴)、ラインメール青森FC (改訂履歴)、第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)、スポーツのマスコットキャラクター一覧 (改訂履歴)、高知ユナイテッドSC (改訂履歴)、第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)、第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)、第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS